ファミリーカーどうしよう?家族ができたら考えたい、クルマ選びのポイント

結婚して家族ができると同時にガラリと変わる生活スタイル。その変化の中でも車(クルマ)選びは重要課題!ファミリーカーを選ぶ際のポイントを抑え家族思いの貴方にぴったりのファミリーカーを見つけましょう☆

【ファミリーカーを選ぶポイント】

「ファミリーカー」は文字通りファミリー(家族)で使うクルマです。家族事情が多様化している現代、家族の在り方や構成もさまざまですね。

まず確実にいえることは、結婚すると「乗車する人数が増える」ということです。
チャイルドシートを必要とする赤ちゃんや子供たち、お年寄り…独身貴族の諸兄が愛するクーペタイプの2シーターでは対応できなくなります。

さらに、パートナーやその他の家族がハンドルを握ることが多くなる点も、頭に置いておかなければいけません。オートマ車限定免許しか持たない奥さまや、免許取りたて初心者マークの息子・娘たちは、こだわりのマニュアル車を運転することはできませんね。

ファミリーカーを選ぶ際に「3列シート」「スライドドア」「ミニバン」「運転のしやすさ」などがキーワードとなる理由もうなずけますよね。

VOXY(トヨタ)

ミニバンの販売台数では圧倒的に強みのあるトヨタ。ヴォクシーをはじめ、エスティマやノア、アルファードなど人気のミニバンが豊富に揃います。

なかでも2014年度販売台数第1位のヴォクシーは、新開発の低床フロアで小さな子供やお年寄りの乗降りが快適である点や、立ったまま移動できるほどの広い室内空間などで人気を集めています。

また男らしい迫力のある面構えも特徴的で、標準ボディでもなかなかの迫力ですが、エアロボディではもっと凄味を感じるエクステリアに仕上がっており、男心をくすぐります。
さらに、ハイブリッド車では燃費が23.8㎞/ℓという点も大変魅力的です。

セレナ(日産)

「家族と一緒にどこ行こう」というCMでもお馴染みの日産セレナ。「家族連れでドライブに行きたいクルマ」などのアンケートでは常に上位の人気車種です。

エマージェンシーブレーキやアウトラウンドビューなどの多彩な先進安全技術を搭載している点や、8人乗りでも楽に移動できる広い室内空間、小さな子供やお年寄り・荷物を抱えたままの乗り降りに便利な両側スライドドアなどが人気の理由です。

フロントフェイスはスポーティーでありつつもエレガントな印象で、男女問わず好まれるデザインが特徴的です。

ステップワゴン(ホンダ)

とにかく家族目線に徹底的にこだわっているホンダのステップワゴンも根強い人気があります。

新登場の「わくわくゲート」はテールゲートがタテにもヨコにも開くユニークなつくりで、3列目シートの乗り降りを格段に快適にしています。また3列目を分割床下格納シートにすることにより、ラゲージスペースとシートのアレンジの幅がさらに広がり、多様化する家族構成や用途に確実に応えられる点が非常に魅力的です。

ホンダ車の特徴である低床・低重心のデザインとメカスペースの最小化により、5ナンバーサイズに収めながらもクラストップの広い室内空間の実現は、文句なしで優秀なファミリーカーとして支持される最大の理由といえます。

ファミリーカー選びは、家族への思いやりがポイントとなります。将来のことに想いをはせながらのクルマ選びは、きっと楽しいものになりますよ☆

Cover画像: pixabay.com

ライフスタイル #ファミリーカー #クルマ #車 #家族 #結婚 #選ぶ #ポイント #運転しやすい #トヨタ #日産 #ホンダ

この記事のライター
まつ子
まつ子
海外ドラマ大好き、ドライブ大好き、お肉大好き、歴史大好きな30代帰国子女ライターです☆ 最近ハマっているストレス解消法は、深夜にドライブがてら24H営業のスーパーでのんびりお買い物すること。 オススメの海外ドラマは『NCIS』シリーズ。そしてドラマの中で流れる音楽がカッコイイ『Empire』。 お肉に関して...
関連記事

【自転車男子必見!】チャリ移動にピッタリなおしゃれリュックブランド10選

西川 優里

ドライブデートで彼女のハートをつかむ「オトコの気遣い」10アピール

中村さゆり

都会のド真ん中を走る「ラ・フェスタ・ミッレミリア」とは?歴代の名車も勢揃い!

丸山 尚弓(まるやま なおみ)

メディア同士が熱く戦う!マツダ「ロードスター4時間耐久レース」とは?

丸山 尚弓(まるやま なおみ)

【ラブホ初心者ガイド】ラブホテルの入り方から退出までのマナー4ステップ

富 容華

世界中から熱視線!注目される日本のトップブランド10

松井 遙

【oh…もはや呆れる】女性には理解できないオトコの趣味とは・・・?

中村さゆり