『騙された!』『私の時間、返してよ!』―― 結婚したくない男の「恋愛お作法」4か条

30歳を過ぎたアラサーあたりになってくると、「恋愛=結婚」に結びつける人は女性を中心に多くなってきますよね。しかし、中には「結婚はあまりしたくないけど、恋愛はずっとしていたい!」そんな男性もいることでしょう。
とはいえ、いくら自分が結婚したくないからと言って、お付き合いする彼女からの結婚話をテキトウにはぐらかしたり、その場のノリでお付き合いを始めてしまうと、後々「騙された!」「私の時間を返して!」などと反感・恨みを買ってしまう可能性も決して否定できません。
そこで今回は「女子からモテたいし恋愛もしたいけど、結婚はしたくない!」「いまの結婚制度に縛られてまで結婚したくない…」そんな男性にむけて恋愛のお作法・愉しみ方をご紹介します。晩婚化は進む一方、そして生涯独身という人も増え続ける昨今…『結婚』にこだわらない恋愛のカタチがあっても良いのではないでしょうか。

「結婚はする気がない」と断りを入れておく

アラサー以上の女性からすれば、お付き合いの末に結婚を考えるのは言わば当たり前のこと。当然、結婚を視野に入れて付き合う・付き合わないを決める女性も多いことでしょう。

そんな女性と一定期間お付き合いを続けてから、ある日突然「俺、結婚する気ないんだ」なんて言ったものならば、まるで詐欺師と言わんばかりに罵られることでしょう。

そんな事態を防ぐには、お付き合いする前もしくはお付き合い直後に、前もって「しばらく結婚は考えられない」と自分の口から伝えておくことが得策。それを納得してくれない女性ならば、それまでの関係・縁だったという話だけですし、女性が「私は結婚を見据えた恋愛がしたい…」といって離れてしまうのが嫌なのであれば、あなたが歩み寄るしか解決方法はありません。

どちらにせよ、事前に自分の意思を相手に伝えておくことは、お互いが幸せな人生を歩むうえで欠かすことのできない恋愛マナーと言えるでしょう。

結婚願望の強そうな女性とは付き合わない

結婚はしたくない…でも恋愛はしたい。そんな男性は、結婚願望が強そうな女性とは付き合わないことをお勧めします。

結婚願望が強そうな女性はどのような女性か。それは本人に直接聞いてみないと分からないことではありますが、比較的20代前半などの若い女性なら、まだ「結婚は考えていない」という女性も多いものです。
また、仕事に一生懸命取り組んでいたり、叶えたい夢や目標が明確に描けている女性も「まだまだ結婚とかそういう次元じゃない」と思っている可能性が高いはずです。そんな女性をみつけて結婚を前提としないお付き合い、お互い無理のない恋愛ライフを楽しむという方法も一つの手です。

逆に「会社は腰掛け程度で働いている……」そんな女子と付き合えば、すぐにでも結婚を要求されてしまい、親を紹介されたり、巧みに実家へ連れていくよう仕向けられたり……結婚前提のお付き合いとして、トントン拍子でコトが進んでしまいますので、恋愛を楽しみたいという人にはお勧めできません。

仕事に没頭している姿を見せる

仕事に没頭している男性を、悪く思う女性は少ないものです。そして、男性は仕事に集中しているときは、他のことをあまり考えられないということも女性は分かっています。

反対に、日々何の目的も持たず、ダラダラと仕事をしているような人であれば、いくら「今は結婚したくない!」などと言ったところで、なかなか彼女の納得は得られないのではないでしょうか。
もし何かしらの理由があって結婚したくないのであれば、まずは言葉ではなく行動で示すこと。そのためには仕事が楽しい、仕事に集中したいことが相手の彼女に伝わるようアピールしていく方法が最も手っ取り早いと言えるでしょう。

……とはいえ、没頭する姿をみせるだけでは「仕事が落ち着いたら、いずれ結婚してくれるはず…」と余計な期待を持たれかねませんので、やはり「今は結婚については考えられない」旨を、きちんと自分の口から言葉として伝えることも大切です。

結婚しなくても楽しいと思わせる

最近では、紙の上でかわす「婚姻」という契約に、意味を見いだせないなんて声もよく聞きますよね。特に男性の方に多いようですが、女性にも「婚姻届けを出さなくたって、二人でいることに意味があるのでは?」ということを理解してもらえれば、結婚のカタチに縛られない恋愛ライフが楽しめそうです。

そのためには、結婚をしていない現状を相手の彼女に満足してもらう必要があります。その満足とは、たとえば一緒に暮らす同棲だったり、親公認の付き合いだったり、人によって満足具合は異なります。…が、いずれのカタチにせよ「このままでも楽しい」と思ってもらえるような付き合い方をすることが条件であることは間違いありません。

ただし、彼女の方から子どもが欲しいと言われたり、万が一子供がデキてしまった場合は、ただ単に恋愛を楽しむ関係…とはいかなくなってしまいますので、男女の恋愛であれば「子どものこと」についても、事前に二人の中できちんと折り合いがつくよう話し合いをしておくことをお勧めします。

男女の付き合いはとても繊細なもので、愛は憎悪に変わりやすいものです。気軽なキモチから「俺、結婚する気ないし…」などという一言が、女性を傷つけ、最悪のケースでは一生涯恨まれる原因を作ってしまうことだって十分にあり得ます。
そんな恋愛上のトラブルを避けるためにも、もし結婚したくないという男性の方は、付き合い方・恋愛のお作法をしかと心得ておきましょう。

恋愛・デート #結婚したくない #恋愛 #お作法 #愉しみ方 #付き合い方 #30歳 #アラサー

この記事のライター
彩香
彩香
28歳、元アイドル。勢いで始めたライター業だが、現在は男性向け女性向け問わず多数のメディアで執筆や編集を手がける。多くの男性ファンを見てきた経験を生かし、本当の”モテ”るを育てるために日々執筆中。趣味は酒とフェス。
あわせて読みたい記事

元カノ擬態系女子って? 女が「どうしても落としたい男」に使う恋愛テク、教えます!

中村 瑠衣

「女性との会話が苦手…」という男性に上手なコミュニケーション術と恋愛のアピール方法4つを伝授!

キムラ ユミ

まぁ、力抜きなよ…「マジメ男子」との恋愛で女子が嫌うこと5つ

藤本 由佳

騙されてますよ…! 計算高い女子の特徴と見抜き方、彼女たちが使う恋愛テク10パターン

華見 月

「私は結婚しないから」…ってマジ? 結婚したくない女性の特徴とその理由を探る!

華見 月

彼女から「結婚してよ!」と迫られたときの対処法4つ

結城 友美

意外と苦労も多い!「職場結婚」で男に降りかかるデメリット6つ

安井カナ

\職場の同僚も大迷惑!/ 社内恋愛カップルの「ご法度行動」7パターン

安井カナ