彼女欲しいって嘆く男性をみて「そりゃ彼女できないよね…」って失笑した恋愛エピソード7つ!

男性のなかには、合コンに参加したり、結婚相談所に行ったり、はたまたマッチングアプリを使って出会いを求めてみたりと、真剣にパートナー探しをしているのにも関わらず、なかなか彼女ができない……と悩む人もいるはず。
でもその前に、そもそもなんで自分に彼女ができないのかってちゃんと分析してる??

今回は、これまで筆者が、彼女欲しいって嘆くいろいろな男性をみてきて「そりゃ彼女できないよね…」って思わず失笑した、彼女ができない男あるあるの恋愛エピソード7つをご紹介。
こんな男性から、彼女欲しい…結婚したい…って共感を求められても(えっ…)て普通に固まっちゃうよ…。

エピソード①▶上から目線で「彼女欲しい」とか言っちゃう勘違い男…

上から目線で「彼女欲しい」とか言っちゃう勘違い男…「彼女欲しい」って言う男性のなかには(え? 彼女欲しいとか言う前に、少しくらいモテを意識した方がいいんじゃ…?)って人、結構いるんだよね。

筆者の知人で、自分は見た目めっちゃ肥満体型なのに「付き合うなら、モデル体型の可愛い子がいい!」とか、謎のワガママを言う人いるし、ちょっと前には、全然イケメンでもなく、背も高くない、そしてどこか清潔感にも欠ける…パッと見のび太くんっぽい男性から「由佳ちゃんが、もうちょっとメイク薄かったら口説いたのにー」とか、なぞに上から目線で注文つけられたことあるけど、もはやムカついたを通り越して、口説ける前提で喋っているのがコッケイすぎて逆に笑えた! 
(そんな見た目したお前が偉そうに言うな!)って心の中で連呼したよね。

モテを一切意識しない風貌で「彼女欲しい」とか言うと、周りの女性は(え?なに言ってるのこの人…寝言??)って目が点になって、失笑されるから気をつけた方がいいよ。

エピソード②▶︎モテを意識しすぎて、必死な様子からドン引きされる男…

モテを意識しすぎて、必死な様子からドン引きされる男…とはいえ、逆にモテを意識しすぎて必死感が漂う男性も微妙なんだよね…。
昔いたのが、自分より二つくらい年上のイケメンなんだけど、まぁ実際ふたりでデートしてみたらかなり気持ち悪かったのよ。

恋愛指南書的なものを読みすぎているのか、原宿の竹下通りでフラフラとデートした後、急に「カラオケ行かない?」って誘ってきたのさ。(え…いきなり? 密室は怖いし微妙だな〜)って考えていたら「この前みた恋愛の本に、女の子と個室に入れば距離が縮まるって書いてあったから」って真顔で言ってきやがった。もうドン引きだよ。(仮に読んでても、それ言うなよ!)って感じ…。

あとは、体に香水ふりまくって来た男。高級な和食屋さんで食事する予定なのに、(なんでそんなに香水浴びるほどかけてきた!?)ってビックリするくらいにホント臭かった。

会話の節々にも、俺モテるよアピールと金持ちアピールが入ってるし、筆者の言うことに対していちいち「あー!女子ってそういうの好きだよね〜」とか、女の気持ちわかってます僕♪的な返答。マジでうざかったね。そりゃ彼女できないよ…。

エピソード③▶︎ケチなくせして、奢ってやった感でドヤる男…

ケチなくせして、奢ってやった感でドヤる男…それからお金に細かく、何かとケチケチした男性もなかなか彼女できないだろうね。

過去に筆者、40代前半の男性から食事デートに誘われ、お会計の際ふたり合わせて9,000円で「由佳ちゃん4,000円でいいよ、俺5,000円払うから」と1,000円の奢りで“奢ってやった感”を出されたことある。
で、その帰り道に「今度は〇〇に連れてってあげるよ」と、なぜかもう上から目線だし…。

他にもケチケチした人とのエピソード話があって、とある男性とサシ飲みがてら焼肉デートに行った際、1:4ぐらいであきらかに相手の男性が多く食べたのに、会計で割り勘にされたんだよね。しかもその人、コッソリ店員さんに領収書もらっててドン引きした…。
(食事中もガンガン口説いておいて最後にそれって、どんだけケチだよ。それで女が落ちるとでも思ってんの?)と本当にイラッとした。あまりに呆れて、その彼を置き去りにしてお店出たもん。
その後、その人から「なんで置いてくの?」とか「なんで無視するの?」とか、いろいろLINEが送られてきたけど、無視されることをやっていることに気づいていない時点で、かなりヤバいよ。
彼女欲しいとか言う前に、まず女心を勉強した方がいい。

エピソード④▶︎人のペースに合わせられない自己チューな男…

人のペースに合わせられない自己チューな男…相手のペースを考えられない男性って、自分が共感能力低めの自己チューな性格ってことを自覚していない人多すぎない? もしくは、自覚していても直す気ないよね?

過去、一緒に食事した男性が歩くのも食べるのも超早くてさ…。しかも、自分だけさっさと食べ終わったら「俺、昔から食べるの早いんだよねー。ごめん」とか言いながらスマホいじり出してて……。(自覚してんなら気をつけろよ!)って不愉快だった。
自分で気づいていないのも痛いけど、気づいているのに直さない人って、ホント何なの? 彼女できない原因は、間違いなくそれでしょ。

もともと早く歩ける人の場合、ゆっくり歩くのは意識次第でどうにでもなるけど、身長の関係で歩幅が狭かったり、遅いペースでしか歩けない人が早歩きの人に合わせるって想像以上にしんどいの!
女性のペースに合わせようという気遣いがないとか、相手の顔色をうかがって柔軟に動けない男性は、いつまでたっても彼女できないから。

エピソード⑤▶︎自分の話ばかりで人の話を聞けない幼稚な男…

自分の話ばかりで人の話を聞けない幼稚な男…自己チューな人って、人に合わせられないのもそうだけど、相手の予定とか基本無視だし、会話も自分の話したいことばっかり話して、相手の話をぜんぜん聞かない人多いよね。

筆者、過去に自己チューな男性から一方的に好かれたことがあって、前々から「当日に誘われても会えないからね」って伝えてたのに、何回も「今日仕事?会おうよ」とか連絡してきて。
その度に「仕事だから無理だよ」って送ってたんだけど、さすがに何度も続くと(なんで理解してないんだよ)って徐々にイライラしてきて「どうしていつも当日に誘うの?当日は無理って何度も言ってるよね?」と送ったら、キャラクターがステッキ振って“元気になーれ”って言ってるLINEのスタンプ送ってきやがった…。
で、「話変わるけど、炊飯器買っちゃった!」とか、反省しないどころか、また自分の話したいことをぶっ込んできて……。もう無理!と思って「自己チュー嫌いなんで」と送って即ブロックしたよ。

基本的に女性って、誰かに話を聞いてもらって満足する生き物だから、ウンウンうなずいて共感できない人とか、我慢できず途中で話を折っちゃう人は、まともな恋愛できないんじゃないかな。
筆者も、もしそんな人から彼女欲しいから紹介してって相談されても、まずは性格直さないと厳しいよって断っちゃう。

エピソード⑥▶︎処女至上主義の発言で彼女募集していた気持ち悪い男…

処女至上主義の発言で彼女募集していた気持ち悪い男…筆者、一時婚活もかねて“マッチングアプリ”を使ってたんだけど、そのアプリの男性会員のなかに30代後半のいい歳したオッサンが、自己紹介文に「まだ男性経験のない女性と結婚したいです」って書いてて、本当に気持ち悪かった…。
(そんな処女至上主義の考えだから、40手前なのにまだ結婚できないんじゃないの…?)って、プロフィール読んで普通にゲンナリしたよね…。

仮に、その男性が童貞ならまだ許せるとして、女性経験済みでそんなこと言ってたら(はぁ?お前なに言っちゃってんの?)としか思えないよ。完全に女性を見下してるっていうか、若干モノ扱いとも受けとれる発言がホント気色悪い。

学生の頃から、生き方や考え方がまったく進歩していないガキ臭い感じがヒシヒシと伝わるし、中年のオッサンが平然とそれ言っちゃう日本の未来が心配だ。そんなんだから女が寄り付かないし、いつまでたっても彼女できないんだよ! 

エピソード⑦▶︎財力で女を釣ろうとする勘違い男…

財力で女を釣ろうとする勘違い男…特に30オーバーで、それなりに貯金をためている男性に多いパターンだけど、彼女欲しいのになかなかできない人って、お金で彼女が作れると勘違いしているところあるよね。

筆者、過去に銀座で某会社を経営している50代の会長から、突然事務所に呼び出され、会いに行ったら前置きなく突然「俺と結婚して」って言われたことある。
で、俺にはお金があるだの、イケメンで貧乏な男よりも金持ちの方がいいだろ?だの、財力アピールが半端なかったのね。
あまりにも俺と結婚しろしろってウルサイから「〇〇さんが結婚できないのはそういう性格のせいでしょ? 内面の魅力で惹きつけるんじゃなく、金をチラつかせて強引にでも結婚に持っていこうとするから、みんな逃げるのよ? というか、そんなに結婚したけりゃ結婚相談所に行けばいいじゃん。逆に財力あって結婚願望あるのに結婚できないって、相当ヤバいよ」と、勢い任せにホンネをぶちまけたら黙った。

というかこの人、いい歳こいて単にかまってちゃんのメンヘラ気質なんだよね。
婚約もしていないのにSNSのステータスを「婚約」にして。で、みんなに「おめでとう!」って祝福された翌日「昨日のはジョークですよ〜」とか、白けることしてた。
普段の投稿内容も、基本誰かの愚痴ばっかりで気持ち悪いし…。まぁ正直こういうタイプは、彼女できないどころか一生独身で終わると思う。

本当に彼女欲しい? 彼女できない男あるあるの特徴3つ

彼女できない男あるあるの特徴彼女欲しいのに、なかなか彼女できない男性って、女性に好かれていない、むしろ避けられるポイントが複数あるのに気づいていない。気づいていても、“俺は俺”という考えで直そうとしない謎の頑固さがあるよね。
ここからは、筆者がみてきたなかで、恋人いそうなのに彼女できない男性あるあるの特徴3つを紹介。これらに当てはまるのなら直した方がいいよ。

(1)謙虚さがない

傲慢でいつも自慢ばかり、自分の非を認められず責任転嫁が得意で、自分と違う意見の人は全員“敵”とみなし、他人を見下しバカにするような謙虚さゼロの男に彼女ができるとでも?
よく筆者も仕事でコラムを書いてると、たいていの男性は「こんな男いるの?(笑)」と、他人事でバカにするけど、こういう男たくさんいるから…。
なんなら「こういう男いるの?(笑)」って聞いてきたその男が、まさに謙虚さゼロというパターンはあるあるよ。彼女できない原因が自分にあるっていう自覚がない人、ホント多すぎ。

(2)男尊女卑の思考がある

よく男尊女卑っぽい言動をする人は、ほぼ確実に彼女できない…というかモテないね! 今時、男尊女卑思考は本当にダサいからやめた方がいいよ。
「女のくせに」とか「これだから女は」とか、そういう差別的な発言もそうだし、「料理は女がするもの」「家事は女がすべき」という凝り固まった古臭い考え方もバカバカしい。
“男は女より偉い”とでも思っているのか、なんの根拠もなく普段から女性を見下す男性もいるけど、人間として終わってるからね。
で、こういう人ほど、たいした能力もないのに“自分は特別な人間だ”と勘違いしていて、なのにちょっとしたことで傷ついたり、キレたり、かなりの小心者だったりするじゃん?
まぁ、男尊女卑は女性だけじゃなく男性にも嫌われるからホント気をつけた方がいいよ。

(3)距離の縮め方がおかしい

距離の縮め方がおかしい男性も、彼女を作るのはなかなか難しいだろうね。
筆者、過去にある男性から駅で待ち伏せされて「一緒に帰りましょう」的なことを言われたことあったけど、ただただ恐怖だったもん。
本人にしてみれば、勇気を出したアプローチなのかもしれないけど、こっちからしたら嫌がらせというか単なるホラー。
好きの気持ちが強すぎて暴走しがちな人は、距離の縮め方を間違えないよう注意した方がいいね。せっかく(いいな♪)と思う人でも、気持ちの悪い距離の縮め方をされたら一気に避けられちゃうから。

本気で彼女欲しい男性に、出会いの作り方オススメ4つ

本気で彼女欲しい男性に、出会いの作り方なかなか彼女できない…でも原因は自分というより、そもそも出会いの数が少ないこと!っていう男性もいるはず。
ここからは、そんな男性にオススメの出会いの作り方4つをご紹介。出会おうという気持ちさえあれば、出会える場所はたくさんあるよ。

(1)職場、社会人サークル

まず職場に女性社員がいるという男性であれば、社内に出会いを求めるのが手っ取り早いよね。
あとは、同じ趣味をきっかけに自然な形で近づきたいなら社会人サークルもオススメだよ。

(2)恋活・婚活パーティー

それから合コンに参加するのもいいけど、より確実に出会いを求めるなら、企業が主催している恋活や婚活を応援するパーティーに参加する方が現実的な交際につながりやすいと思う。
合コンのようにラフな飲み会って、彼氏持ちとか下手すりゃ既婚者が混ざっていたりするからね。
その点、企業が運営する婚活パーティーって独身か否かをしっかりチェックしていたりするし、パーティー次第では一回に会える人数も多かったりするから、打席に立ってバットを振る回数は確実に増やせるよ。

(3)マッチングアプリ

あとは、とにかく手軽という点ではマッチングアプリもオススメかな。
どんなに忙しくても、帰り道とかちょっとしたスキマ時間で出会いのきっかけを作れちゃうし、今どきの女性は当たり前のように登録してたりするから、数を追うなら断然マッチングアプリがオススメ。
プロフィールを見て(この子いいかも…)と思う人に近づいていけば、誰かしらとはデートできるよ。
 

(4)結婚相談所

結婚相談所は、基本的に本気の人しかいない。
まぁ結婚前提にはなってしまうけど、とりあえず彼女を作りたい、将来的に結婚もしたいというのなら、いろいろなところで女性を漁るよりも結婚相談所に登録して、どんどんお見合いしていった方が早いよ。
なかには、結婚相談所って言われると(たしかに彼女欲しいけど、そこまではちょっと……)って、思う人いるでしょ? でもね、そういう人こそが最後まで結婚できずに残るのよ。

彼女欲しいのにできない男性は、一度自分を見つめ直してみて


彼女欲しいけどなかなかできない…という男性のなかには、真剣に(なんで俺って彼女できないの…?)と悩んでいる人もいるかもしれないけど、女性視点でみると(いやいやいや!あなたは彼女できなくて当然でしょ…)って失笑レベルだったりすることもあるからね。
一度、自分の性格や言動・癖などを見直したほうがいいよ。

恋愛・デート #彼女欲しい #彼女できない #モテない #エピソード #出会う

この記事のライター
藤本 由佳
藤本 由佳
都内勤務のホステスです。 まだ誰のモノでもないアラサーです。 白馬に乗った王子様はお姫様しか迎えに行かないことに最近気付きました…。