冬のきれいめは“重ね着”がポイント! 大人の男性が身につけたい、きれいめファッションの作り方

冬のきれいめファッションは重ね着のコーディネートも難しそうで、何をどう組み合わせて作ればいいのか、困ってしまう男性もいると思います。
そこで今回は、デートや飲み会、人が集まる場所に出掛ける時など、大人の男性が身につけたい、冬のきれいめファッションの作り方をご提案します。

プレーンなアイテムがキレイめのコツ

おしゃれが苦手な人は、無理に柄物を取り入れる必要はありません。むしろプレーンなアイテムのほうがコーディネートしやすいのでオススメです。

たった2色でもきれいめファッションを作れるのは素材感を重視しているから。インナー上下をグレー系でそろえたら、アウターを黒や紺などの濃い色でメリハリをつけてコーディネートしましょう。

いつもは選ばないワンアイテムを取り入れて

ちょっと周りの目を引くきれいめファッションを作るには、“いつもは選ばないアイテム”をどこか一つ取り入れること。

襟付きのシャツやコートは普通ですが、あえてノーカラー(襟なし)を着ているだけでおしゃれな感じがしますよね。
ノーカラーのコートなら、マフラーやスヌードなどのオシャレアイテムをさらに増やしても、スッキリとした冬のきれいめファッションに仕上がります。

オフスタイル用のスラックスが1本あると便利

普段着で穿くパンツとして、チノパンやジーンズ、スウェットなどは持っている男性も多いと思いますが、きれいめのスラックスはどうでしょうか?

きれいめファッションを作る上で便利なアイテム「スラックス」は、オフ用として1本持っているだけで、案外いろいろなシーンで穿き回し出来てしまいます。シャツはもちろん、パーカーなどと合わせてもおしゃれ。また冬のきれいめファッションを作るなら、ちょっと素材感のあるツイードのスラックスなどを選んでもいいですね。

デニムは濃い色がきれいめの秘密

デニムは薄い色よりも濃い色を選ぶときれいめに見えます。
特に冬のきれいめファッションを作るなら、薄いウォッシュ系よりも、インディゴブルーやブラックデニムでしっかりした生地感がいいですね。

グレーやベージュなどの薄色ニットとも相性が良いのでオシャレに着こなせます。濃紺や黒ならジャケットと合わせればセットアップ風にも合わせられますよ。

あえて冬コーデに白を取り入れて抜け感を出す

冬に白のアイテムを合わせるイメージはあまりないと思いますが、コーディネートのどこか一か所に白を取り入れると抜け感が出るおしゃれな着こなしを作ることができます。

全身ネイビーになりそうなコーディネートなら、パンツを白にすると爽やかなきれいめファッションにスタイルアップ出来ます。白いニットやパンツだけでなく、足元のスニーカーを白に変えても素敵ですね。

ブラウン系のアイテムでグラデーションを

きれいめファッションを作るコツは、アイテム選びはもちろん、色の合わせ方も工夫したいところ。

冬は、ブラウン系のアイテムを使った“グラデーション効果”で、きれいめファッションに仕上げることができます。
また、手持ちのチノパンに、少し濃い色めのジャケットを合わせるだけでもOK。ジャケットと靴の色を同系色のブラウンで合わせれば、統一感も出ていいですね。

オンでもオフでも使える万能コートを選ぶ

冬のきれいめファッションを作る上で欠かせないコートは、仕事でもプライベートでも合わせることができるものを選んでみましょう。

ビジネス用にも使える形と、プライベートシーンでもおしゃれに着こなせる色を選ぶと着回ししやすく便利に使えます。
例えば、キャメルやベージュ・カーキなど、色味のあるチェスターコートや、チェック柄のコートなどを選ぶと、断然おしゃれ度がアップします。

きれいめファッションへの近道はスリムなシルエット

冬場の寒い時期は、どうしても洋服の重ね着の枚数も増え、着ぶくれしたり、太って見えたり、おしゃれが苦手な男性ほど、どうコーディネートしていいのか悩んでしまいますよね。

冬のきれいめファッションを作るための一番の近道は、スリムなシルエットラインに仕上げること。体型ウンヌンの話ではなく、とにかく着やせを意識してスマートに見せることが重要です。スリムパンツや、高い位置にくびれのあるコートを選んだり、Iライン効果を狙った着こなしも効果的ですよ。

素材感に気を付けて無敵のきれいめファッションに

大人のきれいめファッションを作る上では、素材感も大事にしたいところ。ただしこの素材感とは、単にデザイン性に優れているだけでなく、着心地や肌触りもポイントになります。

特にニットは、こだわって選んでみると値段によって手触りやデザインの良さに違いが出てきます。自分で判断しにくい場合は“自分に似合うもの”を基準に選び、せめて毛玉は徹底的に排除しましょう。

きれいめファッションの基本、ジャケパンスタイルをマスターせよ

きれいめファッションの基本ともいえる「ジャケパンスタイル」は、自分の中である程度パターン化しておくと徐々に着慣れてくるはずです。

例えば、全体で使う色は3色に抑える、無地のパンツには柄のジャケットを合わせるなど、組み合わせのパターンに“マイルール”を設定しておくと、「今度は同じパターンで色違いにしてみよう」といった具合に、次のコーディネートを作る際の参考にしやすくなるというメリットが得られます。
デニムならどんなジャケットをあわせても間違いないので、インナーを工夫して楽しみの幅を広げてみましょう。

冬のきれいめファッションを作る時は“重ね着”がポイントになります。
コートやジャケットなど、いつもは着ないワンアイテムを取り入れていき、少しずつきれいめなアイテムを増やしていきましょう。
徐々に慣れてくると、使えるor使えないアイテム、自分に似合うor似合わないなど、自分なりに着こなしやすいきれいめファッションの作り方が見えてくるはずです。

ファッション #冬 #きれいめファッション #作り方 #コーディネート #大人 #重ね着

この記事のライター
椎名 香澄
椎名 香澄
元アパレル系販売員。ジェントル系メンズファッションがお好み。素敵なスタイルをご提案していけるように頑張りマス♡
関連記事

筋肉質だってオシャレをあきらめない! ガッチリ体型の男性に似合う、ファッションの作り方

椎名 香澄

冬のゲレンデは恋に落ちやすい?「ゲレンデマジック」で女子が可愛く見えてしまう理由3つ

安井カナ

二着目コートにモッズコートが最強!? モッズコートによく似合う男らしい着こなしコーデの作り方

椎名 香澄

組み合わせも豊富に作れる! 何枚あっても困らない「ニットセーター」の着こなしコーディネート

椎名 香澄

冬のリュックは野暮ったいイメージ? 見た目がダサくならない「リュックコーデ」の作り方

椎名 香澄

普段着をグッと格上げ! 冬アイテムで、大人の「スポーツミックス」の着こなしコーデを作るコツ

椎名 香澄

重たい印象におさらば! 大人の冬コーデに挑戦したい「ホワイト」で作る着こなしアイテム10選

結城 友美

着ぶくれせずに寒さ対策もバッチリ! ウォームビズファッションで押さえるべき着こなしのポイント

下田 有紀