夏にメンズが引き起こしやすい「肌荒れ」の原因7つと、その対策方法!

夏になると、気温や湿度が上昇し、なんとなく肌も潤っている感じがしますよね。
しかし夏の季節は、気温の上昇にともない冷房などにあたる機会が増え、また外に出れば強い日差しによる紫外線を受けたり、じんわりと汗が出て水分が奪われたりと、肌の表面や内部では「乾燥」や「ダメージ」を受けることが多いのです。

今回は、エステティシャンである筆者が、夏にメンズが引き起こしやすい肌荒れの原因と、その対策方法についてご紹介したいと思います。

夏にメンズが肌荒れを引き起こす原因7つ

image1

(1)気温や湿度の上昇
「夏は気温や湿度も高く、常に肌は潤ってるし肌荒れなんてしないんじゃないの?」と思っている男性もいるのではないでしょうか?

しかしその認識は大間違い!
夏は気温が高いときは40℃近くまで上昇する日も珍しくなく、梅雨の時期以降は湿度も高くジメジメした日が続きますよね。
その気温や湿度の変化にともない、知らないあいだに肌はストレスを抱えていたり、発汗によって体温を調節するために肌が荒れたりと、肌トラブルの原因になりやすい季節なのです。

(2)汗や水分の蒸発

実は、寒い冬の季節に限らず、夏のあいだも乾燥には注意が必要です。
たとえば、自宅や職場などで冷房や扇風機などの風に長時間当たりっぱなしになっていると、肌の表面や肌の内部に含まれる水分が蒸発し、肌が乾燥しやすくなります。

さらに、暑い夏の日に外へ出かければじんわりと汗をかく機会も増えますよね。
その汗が時間の経過とともに蒸発し、汗と一緒に肌の水分まで奪われてしまい、乾燥の肌荒れを引き起こす原因になるのです。

(3)紫外線のダメージ

夏の日は外に出ると、強い日差しとともに強烈な紫外線を浴びます。
紫外線のダメージを受けることで「肌が赤くなった…」「肌がヒリヒリすて痛い…」「気づけばじんわりと肌が焼けていた…」なんて経験はありませんか?

紫外線は一年中降り注いでいますが、特に春から秋の5月〜9月にかけて多く発生します。
紫外線は肌表面にダメージを与えて日焼けを起こすだけではなく、肌の奥深くにあるコラーゲンを破壊することでシワやたるみなど肌トラブルの原因になります。

(4)冷房など空調による冷え

夏になると気温が高くなり、冷房や扇風機が欠かせなくなりますよね。
しかし涼しくて気持ちいいのも束の間……冷房がよく効いた部屋にいると、体の芯や肌表面が冷えて血行不良を招き、肌がくすんだように見える、血色が悪い、肌表面の水分が奪われて乾燥しやすくなるのです。

(5)汗や皮脂の分泌

気温や湿度が上昇する夏の季節は、汗や皮脂の分泌が盛んになります。
タオルやハンカチで汗を拭き取ったりせずに、そのまま放置にしてはいませんか?
そのまま放置にして汗や皮脂が空気に触れることで、肌表面や内部の乾燥、酸化による黒ずみ、また不快なニオイの原因になります。

(6)カミソリ負け

夏は、毎日の髭剃り時におけるカミソリ負けにも注意が必要です。
髭を剃るときはシェービングクリームをつける、小まめに新しい刃に変える、髭を剃った後のアフターケアをしっかり行っていますか?

気温の上昇で乾いた状態の肌に、シェービングクリームを塗らない、また古い刃のカミソリを使って髭剃りを行うと、肌を傷つけ肌荒れの原因になります。
また、髭剃り後に十分なフターケアをせずに外出し、カミソリ負けした肌に汗が染み込んだり、紫外線に当たることで肌荒れのダメージが加速する恐れもあるでしょう。

(7)スキンケア不足

冬はスキンケアをしているのに夏はしない、もしくは全くスキンケア対策をしないという男性もいるかもしれませんね。
しかし夏は、気温の上昇で汗をかきやすいうえに、紫外線を浴びて肌にダメージを受けやすい季節ですので、毎日の抜かりないスキンケア対策が大切です。
若い頃は気にならなくても、歳をとるとシワやシミになって表面化したり、乾燥肌の悪化やテカりの原因に繋がってしまうでしょう。

肌荒れの症状と対策①|乾燥肌

image2

肌を触るとカサカサする
時間がたつと肌の表面が粉っぽくなる
オデコや鼻先などに部分的な乾燥とテカリがある
洗顔した後に肌がつっぱる
肌がくすんだように見える

このような肌荒れに悩んでいる男性はいませんか?これらは主に、肌の水分量と油分量のバランスが取れていないことが原因で、「乾燥肌」の状態といえます。

夏の乾燥肌を防ぐ方法としては、まず帰宅した後とや起床後に、洗顔料をしっかりと泡だてて、汗や外気の汚れ・皮脂汚れをていねいに洗うことを徹底しましょう。そして洗顔後は、肌に化粧水を浸透させ、2〜3回手のひらで優しくなじませてから、手のひらで優しく乳液を重ねます。
また部分的に乾燥していたり、一部分だけ過剰にテカる…という男性は、テカりが気になる部分に化粧水の量を増やして塗りましょう。

さらに暑い夏の日に、自宅や職場などで冷房や扇風機の風に長時間当たりっぱなしになることが多いという男性は、化粧水のミストをバッグの中やデスクの上に用意し、休憩時間などに保湿することを心がけましょう。

肌荒れの症状と対策②|ニキビや吹き出物

image3

ニキビや吹き出物が出ている場合は、「肌が乾燥していなかったか?」「皮脂が過剰に分泌していなかったか?」「食生活が荒れていなかったか?」また、夏の気温上昇にともない「イライラのストレスを溜めていなかったか?」「疲労が蓄積されていなかったか?」などを振り返ってみてください。

突発的にニキビや吹き出物ができる原因は、たいてい日常生活の中にありますので、問題がありそうな生活習慣を改善することに努めましょう。

また、ニキビや吹き出物ができるとつい気になってしまいますが、決して無理に触ったり、潰したりしないこと。そして夜の帰宅時と、朝の起床時の洗顔を徹底しましょう。

それからストレスや疲労が溜まっている場合は、入浴剤を入れたお風呂にゆっくりと浸かり、血行を促進させる対策方法もおすすめです。

肌荒れの症状と対策③|毛穴の黒ずみ

image4

汗をかきやすく、日光の紫外線を浴びやすい夏の時期は、「毛穴の黒ずみ」にも気をつけたいところ。
毛穴の黒ずみ対策としては、まず外出先などでは汗や皮脂をそのまま放置にせず、タオルやハンカチで小まめにふき取ることです。

そして自宅のスキンケア対策として、クレイパック(泥パック)で皮脂の過剰分泌や毛穴が黒ずみ、肌の奥深くに詰まっている皮脂づまりの解消に努めましょう。
古い角質を削ぎ落すことで、毛穴の汚れや皮脂づまりが出来にくくなります。

またパックした後は、必ず肌に化粧水を浸透させて、2〜3回ほど手のひらで乳液を優しくなじませた後に、肌の上から重ねるようにしましょう。

肌荒れの症状と対策④|肌の炎症

image5

夏は、日焼けによる肌トラブルにも要警戒です。
強い日差しを浴びたことで肌が赤くなったり、カラダ全体がヒリヒリする場合は「炎症」を起こしている状態といえるでしょう。

そのまま炎症を放置にしておくと、のちに乾燥して肌荒れを長引かせてしまう危険性がありますので、日焼けによる肌の赤みやヒリヒリが気になる時は、早急に肌を冷やして、たっぷり保湿することが大切です。

まずはボウルに氷水を用意し、その中でタオルを冷やして水を絞り、ゆっくりと肌の上にのせていき肌表面の熱を取って肌の温度を下げましょう。
そして肌の熱が下がったら、今度はコットンに化粧水をたっぷり含ませて肌の表面に塗って保湿します。

また日焼け予防のためにも、外出の際は必ず事前に日焼け止めクリームを塗る、外出先でも小まめに日焼け止めスプレーをかけるなど、紫外線対策も抜かりなく行いましょう。

このように夏の季節は、毎日をなんとなく過ごしていても、肌荒れや肌トラブルに繫がる原因がたくさん潜んでいます。
蒸し暑くなるにつれて、どうも肌の調子が悪い…と感じる男性の皆さんは、ぜひ今回ご紹介した症状別の対策方法を参考にしてみてください。

健康・メンズ美容 #夏 #肌荒れ #原因 #対策

この記事のライター
寒川あゆみ
寒川あゆみ
大阪 谷町九丁目エステサロン private salon Laule’a代表。 自身の悩みから美容に興味を持ち、エステティックの道へ。サロンワークのほか、美容ライターや講師、美容家として幅広く活動中。