大人の「スキニーパンツ」はこう穿く! キレイめコーデに仕上げる着こなし方のコツ

スキニーパンツは、体のラインにピッタリとフィットしたスリムなデザインが特徴です。
キレイめ&大人っぽい着こなしには欠かせない万能の着回しアイテムの一つでもあります。このスキニーパンツを穿くときは、I・Yラインを意識して着こなすのがポイント!
スキニーパンツを穿くときに気をつけたいポイントを押さえながら、着こなし方のコツを見ていきましょう。

キレイめに着こなすならジャケットがマスト

スキニーパンツをキレイめに着こなすならやっぱりジャケットが似合います。
特に黒のスキニーパンツはジャケット以外のコーディネートにも使える万能アイテムなので、一本持っていて損はありません。
自分に合うスキニーパンツを選ぶときは、腰回りに余計なしわができたり、足の付け根あたりで食いこまないものを選ぶように気をつけましょう。

視覚効果でメリハリをつけるボーダーで着こなす

オーバーサイズのトップスや、横に広がって見えるボーダーなど、ちょっと太って見えそうなアイテムを着るときにスキニーパンツを合わせるとスッキリして見えるメリハリコーデ。
Yラインを狙ったコーディネートで、相対的に足が細く見える着こなしになります。
全体的に細く頼りない印象を与えてしまう痩せすぎさんにピッタリのコーディネートです。

太ももをスッキリ見せるロング丈コーデ

ボーダーのトップスを選んだときと似たような効果ですが、重ね着をしてボリュームを出すというコーディネートにもスキニーパンツを合わせたいところ。
ロングカーディガンやコートなど、着丈の長いアウターにスキニーパンツを合わせると、全体の中にスッキリした抜け感がでます。太ももが張っている人は気丈の長いシャツやアウターを選ぶといいでしょう。

足が細すぎるメンズは膨張色を選ぶと◎

足が細すぎるのがコンプレックスという男性は、スキニーパンツを選んでも全体的にゆとりが出ると思います。細い足の人が黒いパンツを選ぶと余計に細く見えてしまうので、膨張色である白やベージュ系のスキニーパンツを選ぶといいでしょう。
トップスもオーバーサイズやパーカー、ボーダーなど、ボリューム感のあるものを合わせてみましょう。

ワントーンコーデで、Iラインを強調する着こなし

スキニーパンツはワントーンコーデにもバッチリ!
ワイドやストレートだと全体的に重くなってしまうので、スキニーパンツを取り入れることで全身黒にしても重たくなりすぎず、シンプルながらもカッコよくスタイルアップできます。
全身でIラインを意識したスタイリングがスマートに見えますよね。
黒のボタンシャツを上まで閉じる着こなしに変えてもクールでオシャレです。

ヒップ周りを隠してルーズにならない綺麗な着こなし

ロング丈のシャツはスキニーパンツと好相性!
スキニーパンツはどうしても身体のラインが出るので、お尻や太もも周りが気になる人は避けていたと思います。
でも、ロング丈のシャツを重ね着することでヒップ周りをスッキリカバーしてくれます。
ロング丈でもルーズになり過ぎないメリハリのある組み合わせで、ふくらはぎの細さがうまく強調されるスタイルです。

スキニーパンツと靴を同色にして足長効果を狙え!

スキニーパンツは足の太さだけでなく、長ささえも強調されるアイテム。足の短さがコンプレックスなら、靴とスキニーパンツは同じ色で統一するのが鉄則!
白いスキニーパンツなら白いローファー、黒いスキニ―パンツなら黒いスニーカーを合わせるなど、足元の「区切りをなくす」のが最大のポイントです。
裾を折り返すならハイカットのスニーカーやブーツを合わせるのもコツ。

大柄デザインでも背が小さく見せない着こなし

スキニーパンツは大きな柄物シャツとも好相性。
お気に入りのトップスのデザインを強調したいなら、スキニーパンツを選んでボトムスの主張を抑えるという着こなしも可能なんです。大きな柄のシャツは背が小さく見えてしまうので避けていたという人も、スキニーパンツを合わせればやぼったくなりません。
トップスに入っている色とスキニーパンツの色を合わせることで統一感を出しましょう。

いつものチェックシャツがオシャレに見える合わせ技

チェックシャツがやぼったく見えてしまう、ダサく見えるのはパンツが原因かもしれません。
チノパンやストレートデニムを合わせるだけでは、ちょっと地味めな感じが出てしまう人は、スキニーパンツを選ぶだけでイメージがガラっと変わります!
チェックの柄シャツ自体があまり大人っぽくないアイテムなので、足元はキレイにまとめてあげるのも大事なポイントです。

ストライプシャツで背高マジック

縦のライン(Iライン)を最大限に活かすコーディネートにするなら、チェックシャツよりもストライプ柄のシャツを選びましょう。
ストライプ、ボタンダウン、スリムパンツというIラインを徹底的に意識したコーディネートはスマートかつ背が高く見える着こなしです。
ストライプのシャツは、ビジネスシャツのような半袖よりは七分や五分袖などの半端丈の袖感がカジュアルでもオシャレです。

白や黒などのモノトーンのスキニーパンツは、割とどんなトップスとも相性が良いので、それぞれ一本ずつ持っていてもいいですね。
自分の足に合うフィット感も重要なポイント。キツすぎると座ったときにギシギシするので、試着の時は一度屈伸してみて!

ファッション #スキニーパンツ #着こなし #コツ #ポイント #スリム #Iライン #Yライン

この記事のライター
椎名 香澄
椎名 香澄
元アパレル系販売員。ジェントル系メンズファッションがお好み。素敵なスタイルをご提案していけるように頑張りマス♡
あわせて読みたい記事

おしゃれなジョガーパンツを“キレ&カジ”で着こなすメンズのコーディネート術

椎名 香澄

メンズ定番の「ボーダー×ジーパン」をカッコよく着こなすコーディネート10パターン

椎名 香澄

ビジネスマンは夏だって外さない! クールビズの着こなしコーデ10パターン

椎名 香澄

夏のオトコは「開襟シャツ」で差がつく!一枚羽織るだけの簡単オシャレコーデ5つ

彩香

涼しさが段違い!シアサッカー生地を使ったメンズの夏向けコーデ9パターン

Ambassador

「こなれ感」ってなに? キメすぎない男のオシャレテクニック

彩香

「ロンT」ってどう着こなすのが正解? ロング丈「カットソー」のメンズコーデ10パターン

椎名 香澄

やっぱり抵抗あり? 華やか&明るいカラーを“男らしく”着こなすコーディネートのコツ6つ

浅田ちひろ