セックス中の“ピンチ”は、こう乗り切れ! 女性にガッカリされないためのトラブル対処法5つ

みなさんは、セックスの際に思いがけないトラブルに遭遇した経験はありませんか? 恐らくこれまで人並みに恋愛を重ね、性行為の経験をお持ちの男性であれば、一度ぐらいは誰しも絶体絶命とも言うべきピンチの状況に直面したことがあることでしょう。その際、あたふたとモタつきつい素の自分を露呈してしまい、相手の女性に失笑されたり、ちょっと引かれた人もいるはずです。 そこで今回は、セックス中によく起こり得る代表的なトラブルと、そのピンチを乗り切るための対処法についていくつかご紹介したいと思います。

セックス中のトラブル①|コンドームがない…!

image1

せっかくハグからキスと、いい雰囲気で進行してきたにも関わらず、いざ挿入の段階でコンドームがない…という最後の最後で苦杯を舐めた経験のある男性、結構多いんじゃないでしょうか。

コンドームは避妊または性病などから身を守り、夫婦以外の男女がセックスを交わす以上は、必須で身につけるべきアイテム。
が、たまたま持ちあわせがなかったため、セックスを我慢してしまうのもつらいところですよね。
また、ホテルによってはベッドにコンドーム1個しか置いていない場合もあり、2回戦ができないという状況も考えられます。

こういう時は、その場のノリや勢い、欲や誘惑との勝負にもなりますが、決してナマでするみたいな血迷った判断をしてはいけません。

セックスができないのは悔しいでしょうが、もしナマでやって、それで相手に望まない妊娠をさせてしまうわけにはいかないという意味でも、断固として拒否の姿勢を見せましょう。
もしくは、近くのコンビニなどで手っ取り早くコンドームを仕入れることが可能なのであれば、一旦休戦したのちにセックスの再戦を提案してみても良いかもしれません。

いずれにせよ、コンドームがないからといって、ナマでするようなモラルに欠ける行為は絶対に避けるべきでしょう。

セックスの際に突如として訪れるピンチは、自分の切り返し一つで回避できるものもあれば、第三者の手を借りなければならないという場合もあります。 解決のしやすさは、まさに玉石混合。 自分が遭遇したトラブルに見合う解決策を、迅速かつ臨機応変に試してみることが大事になるでしょう。

恋愛・デート #セックス #ピンチ #トラブル #対処法

この記事のライター
松本 ミゾレ
松本 ミゾレ
2013年よりフリーで活動開始。自宅に引きこもり原稿をこなす日々で慢性腰痛に。 趣味は怪獣フィギュア収集。 特技は猫あやしと怪獣フィギュア製作。 座右の銘は“休まず書け”で、野菜ソムリエの資格を持つ野菜嫌い。