おしゃれなデザイナーズ物件の意外な落とし穴

デザイナーズ物件は、おしゃれで住みたいと思うおしゃれ男子も多いはずです。しかし、住んでみないと分からないデザイナーズ物件の落とし穴もあるのです。こちらでは、そんな落とし穴をご紹介します。

コンクリート打ちっぱなしは冬場『寒い部屋』になる

コンクリートの壁が見えているデザイナーズ物件は、一見おしゃれに感じます。おしゃれ男子は、そこがカッコイイと思って住みたくなります。ただし、ずっと住むことを考えると、落とし穴があります。

冬場は本当に寒い部屋で、暖房をしても効かないです。風邪もひきやすく、身体の芯が寒さで痛くなることもあります。これは、やはり壁がない状態なので、部屋を暖める性質がないからだと言えます。

『暑い部屋』で夏のエアコン代が高額になる

コンクリート打ちっぱなしは、冬は寒いのだから、夏は涼しいかと言えば違います。そこにもデザイナーズ物件の落とし穴があります。

実は、夏はとても暑くて、エアコンをガンガンにかけてもなかなか効かない状態になります。打ちっぱなしだと断熱効果が得られない建物になる為に、このような状態が発生します。すると、夏のエアコン代はどんどん高額になってお財布がピンチ状態になります。

住空間が外からも内部からも『丸見え』

コンクリート打ちっぱなしは、デザインがおしゃれだと思って住んでみると、日常生活をする上で、不便が生じます。

例えば、宅配や友人が来た時に、玄関から内部が全部丸見えになります。トイレもお風呂も、部屋と一体型になっているので、全部見えることがあります。つまり、人が来てもお互いに見たくない部分まで見えてしまうと言う落とし穴がデザイナーズ物件にはあるのです。

『結露とカビ』の発生に悩まされる!

コンクリート打ちっぱなしのデザイナーズ物件は、ほとんど1年を通じて結露とカビの発生に悩まされることになります。

これは、防水性能が低いことが原因です。打ちっぱなしと言うことは、普通はある壁や防水加工が施されていない状態です。水滴が発生し、結露になり、その影響でカビになります。これも、落とし穴です。

家電をカッコ良く並べたいと思ったコンクリート打ちっぱなしのデザイナーズ物件に住んで、家電が結露で壊れたと言うこともあります。

おしゃれなデザイナーズ物件には、日常生活における落とし穴があります。
寒く暑い、丸見え、結露とカビについての落とし穴、知っていましたか?これらを理解して、住むか住まないか決めましょう。

ライフスタイル #デザイナーズ #物件 #落とし穴 #引っ越し #住まい #おしゃれ

この記事のライター
中村さゆり
中村さゆり
旅行や新作グルメに興味があります。最近は、ファッション雑誌を定期購買するのが趣味です。