低身長の悩みも気にならない! 街中を颯爽と歩きたくなる、ロングコートの着こなしコーディネート

ロングコートは、体の全身を覆う着丈の長さがある故に、他のコート類と比べてもひと際存在感が強く、コーディネート次第では“コートの印象”がファッションのすべてになってしまいがちです。まさに洋服を着ているのではなく、着られている感。
そしてコート一色にイメージが染まり、着られている感が出てしまうのもなかなかカッコ悪いもの。
そこで今回は、ロングコートの存在感はそのままに、男らしく街中を颯爽と歩きたくなる、ロングコートのカッコいい着こなしコーディネートをご紹介します。
低身長の悩みもアイテムの組み合わせ次第で十分カバーできます。

ロングコートのインナーをいつもより派手めにする

アウターの上からサッと羽織るだけで、ほぼほぼ全体の印象も決まってしまうロングコートを着こなす時は、上着に着るインナーの色を変えてみましょう。

ブラックや白など、プレーンなモノトーン系のインナーは、確かに無難な選択ではありますが、その反対に周りの印象に残りにくく、比較的地味目のコーディネートに落ち着いてしまうのが難点。

ロングコートをオシャレに着こなしたいなら、いつもは選ばない「ちょっと派手かな?」と感じるくらい思い切った色・柄・デザインのインナーを組み合わせてみましょう。

ロングコートから見えるマフラーでIライン効果を狙う

ロングコートを羽織るだけで、見た目のIライン効果を作りやすいという利点はありますが、身長が低めの人がロングコートを羽織った場合、より背丈を小さく、短く見せてしまうという欠点も伴います。

そんなデメリット、コンプレックス要素を上手にカバーしてくれるアイテムが「マフラー」。
あえてボタンを閉じずにマフラーを首から下げるだけでIラインをさらに強調することができます。
差し色になるボルドーやカラシ色など、明るい色のマフラーやストールを効果的にチラ見せして着こなしましょう。

ロングコートにタートルネックを合わせて低身長をカバー

そしてマフラーを使わなくても、比較的低身長をカバーしやすい着こなしのアイテムが「タートルネック」です。

ロングコートの前ボタンを閉じていても、タートルネックを着ていればコートの襟から少し首元が見えますよね。自然と相手の視線も上を向くため背丈の低さがそこまで気になりません。

また、例えば黒いロングコートにはキャメル色のタートルネックを合わせるなど、できるだけコートの色とは違う色のタートルネックを組み合わせると、全体のバランスも良く効果的な着こなしコーデが作れます。

上品なロングコートをパーカーでカジュアルダウン

ロングコートは、見た目もスマートな作りで、ドレッシー&華やかな印象もあるため、なんとなくビジネス用としては選びやすいけど、プライベートに羽織るコートとしては、適さないという認識から選ぶことを躊躇してしまう人もいると思います。

しかし、ドレッシーなロングコートだからこそ、きれいめカジュアルなコーディネートには使えるアイテムでもあるのです。

例えばインナーに、ボーダーやパーカーを組み合わせた着こなしをする際にも、その上からロングコートを羽織れば、大人のきれいめカジュアルなスタイルも作りやすくなります。

ロングコートにジョガーパンツで大人のきれいめカジュアル

コーディネートが難しそうなガウンコートも、大人の男性だからこそ余裕のある着こなしをしてみたいですよね。

スウェット素材のジョガーパンツとセーターというラフなコーディネートに、あえてロングコートを羽織ると大人のプレーンなきれいめカジュアルに着こなすことができます。

あまり重ね着しすぎず、シンプルなコーディネートにまとめるのが、大人の着こなしを作るポイントです。

黒コーデが多い男性は、ロングコートを軽めの色に変えるとオシャレ

冬になると、どうしても黒やネイビーなどの暗めの色を選びがちな男性なら、上から羽織るロングコートをキャメルなどの軽めの色に変えてみましょう。

全身を黒コーデに統一してしまうと全体の見た目がドッと重たい印象になってしまい、どうしてもビジネス色が抜けない堅苦しい雰囲気に仕上がってしまいます。

キャメルやカーキなど、仕事に出かけるときはあまり着ないような、明るい色のロングコートを選べば、インナーはいつも通りでも、全体コーデがグッと引き締まり、簡単にオシャレな着こなしが作れます。

ロングコートと同系色のチェック柄パンツで軽やかに仕上げる

ロングコートを羽織ったときに、見た目のIライン効果を最大限に引き出してくれるコーディネートが、コートとパンツの色を合わせた着こなしです。

例えば、無地のロングコートを選ぶときには、ボトムには同系色の柄物パンツを合わせるとオシャレ。

キャメルやブラウン系のボトムなら、足元に履く靴の色も合わせやすく、全体の印象も重たくなりません。クローゼットの中に閉まってあるチェック柄のきれいめパンツや、無地ならチノパンなどを合わせても仕上がり良く着こなせます。

ボリュームのあるロングコートはスリムパンツでスタイルアップ

スポーツ観戦や夜の街歩きデートなどでも活躍してくれるカジュアルなモッズコートもロング丈が暖かくてカッコいいですよね。

ストンとしたシルエットでドレッシーなロングコートとは違い、ボリューム感のあるモッズコートは、ボトムのパンツまでゆったり目にしてしまうと、全体のメリハリ感が失われ、コーディネートのバランスも悪くなってしまいます。

ロング丈のモッズコートを羽織るときには、ボトムはスリムパンツ、もしくはサイズがぴったり目のパンツを選ぶと、全体の見た目がスッキリした印象に仕上がり、Yライン効果で背を高く見せることもできます。

ロングコートと足元に履く靴の色を合わせるとオシャレ

ロングコートの色と、足元に履く靴の色を合わせてコーディネートすると、コートのボタンを閉じてインナーが見えなくても、華やかな雰囲気を損なうことなく、オシャレな着こなしを保つことができます。

この着こなしは、あまりインナーを見せたくないときにも便利に使え、コートを脱がないシチュエーションのときでも、コートの色と靴の色を合わせておけば、それなりのコーディネートを作れてしまいます。

パッと見で「オシャレな人」と分かりにくい、ロングコートの弱点を補う着こなしのコツでもあります。

大人のロングコートは、スーツではなく柄物のジャケットと組み合わせた方が断然オシャレ

プライベートはもちろん、ビジネスシーンでも羽織りたいロングコートには、柄物のジャケットを合わせるとオシャレ。

普段、あまり柄物の洋服は着ないという人でも、ジャケットの類なら、1着ぐらいはチェック柄やストライプ柄のものを手持ちのアイテムとして持っている方も多いのではないでしょうか。

ロングコートには、同系色の無地スーツなどを合わせるよりも、柄物のジャケットをコーディネートしてあげた方が断然オシャレに仕上がります。

もしロングコートを羽織るときに、低身長が気になるようであれば、マフラーやタートルネックなどのアイテムを組み合わせて上手に背丈をカバーすること。
本来ロングコートは、自分の身長・体型に似合う着丈サイズを選ぶのが一番望ましいことではあるのですが、見た目のコンプレックスも着こなしのコーディネート次第で十分カバーすることはできます。
冬の着こなしをドレッシーに彩ってくれるロングコート、オシャレに羽織って颯爽と街中に出かけましょう!

ファッション #ロングコート #着こなし #コーディネート #低身長 #悩み #着丈

この記事のライター
椎名 香澄
椎名 香澄
元アパレル系販売員。ジェントル系メンズファッションがお好み。素敵なスタイルをご提案していけるように頑張りマス♡