子どもにプレゼントしたい玩具ブランド「BRIO(ブリオ)」の魅力とは?

幼少期の体験は、子どもの発育に大きくかかわります。あなたも、小さいころに遊んだオモチャが記憶に残っていませんか?
この記憶こそ、現在のあなたを構成している一つの要素となっているのです。

今回は、ダンディな大人となった貴方に選んでもらいたい子どもへのプレゼント、「BRIO」のオモチャをご紹介します。

徹底したこだわりを持つオモチャメーカー・BRIO

BRIOとは、「遊びが社会をよりよくする」をコンセプトに、ハイクオリティな子ども用オモチャを提供するブランドです。なんと、創立130年を越える超老舗!
シンプルなデザインが特徴で、どれも子どもの知的好奇心を満たせるよう設計されています。
もちろん、材質や品質にも徹底したこだわりを持っており、製品のクオリティは折り紙つき。
子どもにとって、長く安心して遊べるオモチャを提供するブランドなのです。

小さな子どもには安全なものを

BRIOは、創業以来受け継がれ続けるノウハウを持っています。どうしたら子どもの好奇心を刺激することができるのか、伝統の中に息づく確かな技術と理念によってオモチャを作り続けているのです。
たとえば、このローリングミラーは、取り付けられたビーズが動くオモチャです。転がしたり回したりして自由に遊ぶオモチャですが、実は中心に鏡がつけられています。
ビーズが回るだけでなく、中央の鏡によって不思議な見え方がするこのオモチャは、子どもの視覚を楽しく刺激します。
もちろん、鏡は本物ではなく割れないものになっていますし、オモチャそのものも大変柔らかいため子どもも安心して遊べるようになっています。

未就学児には教育に効果的なオモチャを

小学校に入学する前の子どもには、勉強の楽しさを知ってほしいですよね。5歳から6歳の子どもへは、電池を使って動くオモチャが最適です。
こちらはつなげたレールの上を実際に列車が走る仕組みのもの。遊んで楽しいだけでなく、どうしてこの電車が動くのか、子どもはきっと興味津々になるはずです。
このオモチャで遊んだ時はわからなくても、きっと電気、理科を知るきっかけになります。
遊びを通して、「知ること」「考えること」の楽しさ知ることができるオモチャです。

生涯遊べるBRIOのゲーム

最後にご紹介するのは、生涯遊べるBRIOのラビリンスゲーム。
落とし穴が仕掛けられた迷路ボードから、誰が一番早く抜け出せるかを競い合います。
このオモチャの最大の魅力は、子どもと大人が一緒になって遊べること。
子どもに競い合う面白さ、人とコミュニケーションをとる楽しさを教えることができます。
もちろん、このオモチャも非常にこだわって作られた逸品。
貴方の子どもが大きくなって、子どもを産んだとき、貴方と子と孫と、みんな一緒になって遊ぶこともできるでしょう。
長く貴方と、貴方の子どもとそのまた子どもと、その生涯にそっと寄り添う素敵なオモチャです。

いかがでしたか? 子どもの頃の体験は、いつか忘れることはあっても、かけがえのない財産となります。
一生のうちで一番大切な時期だからこそ、よく遊び、学んでほしい・・・。そんな貴方の願いを叶えるBRIOのオモチャを、貴方のお子さんにプレゼントしてみてくださいね。

ライフスタイル #BRIO #子ども #プレゼント #玩具 #ブランド #ダンディ #教育 #おもちゃ #オモチャ #ブリオ #遊ぶ

この記事のライター
浅田ちひろ
浅田ちひろ
3年一般企業で務めたあと、フリーライターに転身しました! トレンドを中心にいろんな情報を発信していくので、よろしくお願いします♡ 出身:千葉 好きなもの:ネコ 苦手なもの:コーヒー