職場の先輩から好かれるコツとは?

「職場」での人間関係って大切。
先輩から好かれ、可愛がられることで
仕事がやりやすくなったり、ストレスの少ない会社生活をおくることができます。
さて、好かれるコツとは…!?

先輩を立てる

一口に先輩といっても、いろいろな人がいます。
人気者もいれば、いい人なんだけどちょっと癖がある人
正直なところ、なるべく関わりたくない人。

どんなに仲良くなっても、また逆に相性が合わなくても、
先輩は先輩です。

上手くいった時には「先輩に***とアドバイスを頂いたから」
(直接関係がない時は「以前頂いたアドバイスから思いつきました」)
どんな場面でも、まずは先輩を立てましょう。

本気で敬う

やたらと立ててばかりでは
お調子者の太鼓もちと思われてしまいます。

大切なのは「本心から」敬うコト。

苦手な相手であっても「嫌い」という感情を持ってしまっては、
どこか態度に見え隠れしてしまいます。

「嫌い」なのではなく、人間性が「自分とは」合わないだけと思って
仕事のこの部分はスゴイ…など、
些細な事で構わないので尊敬できる部分を見つけましょう。

労力を惜しまない

普段から、雑用や使い走りを進んで受けてみてください。
アンテナを張って、出来るコトはどんどんやる。

ちょっとキツいなとか、面倒だなと思っても
理不尽だなという場面でも。

例えば「無駄に階段を登った」だって
考え方次第では「昼にカロリーを取りすぎたけど、カラダを動かせた」と前向きに捉える事ができます。

自分が窮地に陥った時
「アイツは普段いろいろやってくれてるから」
と手助けしてくれるのは、日ごろのそんな姿を見ている先輩です。

信頼関係を築くために

人間関係において、何より大切なのは「信頼関係」です。
信頼関係は一朝一夕にはいかないし、一方的には築けません。

小さなコトでも手を抜かない。
自分が認められるためには、まず相手を認める。
好かれるためには、まず好きになる。

嫌われているかもなと思う先輩に、あえて近づいてみると
自分から一線を引いていただけということも☆

「先輩から好かれるオトコ」になるために必要なのは、ちょっとした心がけ。
良い人間関係を築くために、頼りになる後輩、可愛がられる後輩になってみてください♪

仕事・ビジネス #職場 #会社 #仕事 #男性 #上司 #先輩 #後輩 #好感 #人間関係 #社会人 #ストレス #テクニック

この記事のライター
種尾真希
種尾真希
湘南在住☆お酒と音楽をこよなく愛しています♪