組み合わせも豊富に作れる! 何枚あっても困らない「ニットセーター」の着こなしコーディネート

ニットセーターは、1枚あればいろいろな着こなしが作り出せるアイテム。
特に冬ファッションは、どうしてもアウターが固定されがちな分、インナーの中身を変えてバリエーション豊富にコーディネートの工夫を楽しみたいもの。
今回は、何枚あっても困らない、ニットセーターを使った着こなしコーディネートをご紹介したいと思います。

変わり映えのしないコーデには個性的な色のニットセーターを

毎年着ているコートにいつものパンツ、いつものニットセーター…そんな普段通りのコーディネートに変化をもたらしてくれるのが、個性的な色のニットセーターです。

ただ派手なニットセーターを選ぶのではなく、既存服のコートやジャケットなどと被らないような色柄のニットセーターを選ぶのがコツ。いつもモノトーン系のアイテムを着ることの多い方であれば、少し明るめのニットセーターを中に合わせるだけでグッと見た目の印象が変わります。

差し色になるキレイな暖色ニットセーターを選んでみる

色味の濃度が強いニットセーターに抵抗がない方であれば、コーディネートの差し色的存在に使えるキレイな色のニットセーターを選んでみましょう。

いつもブルー系が多い方であれば、オレンジやボルドーなどの赤系にシフトチェンジ。全体をブルー系でコーディネートしたときや、暗い色でまとめてしまいがちな男性ファッションに暖色を差し色として用いるだけで、視線が釘付けになる印象的な着こなしが作れます。

大人メンズの派手色ニットセーターをおしゃれに着こなす

カジュアルなスタイルが基本ベースの方であれば、1枚くらいは派手色があっても良いですよね。とはいえ、大人メンズの派手色としてビビットな柄物などにたいしては、ちょっと抵抗のある方も少なくないと思います。

そんな方は、暗い色や、くすんだ色など少し落ち着いたカラーリングのニットセーターを選ぶことで、着回しもしやすく、既存服とのコーディネートも作りやすいでしょう。そしてニットセーターを主役にコーディネートにする場合は、できるだけ全体を同じ色で統一してまとめると素敵ですね。

革ジャンとニットセーターで、大人の男らしい着こなしに

いつもならダウンジャケットやコートと合わせたくなる地味めなグレーのニットセーターですが、ハードな革ジャンとも相性がいいんです。

優しい印象のニットセーターを、あえて男らしく着こなすコーディネート。同じような組み合わせでも、ベイカーパンツは大人のキレイめコーデになりますが、カーゴパンツを合わせることで、さらに無骨な印象に仕上げることもできます。

ニットセーターを1枚で着るなら、編み模様タイプがおすすめ

コートを脱いでもジャケットなどを合わせずに、ニットセーターを1枚で着こなすなら編み模様の入ったタイプを選ぶとオシャレ。あまり派手な色を好まないシックなデザインが好きという男性の方でも、この編み模様程度であれば、そこまで主張しすぎず、全身コーデのアクセントにもなりますのでオススメです。

見た目の印象を変えるために色を変えるのはもちろんですが、プレーンなニットセーターよりも、編み模様が入るだけでもだいぶ華やかな印象に変わります。

柄のニットセーターが、全体のコーディネートを華やかに変える

色や編み模様だけでなく、柄の入ったニットセーターも見逃せません。雪の結晶などがデザインされたノルディック柄や、ネイティブ柄、オルテガ柄など、たくさんの柄セーターが冬のファッションを彩ってくれます。

そんな彩り豊かなニットセーターが1枚あれば、他はどんなにシンプルなアイテムでコーディネートしても、パッと華やいだ明るい雰囲気に仕上がりますね。

カジュアルにも着こなしたい柄入りのニットセーター

柄のニットセーターが華やかとはいえ、華やかな色合いに抵抗のある方であれば、モノトーン系の柄物を選ぶと良いでしょう。

グレーや黒が中心のニットセーターでも、ほんのちょっと白の色味が加わるだけで、全体がパッと明るい印象に変わります。また、独特かつ落ち着いたカラーリングが特徴的なモノトーン系は、大人の男性でも着こなししやすく、1枚で着てもオシャレな上に、革ジャンなどと組み合わせてもシックでカッコよく決まります。

やっぱり着こなしが作りやすい、ボーダーのニットセーター

リアルに着こなしが作りやすいデザインのニットセーターといえば、やっぱりボーダーは外せません。ボーダーのピッチはもちろん、色の組み合わせもバリエーションが豊富で、かつ既存服とも合わせやすく、ついつい男性が手に取りやすい魅力が詰まった服ですよね。

たとえば全体が黒コーデになってしまっても、ボーダーのニットセーターがアクセントになって、オシャレを取り繕った着こなしが作れます。またピッチの太いボーダー柄であれば、ジャケットの下に合わせるビジカジコーデとしても便利に使えそうですね。

ジャケットのインナーに着るなら薄手のニットセーターを選ぶ

ニットセーターの組み合わせとして、ぜひ男性の方にオススメしたいコーディネートが、ジャケットの下に薄手のニットセーターを合わせる着こなし。

ビジカジスタイルなら、セットアップの着こなしにネクタイを締めてもオシャレですが、大人のきれいめなデートコーデとしてもオススメです。

またグレーのニットセーターは比較的どんなセットアップスタイルにも馴染みますが、ボルドーやブルーのニットセーターを合わせても素敵ですね。

デニムと好相性なボルドーのニットセーターがオシャレ

プレーンなデザインのニットセーターの中でも、1枚で着こなせるアイテムが深い色味のあるニットセーターです。

特にボルドーやマスタードなどの暖色系は、普段からよく穿くデニムなどとも好相性の組み合わせ。ネイビーやカーキ系だとシックになりますが、暖色系で深みのある色を選ぶことで、全体的に温かみのある優しいコーディネートに仕上がります。

暗いトーンにまとまりがちな秋冬コーデを、上手にシフトチェンジしてみましょう。

コートやジャケットを着る機会が多い秋冬は、どうしてもパッと見の印象を変えるのは難しいもの。
日々コーディネートに悩む中で、ニットセーターを何種類か揃えておくことで、着こなしのバリエーションが増え、見た目の変化も作りやすくなり、きっと毎日の洋服選びも楽しくなるはずです。

ファッション #ニットセーター #着こなし #コーディネート #組み合わせ #冬ファッション

この記事のライター
椎名 香澄
椎名 香澄
元アパレル系販売員。ジェントル系メンズファッションがお好み。素敵なスタイルをご提案していけるように頑張りマス♡
関連記事

夏の着こなしは、女子ウケを狙え! 大人の男性にオススメなアウトドアファッション・5コーデ

彩香

遊び心満載! プライベートにも着回しできるメンズの「紺ブレ」コーデ10パターン

椎名 香澄

ビジネスマンは夏だって外さない! クールビズの着こなしコーデ10パターン

椎名 香澄

白シャツ1枚でここまで着回せる! 大人メンズがお手本にしたい着こなしコーデ術

椎名 香澄

【カーディガンの着こなし】ただ羽織るだけじゃない! メンズのおしゃれコーデ10パターン

麗奈

【男子の顔・体型お悩み別】コンプレックス解消のファッションコーデ10パターン

成嶋朋恵

オールシーズン穿きたくなる! メンズの「ホワイトパンツ」で作るおしゃれな着こなしコーデ

雨宮 薫