【脈なしの女性と付き合える?】脈なしから脈ありに逆転! 実践で使えるアプローチのコツ5つ

「ずっと片思いしている相手の女性が全然振り向いてくれない…」「好きで何度もアプローチしているのに、まったく相手にしてもらえない…」恋とは必ずしも幸せを掴めるものではなく、こういったツラい経験をすることも少なくないものです。 ……いや、むしろなかなか一筋縄では口説き落とせない女性にアタックをして付き合うからこそ、その後に燃え上がるような恋を楽しめると言い換えられるかもしれません。

今回は、そんな脈なしの女性を振り向かせるコツとして、脈なしを告げる女性心理をはじめ、脈なしから脈ありへ逆転できるパターン、また実践の場でも使える脈なし女性にたいするアプローチのテクニックをいくつかご紹介したいと思います。

恋愛で「脈なし」を告げる女性心理とは?

脈なしの女性心理まずは、恋愛で脈なしを告げる女性心理5つをチェックしてみましょう。

(1)どうでもいい、まったく興味がない

脈なしということは、そもそもあなたにたいして興味がありませんので、好かれようが、その反対に嫌われようが、どうでもいいのです。まさに無関心という、一番悲しい心理状態といえますね。
まだあなたのことを良く知らないか、あるいはあなたをよく知ったうえで男性としての魅力を感じられず無関心なのか…。前者であればまだチャンスは大いに期待できますが、後者の場合、脈なしから脈ありに逆転するのはかなり困難を極めるでしょう。

(2)本命の彼氏や他に好きな人がいる

すでに交際中の恋人がいる、あるいは他の男性に恋をしている女性が、あなたにたいして興味を示さない、いわば脈なしなのは当然の結果といえるでしょう。
逆に、あなたが気になっている女性が、交際中の彼氏がいるのにもかかわらず、あなたからのアプローチに応えようとした場合、その女性からは手を引いたほうがいいかもしれません。それはつまり、浮気性ということですからね。

(3)あなたからのアプローチに気づいていない

恋愛経験の少ない男性に多く、相手にアプローチだと認識されていないケースです。笑顔で挨拶するだけ、話しかけるだけ、そんな誰でも当たり前にやっていることを、アプローチだと思っていませんか? 
また、女性の中には鈍感でアプローチに気づきにくい人もいますので、相手によっては「あなたのことが気になっているので、一緒にご飯に行きたい」というふうに、しっかり好意を示してあげると良いかもしれません。

(4)恋愛に慣れていないだけ

「一応あなたからのアプローチには気づいているけど、恋愛経験が乏しく、どのように接していいかわからない…」というふうに、相手の女性の恋愛経験が影響し、脈ありなのか脈なしなのか判断がつかず、結果的に脈なしのように見えてしまうこともあります。
このように脈なしの意思を正確に確認できない場合は、男性から積極的にアプローチすることで一気に進展させられる可能性もありますので、ときには大胆に攻めてみると良いかもしれません。

(5)好き避けの可能性もある

あなたのアプローチがまったく効かず、脈なしかと思いきや本当は好き、好きゆえに避けてしまう。いわゆる“好き避け”ですが、恥ずかしさや緊張から、好きな人にたいして冷たくしてしまったり、素っ気ない態度をとってしまう、そんな女性ってけっこう多いんですよね。脈なしを告げる相手女性の反応によっては、一度好き避けの可能性を疑ってみるのもアリでしょう。

脈なしから脈ありに逆転できるパターン

脈なしから脈ありに逆転できるパターン続いては、現実的な話として「脈なしから脈ありに逆転できるパターン」をいくつかチェックしてみましょう。
好きな女性とこのような状態にある男性は、今後の脈ありに期待が持てます。

(1)頻繁に会うことができる

会う回数が多いという状況は、恋愛において非常に有効です。
同じ人に繰り返し何度も会うことで、信頼や好意を抱きやすくなるため、もし同じ学校や職場で働く女性に恋をしているという男性は、1日1回元気にあいさつをし、何かしら接点をもつ習慣を作ると良いでしょう。
また、たとえば習い事など共通の趣味がある場合は、相手の女性に会える機会が増やせるうえに、楽しい時間も共有できますので、より自然な形で距離を縮められるかもしれませんね。

(2)恋愛相談をされている

「恋愛相談に乗ってもらっていたら、次第に相談相手のことが好きになっていた」これ、男女が付き合うきっかけになるケースとして、本当によくあるパターンです。
ですので、もし片思い中の女性から恋愛相談をされた場合、自分以外の男性に恋をしていることにショックを受けるかもしれませんが、落ち着いて優しく寄り添ってあげましょう。
また、女性は「相談」といっておきながら、「実はただ話を聞いて欲しいだけ」というケースも多々ありますので、ダメ出しや助言・説教をするのではなく、とにかく共感してあげることを意識しましょう。

(3)SNSでつながっている

脈なしから脈ありに逆転させるうえで、相手の女性とSNSでつながっているという状況も外せません。
もし気になる女性がSNSをやっている場合、必ずフォローしておきましょう。相手の近況や趣味、好きな食べ物といった情報がSNSの投稿から得られ、いざアプローチをする際に役立ちます。
また、毎日LINEのやりとりをしてアプローチするよりも、SNSの投稿にコメントするほうが気軽に交流することができますので、相手によってはSNSで絡んだほうが効果的なアプローチにつながる可能性もあるでしょう。

【実践編】脈なし女性を振り向かせるアプローチテク5つ

脈なし女性を振り向かせるアプローチテク最後は、実践の場で使える脈なし女性を振り向かせるアプローチテクを5つご紹介します。

(1)笑顔で接する

笑顔の表情は、いついかなるときでも強力な武器になります。相手にいい印象を持ってもらえますし、また、相手の警戒心をとく役割も期待できるでしょう。
男性の中には、好きな人と接するときにガチガチに緊張してしまったり、無駄にカッコつけたくなってしまう人もいるかもしれませんが、笑顔で感じ良く接することが大事です。
自信がないという男性は、家の鏡の前で魅力的な笑顔やスマイルの表情を練習しておくと良いでしょう。

(2)気にかけていることを伝える

なんだかんだ女性は、他人から気にかけて欲しがりな人が多いものです。
ですので、気になる女性のことを観察して、少し疲れていそうだとか、つらそうな表情をしていたりしたら、その日の夜にでも「今日、つらそうな顔していたけど大丈夫?」というふうに、ひとことLINEを送ってあげましょう。
ただし、「今日は昨日より元気そうだったね」「今日は眠そうだったね」というふうに、毎日こと細かく相手を観察し、連日のようにLINEを送ってしまっては、ストーカー気質を疑われてしまいますのでくれぐれも注意しましょう。

(3)押して引くを使い分ける

LINEのやりとりで、相手の気を惹きたいときに使えるアプローチテクです。
たとえば、LINEのトークが盛り上がっているときに、あえて返信を遅くするとか、「可愛い」とか「あなたみたいな女性がタイプ」というふうに好意をほのめかしたかと思いきや、急に連絡が途絶える、こういう“押しては引いて”をうまく使い分けることで、脈なしの女性から興味を持ってもらいやすくなるでしょう。

(4)意図的にボディタッチをする

人間は、人からカラダを触れられることによって、相手に好意を抱きやすくなるという特性があります。
たとえば、話している最中、相手にツッコミを入れるために小突いたり、ツラいことがあって落ち込んでいるときに、背中や肩をポンポンと優しく叩いたり、そういう自然なボディタッチをしてみましょう。
ただしこのアプローチ方法は、ある程度2人の間に信頼関係がある大前提で使えるテクニックですので、セクハラと勘違いされるような無理のあるボディタッチは絶対にしないでください。

(5)ギャップを見せる

脈なしの女性を振り向かせるうえで、いわゆる“ギャップ萌え”と呼ばれるアプローチ方法もおすすめです。
たとえば、普段はクールなイメージを持たれがちな男性であれば、甘いものが好きとかそういった可愛い姿を見せたり、普段は三枚目キャラでみんなのお笑い担当といったポジションの男性であれば、ときどき男らしい一面を見せるなど、そうした普段の自分とはちがうギャップを演出してみると効果的でしょう。

「脈なし」から始まる恋も、普通にある!


世の中にはたくさんのカップルがいます。そのすべてが「出会ったときからお互いに惹かれ合っていた」なんてことはありません。
「はじめは脈なしだったけど、一緒にいるうちにどんどん好きになった」とか、「何度もアプローチしてくれるのが嬉しくて、告白にOKをした」という恋も多いものです。
たとえ意中の女性が今は脈なしでも、あなたの行動次第で大逆転することだって可能。今回ご紹介した内容も参考に、さっそく行動してみてください。

恋愛・デート #脈なし #脈なしから脈あり #振り向かせる #アプローチ

この記事のライター
tsuta
tsuta
フリーライター。 ユニークな恋愛経験が豊富で、今まで交際した女性は地下アイドル、歌手、風俗嬢、メイドカフェのメイドなどさまざま。その経験を活かし、恋愛に関する記事を執筆している。心理学や脳科学を使った恋愛アプローチも得意。