【大人のワイルドファッションはどう作る?】30代男性がマスターしたい着こなしコーディネート術

若いころとは一味違う30代のワイルドファッションはどう作ればいい?
下手をすると「若作りしてるイタイおやじ」扱いされてしまうワイルドファッションも、大人になったからこそ似合うコーディネートがありますよ!
30代男性のための、ワイルドファッションのコーディネート術をご紹介します。

アメカジ系のワイルドファッションなら、MA-1を着こなせ!

ワイルドファッションといえば、やはり「アメカジスタイル」は外せませんよね。
中でも基本のワイルド系アイテムといっても過言ではないのがMA-1のジャケットです。

既に持っているという男性もいるとは思いますが、ミリタリーテイストのアイテムはワイルドファッションのポイントになります。パンツ&パーカーのシンプルなコーディネートでも、MA-1を合わせるだけで簡単にワイルドファッションを作ることができますよ。

ハード系ワイルドにはレザージャケットがマスト

ロックやバイカー系のワイルドファッションならレザージャケットを合わせましょう。

レザージャケットは、ジャストサイズで着るのが理想ではありますが、インナーにニットなどを着ることを考えると、ワンサイズ大きめのものを選んでも良いでしょう。

ただし、腕周りがパツンパツンになるとカッコ悪いので、スタイルキープはマスト!レザージャケットは革素材をベースに作られているため、上手にオシャレコーデを作るうえでは体型維持も欠かせません。

30代男性のワイルドファッションには、テーラードジャケットがオススメ

30代男性のワイルドファッションとして取り入れたいのがテーラードジャケットです。
指輪やバングルなどで主張したいワイルドファッションは、シルバーアクセが引き立つシンプルコーデがオススメ。

テーラードジャケットは、主にビジネスシーンで着る服として認識している人も多いと思いますが、プライベートシーンではワイルドファッションを作るときにも便利に使えます。テーラードジャケットにVネックのカットソーを合わせてもクールですが、ラウンドネックを選ぶのも案外アリ!

ワイルドファッション鉄板のダメージジーンズは、ダメージ具合に注意

30代の男性が、ワイルドファッションでダメージジーンズを穿くときは、素材のダメージ具合に注意が必要。あまり派手にダメージのあるジーンズを選ぶと若作り感が出てしまい、残念ながらワイルドではなく「イタイ人」と思われてしまう恐れがあるからです。

ダメージが汚いという印象にすり替わってしまうと逆効果ですので、大人のワイルドファッションは小さめのダメージ具合がベターです。

ワイルドファッション=全身黒コーデは逆にダサい!適度に色を取り入れて

「ワイルドファッション=全身黒コーデ」という思い込みは捨てましょう!

今やワイルドファッションも“全身を黒づくめで固める”という時代ではありません。適度に色を取り入れないと、「ただの恐い人」というイメージが先行してしまい、人によっては時代遅れの古臭いワイルドファッションと思われてしまいますので、色の取り入れ方には十分気をつけたいところ。

色の取り入れ方は、ベースに置くアイテムによっても若干変わりますが、ボトムに入れるのであれば、迷彩のカーゴパンツよりも、チノパンやスリムパンツを選んで、全体をきれいめ系のワイルドファッションに仕上げた方が、大人っぽさも損なわずカッコよく決まります。

きれいめのトレンチコートを、ワイルドファッションに取り入れる

コートは仕事用とプライベート用で分けないというスタンスの人であれば、トレンチコートやチェスターコートなど、きれいめコートをワイルドに着こなしてみましょう。

デニムにパーカーなどを組み合わせたワイルドファッションに、トレンチコートを加えるだけでOK。コートの下にワイルドファッション系のものを着ていれば、案外きれいめのコートも全身にすんなり溶け込んでくれます。

ただし、グレーやキャメルなどの柔らかい色はワイルドファッションには不向きですので、合わせる色は黒やネイビー系がオススメです。

サングラスやブーツなど、ワイルドファッションの小物類は厳選して使え

ワイルドファッションに欠かせないアイテムがサングラスやシルバーアクセなどの小物類。

ただし、ネックレスやバングルなど、家にあるものを全部かき集めたかのようにジャラジャラとたくさん身につけるワイルドスタイルはNG。アクセントとしてふさわしいお気に入りのアクセサリーを厳選して身につけましょう。

またサングラスやブーツは、ブランドや素材で選ぶのではなく、あくまでも自分に似合うものをこだわって選ぶと◎。

レザージャケットは本革など素材感にこだわって

ワイルドファッションを作る上で、もっとも女子ウケにマイナス効果が働く着こなしは、チープなアイテムを取り入れたファッションスタイル。

30代を超えると周りの目も自然と肥えてきますので、素材を見れば良いものかどうかはある程度の判断はつきます。“なんちゃってワイルドファッション”を着こなせるのは若いうちだけ。

「カウレザーもいいけどシープレザーもいいよね」「ブラックだけがワイルドファッションじゃないよね」など、余裕のある着こなしができてこそ、30代男性のワイルドファッションは魅力を増します。

イタリア系のワイルドファッションが熱い

ワイルドファッションと聞いて思い浮かぶのはミリタリー系やロック系など、欧米のイメージが強いと思いますが、ここ数年イタリア系のワイルドファッションがキテるんです!

“チョイ悪おやじ”系といえば分かりやすいかもしれませんが、きれいめなジャケパンスタイルなのにどこかワイルドといった雰囲気の着こなし方を指します。

ジーンズにスニーカーを合わせながらジャケットを合わせるなど、ワイルドなアイテムをきれいめにスタイルアップするのがイタリア流です。

30代の男性は、きれいめを保ち、大人のワイルドファッションを目指そう

大人のワイルドファッションで目指すべき方向性は、ダメージよりもきれいめ系です。

たとえワイルドであっても、ある程度年齢を重ねた男性がダメージの大きいデニムや傷んだレザージャケットが汚く見えてしまうのは避けられない事実。

レザージャケットやデニムなど、最低限ワイルドファッションを作るうえで必要なアイテムは取り入れつつ、不要なものを無駄に身につけないことが大事。清潔感を保ち、大人のワイルドファッションを楽しみましょう。

30代男性のワイルドファッションは、“今の自分”に似合っているかどうかを今一度見直してみることをオススメします。もちろん昔ながらのワイルドファッションが似合う男性もいるとは思いますが、元々の雰囲気に合っているかどうかも重要です。
男っぷりもワイルドファッションも、年齢に合わせてブラッシュアップしていきましょう!

ファッション #30代 #男性 #ワイルド #ファッション #コーディネート #似合う #着こなし #コツ

この記事のライター
椎名 香澄
椎名 香澄
元アパレル系販売員。ジェントル系メンズファッションがお好み。素敵なスタイルをご提案していけるように頑張りマス♡