女子に聞いた、30代後半から40代の「モテるアラフォー男性」に共通する特徴って?

男性の中でも特にアラフォーと呼ばれる男性は、年齢を重ねれば重ねるほど「味が出る」または「渋みが増す」などと言われたりしますよね。

しかし、そんな“カッコいいおじさま”とは反対に、年齢が上がるにつれて“ただのオッサン”になってしまう男性もチラホラ…。

そこで今回は、モテるアラフォー男性の特徴について女子たちにアンケートを実施! アラフォーと呼ばれる30代後半から40代の中でも、異性にモテやすい男性には一体どんな共通点があるのでしょうか?

「常に対等で、上から目線を感じない」

image1

「自分より何歳も年上なのはわかるけど、だからといって話を真面目に聞いてくれない人が多すぎ。若いからといって人を見下さずに対等な目線で話を聞いてほしいです。」(23歳/不動産)


自分より年齢が若い年下の人は、たしかに経験も浅く知識の量も乏しいかもしれませんが、だからといって相手を見下すような態度ではいけません。
アドバイスをくれるのは有り難いですが、何かと上から目線で対応されると、それだけで小うるさい親や上司の存在に思えてしまい、なかなか恋愛対象には至らないようです。

中でも普段から「女だから…」「年下だしね…」「まだ若いんだし…」などと口癖のように言ってしまう人は特に要注意かもしれません。

アラフォーになっても異性にモテたいのであれば、まずは男女や年齢という垣根を取り払い、誰に対しても平等公平に接することが大切です。
それがたとえ、自分より一回り以上も離れた年下の女子が相手であっても同じこと。
話をするとき、話を聞くとき、必要以上に相手との間に上下の壁を作らず、互いに同じ社会で働く者同士、常に対等な目線で接することを心掛けたほうが良いでしょう。

「無駄に必死さを感じない」

image2

「アラフォーでいい大人なのに、まだ男子高校生のようなノリで話してくる人っていますよね。下心が見え見えな感じ…(笑)そういう大人の余裕がない、必死なアラフォーはモテないだろうなーって思います」(26歳/アパレル)


これはアラフォーの男性に限ったことではありませんが、やっぱり大半の女子は心に余裕のある男性を好むもの。実際に筆者のまわりでも、何かと同世代の男性に比べて余裕があるという理由から、年上の男性と結婚を決めた人の話もチラホラ聞きます。

反対に20代や30代前半の男性に比べて、比較的お金に余裕のあるアラフォー男性の中にも、ごく稀にですが、女子を口説こうとしつこくアピールしたり、彼女を作るために自分を偽ったり、本来の自分以上によく見せようと必死に取り繕う人もしばしば…。

そんなあからさまに必死な様子がひしひしと伝わるアラフォー男性は、間違ってもモテるとは言えないでしょう。
常に、相手のペースに合わせられる。そんな心の余裕を持つよう意識してみてください。

「雰囲気がとにかく柔らかい」

image3

「あくまで私の身近にいる年上の男性ですけど、モテる人に共通することは、柔らかい雰囲気があるかどうかだと思います。慕われやすいのは、しつこく怒ったり、人の陰口や悪口を言わない人ですかね。」(27歳/雑誌編集)


これも「無駄に必死さを感じない」に近しい意見ですが、モテるアラフォーに共通するのは皆、柔らかい雰囲気を持っていることなんだそうです。

特に、社会人として働く20代の女子は、意外と心にストレスを抱えている人が少なくないもの。
そんな女子を、時には笑わせ時には癒し、常に温かい雰囲気で包むことができれば、何かと相談を持ちかけられやすい希有な存在になれるかもしれませんね。

また30代後半から40代のアラフォーにもなれば、会社やプライベートの人間関係然り、何かと責任を伴う立場になる人も少なくないでしょうが、それでも多少は自分を犠牲にしてでも相手に尽くそうとする奉仕の心、そして何事にも寛容に振る舞うためのタフな精神力が求められそうです。

「人間味のある一面を見せてくれる」

image4

「流行に疎かったり、おっちょこちょいな部分があったり……普段はスマートに振舞っていても、意外に可愛いなと思える一面が見える人はやっぱり接しやすいしモテますよね」(29歳/自営業)


優しくて、スマートで、完璧に見える人ならなおさら、欠けている部分があるとその人の魅力は倍増するもの。
“カッコいい俺”や“完璧な自分”を装うだけではなく、たまの人間らしい一面を見せることもアラフォー男性がモテる秘訣と言えそうです。

普通、年上の男性と一緒にいれば多少なりとも緊張や気疲れを伴うものですが、その人の可愛い以外な一面を目の当たりにすると「あ、自分と同じ人間なんだなぁ」と安心し、自然と親近感が湧くからでしょう。

たしかに“男たるものこうあるべき!”、“年上たるもの守らないと!”という考え方は素敵ですが、理想だけでガチガチに固めるのではなく、少しは相手が近づきすいようあえて隙を作ることも大切です。

ファッションや髪型など、見た目の清潔感もたしかに重要ですが、残念ながら見た目はいくら努力を積み重ねても若い人には到底敵わないのが現実です。
つまりモテるアラフォーの男性を目指すのであれば、外見よりも内面を徹底的に磨いたほうが間違いなく近道ということ。

ただただ単に歳をとって普通のオッサンになるか、モテる素敵なおじさまになるか……一度普段の行動・振る舞いを見直してみてはいかがでしょうか。

恋愛・デート #アラフォー #男性 #モテ #特徴

この記事のライター
彩香
彩香
ライター兼メディアディレクター。文化服装学院出身。 得意分野はファッションと恋愛で、男性・女性を問わず多数のメディアで執筆や編集を手がける。 趣味は「酒」と「フェス」。 個人のブログでは、主に酒の席で繰り広げられる、男女の包み隠さぬ恋愛トークのリアルについて書いています。 ▼ブログ▼ http://ayaka...