「どう断ったものか…」アソコの匂いがキツい子とのエッチはこうかわせ!

子供の頃に読んでいた漫画に「男には負けると分かっていても戦わねばならない時がある」という台詞があり、「そんな状況がいつか来るなんて怖いな。でも、そういう時っていつ訪れるんだろう…」と子供心に思い続けて育ってきました。

できればそんな日は一生来ないで欲しかったのですが……20代前半の頃に、それは唐突にやってきたのです。

アソコの匂いがキツい女性は対処に困る…

image1

あるとき飲み屋で知り合った女性とホテルへ入ることに成功し、順調に相手の衣服を脱がせていき、いざパンティに手をかけた瞬間、これまで嗅いだことのない匂い……例えるなら“ナンプラー”と“カメムシ”と“山椒”が合体したような強烈な悪臭が鼻腔を貫きました。

それが相手の性器から漂う匂いだと気が付いたのは、その直後のことです。

「男には負けると分かっていても戦わねばならない時がある」

筆者はそのとき「これのことか!」と強く思いました。
が、普通に考えて人体のアソコからあれだけの悪臭を発するということは、相手の健康状態に何らかの赤信号が点灯しているようなものなので、この時点で「戦うのは損」と考えた筆者は、相手を全裸にさせておきながらも、どう断ろうかと思案していました。

アソコの匂いがキツい女性は、こう回避せよ!~その①~

image2

具体的に筆者がこの時に取った手段は「……やっぱり出会ったばかりでこういうことをするのは良くないかも」という、相手のモラルに訴えかけるというもの。

これならば自分の身も悪臭の匂いから守れて、かつ相手からは「ああ、お酒の勢いでホテルに連れ込んだけど、正気に戻ったのかな…」と思ってもらえるため、個人的にはかなり一命を取り留める言い訳だったと思います。

もちろん、相手を裸にまでしといて今更何を言っているんだと半分呆れられた可能性もゼロではないものの、そういうことを言っていられる状況でもなかったので、なんとしてでもその場のエッチを回避するために、ここは相手を本気で説得し、最終的には行為をせずに済みました。

アソコの匂いがキツい女性は、こう回避せよ!~その②~

image3

……これで懲りていれば良かったのですが、その数年後、またしても筆者は同じような流れから女性とホテルに入ってしまい、やっぱり同じようにアソコの匂いに悩まされてしまうという事態に直面してしまいます。

この時にとった手法は、相手の衣服を脱がせエッチ直前まで持ち込み、やる気満々で挑むフリをしつつ、「いざここから!」という絶妙なタイミングで足がツるという演技をやらかしました。

(ちょっと露骨だったかなぁ…)と若干不安視はしたものの、こういうシチュエーションでは演技にも熱が入るもので、何とか相手を信じさせることに成功し「こんなんだから今夜は無理かな…」と言って難を逃れることに成功したのは、今思い返しても幸いでした。

どうしてアソコの匂いがクサくなるのか??

image4

ところで『アソコの匂い』って、人によって千差万別ですよね。
多少は体質にも依存するものですが、匂いの違いを決定付ける一番の決め手は、やはり日頃からのケアの違いでしょう。

男女に関わらず、デリケートゾーンは入念に洗浄しなければ、恥垢(ちこう)が蓄積して雑菌の温床になってしまいます。そして衣類などを身につけた際にアソコが蒸れて汗をかき、これが原因で異臭を発してしまうというわけですね。

特に女性の場合は男性よりもアソコの部位を綺麗に洗浄しにくい形状をしてるため、中にはしっかりと清潔にしているつもりでも、細々と雑菌が残り、結果的に匂ってしまうケースも多いと言えるでしょう。

さらに、先ほどもチラッと触れましたが、そもそも性病にかかっている場合も、やはり異臭を発してしまいます。たとえばトリコモナスやクラミジアなど、割とメジャーな性病は、感染した女性のアソコを臭くしてしまうというわけです。

普通の女性は、このぐらいの知識は当たり前に有していますので、丁寧に毎日洗浄しています。だからこそ、たいていの女性のアソコは、無臭とまではいかなくても、そんなに匂いがキツくないということに繋がるわけですね。

アソコの匂いって個人差がありますが、筆者自身は多少匂うぐらいだったら全然気にならないタイプです。しかしそんな筆者でも「これはちょっと無理です」と思ってしまうようなレベルの匂いを放つ女性は、実在します。
何がタチ悪いかって、アソコの匂いってベッドインする直前まで誰にも分からないところにあるんですよね。
“匂いが普通か”、“ちょっとキツいか”、“だいぶキツいか”、の基本3択で、当たりが入っていない宝くじみたいなものなので、一度でも“だいぶキツい匂い”にあたったことのある男性にしてみれば、かなりのトラウマになります。

事実、筆者は2度目の「だいぶキツい匂い」にあたってから3年ほどエッチをしなくなりましたし……。

恋愛・デート #アソコ #匂い #性病 #臭い #エッチ #断り方

この記事のライター
松本 ミゾレ
松本 ミゾレ
2013年よりフリーで活動開始。自宅に引きこもり原稿をこなす日々で慢性腰痛に。 趣味は怪獣フィギュア収集。 特技は猫あやしと怪獣フィギュア製作。 座右の銘は“休まず書け”で、野菜ソムリエの資格を持つ野菜嫌い。
関連記事

『俺はクサくない』…なんて保証ありません! 男の加齢が引き起こす「匂い」の問題

松本 ミゾレ

他人事ではすまない! 男が知るべき「性病」の種類と「性病」に感染しやすいエッチな性行為

安井カナ

あれ、彼女の「アソコの毛」がない…!女子が「アンダーヘア」を剃る理由5つ

安井カナ

”人気がある”だけでは駄目!女性を惹きつける「Myべスト香水」の選び方

岸 真理恵

女性が感じるキスのGスポット?上手なキステクとは

浅田ちひろ

男部屋におすすめの「ファブリックミスト」集めてみた!

吉井ルナ

男の香水、”清潔な匂い”に欠かせない使い方・選び方のポイントとは

猫女

色気は匂いから。彼氏につけてほしいメンズ向け香水4つ

西川 優里

間違いなく好印象! 20代の女子にウケの良い年上男子の趣味って?

藤本 由佳

まさかこの子が!? 気づかぬうちに「パパ活女子」に狙われやすい男性の特徴

彩香

【付き合った後では手遅れ!】付き合う前に彼女候補から外すべき女性の特徴4つ

高萩 陽平

実は“一番最後”がチャンスなんです! 大人数の飲み会で狙ってた女子に自分を印象付ける方法

藤本 由佳

誰でもできる! SNSを介して女性との出会いを成功に導くための方法3ステップ

松本 ミゾレ

【なぜ あなたは嫉妬深いのか?】その理由は「幼少期」にあるのかも。

高萩 陽平

本命の彼女にはしたくない! セフレ女子と“体の関係だけ”を続けていく方法4つ

彩香

女子が求める「ジェントル」って一体なんだよ…。デートで男が押さえるべきポイント5つ

藤本 由佳