今ではなんと、2人に1人が該当!?「こじらせ女子」に共通する特徴と、恋愛する時の心得

2014年に放映されたドラマ『きょうは会社休みます。』でも話題になったこじらせ女子。
何度か耳にしたことはあるけれど、実際どんな人のことを「こじらせ女子」と呼ばれるのかイマイチよく分かっていない…という人も多いと思います。
そこで今回は、あなたの周りにもきっといるはず「こじらせ女子」に共通する特徴と、こじらせ女子と恋愛する時の心得・対処法についてご紹介します。
こじらせている女子の割合は、今ではなんと2人に1人という高確率なんだそう…。男性の皆さんにとっても決して他人事では済まされない、こじらせ女子の心情を、この機会に正しく理解しておきましょう。

こじらせ女子は「自信が無い」

image1

“こじらせ女子”と呼ばれる人達の大半は、とにかく自分自身に対する自信の無さが特徴。なぜ自分に対して自信が無いのか…と問われれば、その理由は人それぞれ様々ですが、主には「長い間彼氏がいないから…」「男性からモテないし…」などと、今現在もしくは過去まで遡った上で、なかなか上手くいかない恋愛事情が影響を及ぼしているようです。

そして「自信が無いなら、自信が出るように努力すればいいのに」という人もいると思いますが、こじらせ女子というのは、その努力をする行為にさえ意味を見出せずにいるのです。
また、こじらせ女子は「どうせ自分なんて……」が口癖。仮に付き合ったとしても自分に自信が無いため「どうせ浮気するんでしょ?」や「私の事なんてすぐ嫌いになるよ」といったネガティブ発言を繰り返し、メンヘラチックな言動で相手の男性を困らせる一面も見受けられます。

自分自身が下す“自己評価”と、周りの人が下す”評価”とが一致しないため、常に自己嫌悪から抜け出せず、周囲も巻き込んだトラブルへと発展してしまうのでしょう。

こじらせ女子は「弱さを見せられない」

image2

そして、こじらせ女子は、異性である男性に対して「弱さを見せることができない」という特徴も見受けられます。
これは恐らく、テレビや雑誌などのマスメディア、もしくは一部の男性陣の間で囁かれる「アラサー(いい歳)なのに、いつまでも女子ぶってる女ってどうなの?(笑)」などという皮肉った意見を真に受け、強く意識してしまっている影響が考えられます。

―――アラサーにもなって、自分1人で生きられないなんて恥ずかしい。
心のどこかにそんな気持ちが湧くと、自然と男性に弱さを見せたり頼ったりする行為が出来なくなってしまうようです。

もしかしたら男性の中には、弱さを見せない女子は「かわいくない」と思う人もいるかもしれません。しかし、それは社会に出て男性と同じように働くようになった女子なら、ある程度仕方の無いことでもあります。

若い頃であれば、当たり前のように使えていた「女の弱さ」という武器。それも社会の荒波に揉まれているうちに、自然と自立心や強さ・責任感が芽生え、たくましい存在へと変わっていく人もいるのです。

そしてこの「弱さを見せられない」というこじらせ女子は、主に20代後半の年齢を分岐点として、強く見受けられるように感じます。

こじらせ女子は「素直になれない」

image3

「弱さを見せられない」ということに合わせて、こじらせ女子の中には、なかなか素直になれないという特徴をもった人も見られます。自分が思っていることをすぐ表にだすような、いわゆる「わがままな女子」とは真逆のタイプ。

一見物分かりがいい人とも受け取れますが、素直になれないということは他人に対して心を開けない、ということも意味しています。

悲しいときに悲しいと言えない…嬉しい時も素直に喜べない…これでは仮に彼氏という存在がいたとしても、まともに恋愛を楽しむことなんて出来ませんよね。

「素直になれない」という自分の性格が引き金になって、長い間彼氏が作れず卑屈になってしまう…こじらせ女子はそんな負のループに陥っている人と言えるかもしれません。

こじらせ女子と付き合う時の対処法(恋愛の心得)

image4

男女が平等な立場に置かれることが多くなった昨今。男性に対して「弱さを見せられない」「素直になれない」からゆえに「自分に自信がなくなる」という女子は決して珍しくありません。むしろ、自分にも周囲にも素直になれて、自信にも満ち溢れているという女子のほうが圧倒的に少ないはずです。

そんな、もはや一般大衆化した存在ともいえる“こじらせ女子”ですが、彼女達をまるで腫れ物にでも触るかのように距離を置いたり、厄介者として扱ってはいけません。

こじらせ女子と向き合う時は、とにかく「否定しない」ことが有効な対処法。彼女達の自尊心を徐々に高めていけば、自ずとこじらせも緩和されていくことでしょう。

また彼女達と恋愛する時は、先ほどの否定しないことに加えて、ナンバーワンではなくオンリーワンの存在である、と思わせてあげることも大事。彼女自身がいかに素晴らしいか、ではなく、ありのままの彼女が気に入っていることをそのままストレートに伝えてあげられると素敵ですね。

こじらせ女子は、一見たしかに面倒そうな性格かもしれませんね。
しかし、女の子特有の生活環境がそうさせてしまうだけであって、根は素直で優しいことがほとんど。また彼女達が自信を取り戻すためのキッカケを作ってあげるだけでも、意外とすんなりこじらせから抜け出せるかもしれません。上っ面の表面上で付き合うのではなく、ぜひ彼女達の心の内と向き合ってあげてください。

恋愛・デート #こじらせ女子 #特徴 #恋愛 #心得 #対処法

この記事のライター
彩香
彩香
ライター兼メディアディレクター。文化服装学院出身。 得意分野はファッションと恋愛で、男性・女性を問わず多数のメディアで執筆や編集を手がける。 趣味は「酒」と「フェス」。 個人のブログでは、主に酒の席で繰り広げられる、男女の包み隠さぬ恋愛トークのリアルについて書いています。 ▼ブログ▼ http://ayaka...