日本人男性が知っておくべき「ヒゲが似合わない人」の特徴8つをランキング形式で紹介!

ヒゲを生やすと「ダンディーに見える」「カッコよく見せられる」と思っている男性も多いでしょう。 たしかに顔のパーツやサイズ感など、ヒゲの似合う人がヒゲを生やせば男前な雰囲気を高めることができますが、当然ヒゲが似合わなければ逆効果になります。勘違いを避けるためにも、ヒゲが似合わない人の特徴を確認しておきましょう。

今回は、日本人男性が知っておくべき「ヒゲが似合わない人」の特徴を、筆者の見解もふまえ 1位~8位までのランキング形式で一挙にご紹介したいと思います!

ヒゲが似合わない男・8位|目が小さい

目が小さい目が小さい男性は、基本的にヒゲが似合いません。ヒゲの量と目の大きさに差があるほどに似合わないのですが、これは顔の広さにたいして目が小さくヒゲが悪目立ちしまうことが理由として挙げられます。

また、ヒゲを生やすことによって小さい目も悪い意味で目立ち、容姿が気になってしまう可能性があります。
人より目が小さいという自覚のある男性は、目のサイズそのものを変えることは難しいため、ヒゲの量を減らすか、完全に処理するようにしましょう。

ヒゲの量を減らすためには、毎日の処理が欠かせません。ヒゲソリを面倒に感じる場合は、何度か脱毛を受けて、ヒゲの量を調整しましょう。

ヒゲが似合わない男・7位|メガネをかけている

メガネをかけているメガネをかけた男性がヒゲを生やす場合、顔全体でアクセントになる部分が多すぎて、ごちゃごちゃした印象になり似合わない可能性が高いでしょう。

中でも、ヒゲが広範囲に渡っているうえに、太いフレームのメガネをかけている男性の場合、ヒゲとメガネ両方が目立ってしまうため特に注意が必要です。

細いフレームのメガネであれば、ある程度の量のヒゲが生えていても、最低限のバランスをとることができるでしょう。もしくは、ヒゲの量とフレームの太さを調整して、自分に似合うパターンを見つけてみてください。

ヒゲが似合わない男・6位|肥満体型

肥満体型ぽっちゃりとした肥満体型の男性がヒゲを生やすと、どこかだらしない印象に見えてしまう可能性があります。

一方、肥満体型の男性でも、きちんと髪型が整っていて、自分に合ったサイズの服をおしゃれに着こなしていれば、ヒゲが生えていてもだらしなくは見えないでしょう。

ただし、肥満体型の男性はお世辞にもヒゲが似合うとは言い難いため、毎日きれいに剃ることをおすすめします。また、肥満体型以外にもヒゲが似合わない特徴がある場合は、できるだけその原因を取り除く努力をしましょう。

ヒゲが似合わない男・5位|ロングヘアー

ロングヘアー髪の毛が長いロングヘアーの男性は、ヒゲよりも髪型に目がいきやすく、ヒゲを生やしても目立ちにくいためあまりヒゲは似合わないでしょう。ヒゲは、ヘアスタイルをふくめた顔全体のアクセントになってこそ、おしゃれな雰囲気づくりに役立つため、ある程度目立つ必要があるのです。

また、髪の毛の手入れが行き届いておらず、髪全体がパサついていたり、逆にベタついている場合は、他のショートヘアなどの男性に比べて不潔な印象を与え、すさんだ雰囲気が出てしまう可能性もあるでしょう。

ロングヘアーでヒゲを生やす場合は、口元か顎にだけ生やすことをおすすめします。ヒゲを一部分だけ生やすことで、適度に目立たせることができるようになるでしょう。

ヒゲが似合わない男・4位|顔の掘りが浅い

顔の掘りが浅い顔の掘りが浅い男性は、ヒゲとのバランスをとることができないため、あまりヒゲが似合いません。
まったくヒゲが似合わないというわけではありませんが、一歩間違えると不潔な印象を与えてしまうため、できれば避けた方がいいでしょう。

そもそも日本人は、顔の掘りが浅い人種のため、ヒゲが似合う男性は限られているのです。
唯一、顔の掘りが浅くてもシャープな顔立ちの男性であれば、ヒゲを生やすことでワイルドな印象に仕上がり似合う可能性が期待できるかもしれません。

また、もともと顔の掘りが浅くヒゲが似合いにくい男性は、口元にだけヒゲを生やすことをおすすめします。口元のヒゲであれば、顔の掘りの影響を受けにくいため、似合う可能性があります。

ヒゲが似合わない男・3位|ガリガリ体型

ガリガリな体型ガリガリな体型の男性は、ヒゲと体型のバランスがとれないため、基本的にヒゲを生やしても似合いません。

ヒゲには、“男前”や“ダンディー”という男らしいイメージを与える効果があるため、体型がガリガリでは矛盾が生じてしまうのです。ヒゲが濃く、量が多いほどにガリガリ体型とのアンバランスさが目立つようになるでしょう。

普通の体型を目指してカロリーを摂るようにするか、ヒゲを薄くすることをおすすめします。普通の体型を目指す場合は、まとめて一気にカロリーを摂取しようとするのではなく、1日の総カロリーを少しだけ増やすなどして、身体への負担を抑えながら徐々に増やすようにしましょう。

ヒゲが似合わない男・2位|中性的な顔立ち

中性的な顔立ち中性的な顔立ちの男性も、基本的にヒゲが似合いません。中性的というのは、男性と女性の中間的な意味合いを持ちます。女性にヒゲが似合わないように、中性的な顔立ちの人にはヒゲが似合わないのです。

女性に近い顔立ちの人ほど、ヒゲが似合わない可能性も高まりますので、これまで周りから「女の子みたい」「可愛らしい顔」という評価を受けたことのある男性は特に注意しましょう。

遺伝の影響が強い顔立ちを変えることは難しいため、もともと中性的な顔立ちでヒゲが似合うようにしたい男性には、日焼けなどで男らしさを強調する対策方法をおすすめします。
もしくは、ダメージデニムや濃い色のチェックシャツなど、男らしさを感じさせるようなファッションアイテムを身につける方法もいいでしょう。

ヒゲが似合わない男・1位|童顔

幼い童顔そしてヒゲが似合わない男性の特徴、第1位は「童顔」です。残念ですが童顔の男性は、ほとんどの人がヒゲを生やしても基本的に似合いません。

童顔というのは、幼く子供のような顔立ちをしている人のことを指しますが、ヒゲを生やした子供に違和感を覚えるように、童顔の男性にもヒゲは似合わないのです。

ほとんどの男性は、年齢を重ねるにつれて徐々に童顔ではなくなっていくため、ある程度の年齢になるまではヒゲを生やさないのも一つの対策方法でしょう。
また中性的な顔立ちの人と同じく、男らしさを強調するファッションテクによって、少しはヒゲが似合うように改善できるかもしれません。

そのヒゲ、本当に似合っていますか?


ヒゲが似合わない男性は、どれだけヒゲを生やしたり整えたりしても、マイナスのイメージを与えてしまいます。 しかし、似合わない特徴や原因にあわせて上手に対処することで、ヒゲが似合う男性に見せられる可能性は期待できるかもしれません。

自分にヒゲが似合うのかどうか気になる男性、また生まれつきヒゲの量が濃くつい無精ヒゲを生やしてしまいがちな男性は、今回ご紹介した内容も参考に自分に合った対策方法を心がけましょう。

健康・メンズ美容 #ヒゲ #似合わない #カッコ悪い #ダサい #不潔

この記事のライター
加藤良大
加藤良大
歴7年のフリーライター。アパレル企業からライターに転身し、医師監修記事の元原稿や美容記事の執筆本数は10,000本を超える。前職の経験を活かし、ファッション記事、ビジネス記事など幅広く手掛ける。