【おとこの秋コーデは、“色”で決まる!】大人のメンズが着こなしに取り入れるべき「秋色」4カラー

パステルカラーやビビッドカラーが目立つ春夏のファッションに比べて、シックな色合いが目立つ秋冬の着こなし。自宅のクローゼットを覗いた時に、黒やグレーなどベーシックな色が中心という男性もきっと多いことでしょう。
しかし、アウターなど重厚なアイテムが増える秋冬のシーズンこそ、あえて明るい色を身につけて寒さを吹っ飛ばしたいところ。
今回は、大人のメンズが着こなしに取り入れるべき「秋色」についてご紹介。ファッションのメインや差し色としても使える秋色アイテム。ぜひ秋コーデを作る際の参考にしてみてください。

【おすすめの秋色 ①】ビタミンカラーの「黄色(マスタード)」

身に着けると気分もあがる「黄色」。マスタードとも呼ばれる黄色を取り入れれば、一気に秋らしい着こなしに仕上がりますよ。

また同じカラーでも、春夏のビビッドな黄色と違って、秋冬は少し落ち着いたトーンの黄色を選んだ方が、より大人っぽいコーデが作れます。

中でもマスタード色のニットとネイビーの相性は抜群。トップスをキレイ目な色合いにした場合は、ボトムスはシンプルに抑えるとバランスよく仕上がります。

そしてトップスにボリューム感のあるニットを着る時は、パンツの丈を短めにしてコーディネート全体のバランスを整えて仕上げると良いでしょう。

【おすすめの秋色 ②】差し色にも使える「赤(ボルドー)」

ひと際存在感を放つカラーとして思い浮かぶ「赤」。一見扱いづらい色と思われがちですが、実は黒などシックな色と同様、既に手持ちの洋服にもすんなり取り入れやすく、着こなしにおける万能カラーでもあるのです。

こちらは「赤×黒」という好相性コンビのコーディネート。色のコントラストがはっきりしているので、街を歩いていても目立つこと間違いなし。また上から下まで黒に統一するのではなく、あえて足元に白スニーカーを履くことで、全体的に柔らかさがプラスされておしゃれ度も上がります。

そしてもちろん、赤は差し色としての効果も抜群! コーディネートに何か物足りなさを感じる時にプラスしてあげると、素敵な存在感を放ってくれるはずです。

【おすすめの秋色 ③】シンプルな着こなしに好相性「緑(カーキ)」

一言に緑とは言っても、ネオンカラーの“黄緑”や、ダークトーンの“深緑”など、緑の中にもさまざまなニュアンスの色合いが存在します。しかしその中でもっとも秋らしいカラーと言えば、ダークトーンのものやカーキ色で決まりでしょう。

こちらの着こなしは、鮮やかな深緑のトップスにインディゴブルーのデニムを合わせて、シンプルなキレイ目スタイルに仕上げたコーデ。全体的にシックな色合いですが、キレイな緑のおかげで適度な存在感を放ってくれます。

またアースカラーでもある緑色は、茶系や青系と好相性。シンプルな着こなしや優しい色合いが好きな方には特におすすめのカラーです。

【おすすめの秋色 ④】おしゃれ上級者を気取るなら「紫」

昔から高貴な色として扱われる「紫」。淡い色のものからダークトーンのものまで、紫の中にも幅広いニュアンスの色合いが存在しますが、特に散歩やドライブなど、秋ならではのカジュアルなお出かけシーンにおすすめしたいカラーです。

こちらの着こなしは、どちらかと言えばピンク色に近い紫をトップスに据え、あえてバックプリントのデザインを選び、全体的にカジュアルな着こなしに仕上げたスタイル。

特にキレイ色のトップスをメインで見せたい時は、ボトムは極力シンプルに抑えるのが正解。デニムパンツではなくキレイなシルエットのスラックスを合わせると、より上品にまとまります。

夏に比べて日差しも弱まる秋のシーズン。大人のメンズが着こなしに“秋色”を取り入れるのであれば、パッと見で落ち着いたトーンの色合いのアイテムを選ぶのがおすすめです。
オンでもオフでも、普段のスタイルに秋色を取り入れればグッと季節感も感じられて、気分もあがるはず。ぜひ冬前の秋シーズンならではのコーディネート作りの参考に役立ててください。

ファッション #秋 #着こなし #コーディネート #色 #カラー

この記事のライター
武吉えり
武吉えり
アパレル販売員の知識をいかして、カジュアルラインからビジネスラインまで幅広いコーディネートを紹介しています。