「浮気をしてもバレない方法」を経験者2人に聞いてみた。

男性がしばしばやらかす「浮気」や「不倫」。
褒められた話ではないのですが、こういうことを上手にしれっとやれるタイプの男って、どこにでもいるものです。もちろん筆者の周囲にも、そういう火遊び好きな人はゴロゴロしています。

大抵の男の「浮気」はバレる

image1

しかし、大抵の男性は、上手に浮気をやり遂げるということが、なかなかできません。
途中で自分が犯している罪深さに嫌気がさして自ら浮気相手をシャットダウンしてしまったり、彼女に浮気がバレて終焉を迎えるというケースも…。

基本的に嘘っていずれバレるものなので、浮気をする以上はその覚悟がなければ、そもそも手を出してはいけないんですよね。ところが世の中には嘘が上手で、下手をすると何年にもわたって浮気を繰り返す男性もいます。実際に筆者の周囲にも、こういった知人が何人かいますし。


そこで今回は、浮気をしているのにその素振りをまったく見せない男女2人に、浮気をしてもバレない方法について聞いてみました。

1人目・Rくん|浮気相手を選ぶときはカラダの相性やルックスは度外視する

image2

1人目に登場するRくんは、筆者の古くからの友人で、数年前に結婚して、今では2児のパパ。
そんなRくんですが、実は結婚前から陰で交際している不倫相手がいるのです。
何故それを筆者が知っているのか…たまたま不倫の現場を目撃してしまったんですよね、ラブホテルに奥さん以外の女性と出入りするところを。

普通なら知り合いにそんなところを見られると焦るものですが、Rくんは違いました。
「バレたのがお前で良かった」と、なにやら封筒にお金を入れて、寄越してきたのです。

そう、筆者はお金が大好きな守銭奴ライター。彼は容易く筆者を買収することに成功したのでした。

さて、そのRくんが浮気相手を選ぶ上で一番重視しているのは何なのか聞いてみたことがあります。
返って来た言葉が「とにかく口の堅さが肝。口の軽い女性とはそもそも浮気しちゃダメ」というものでした。

Rくん曰く魅力的なルックスの女性との浮気には憧れるけど、ルックスに惹かれて肝心の口の堅さを見過ごすとえらいことになるのだとか。
きっと過去に、その手の失敗をしていたのでしょう。

しかし、浮気や不倫なんて、当事者がしっかりと口をつぐんでおけば、確かに滅多なことでは露見しません。
知人に見つかるということもあるのでリスクはゼロではありませんが、口が堅い相手をしっかり選ぶということは、浮気や不倫がバレないための第一条件という意見には、素直に納得できます……。

2人目・Gさん|浮気がバレそうになっても動じない

image3

次に紹介するのは女性のGさん。
彼女は都内在住のOLなのですが、一言でいえば男好きです。
彼氏はいるものの、これまでに幾度となく浮気を繰り返してきたという、根っからの浮気性。

そんなGさんですが、浮気がバレたことがないというのが自慢なのだとか。
どうしてバレないのか?その理由は、浮気を疑われたときに発揮する役者顔負けの演技力にありました。

ひとたび不貞を疑われたら、Gさんは即座に証拠を全て抹消し、その上で何か探りを入れられたら「私が○○くん一筋だって信じてないの?」と涙声で主張するのだそう。さらに彼氏からの疑いの目を背けるために、自分がどれだけ彼氏を愛しているのかも、涙ながらに訴えるというわけですから、なんというか、すさまじく賢い女性ですね。

また、実際に別の男性と2人でいる現場を目撃されたこともあったそうですが、往生際が悪いことに、「私と親友の男友達との関係を疑うの?」という返しから、お得意のお涙頂戴の熱い芝居で押し通したのだとか。

Gさんは言います。
「いざ関係が疑われたときに咄嗟に返す言葉を、日頃からシミュレーションしてる。私の浮気相手にも同じような台詞を教え込んでおくよ。だから決定的な証拠を押さえられない以上、なんとかなる」と。

バレそうになっても動じず、普段からシミュレートしておいた対策を講じて、泣き落としにかかる。
一見かなり姑息な手段のようにも思えますが、やっぱり男性はある程度女性の涙に甘い生き物ですし、疑った挙句、最終的に彼女のことを信じたくなってしまうのも、惚れた弱みという奴なので、許してしまう気持ちも分からなくはありません。

浮気をしてもバレない方法

image4

もちろん「浮気」や「不倫」なんてしないに越したことはないのですが、この長い人生。時には道を誤ることもあるでしょう。
もし成り行き上「浮気」を犯してしまった場合は、そのときはもうしょうがないことだと腹を括るしかありません。

しかし、浮気をするにしても、できる限り本命のパートナーを傷つけないようには配慮すべきですよね。

実際に浮気経験者2人の意見をまとめてみると、浮気がバレない方法は、まず口の堅い相手を選ぶこと。そしてもしも浮気がバレそうになっても、迫真の演技を以ってその場の危機を乗り切ることのできる女性(彼氏のことを信用している、好きでいてくれる、追いかけていてくれる人、etc…)を浮気相手にすること。これらが大事になってくると言ったところでしょうか。

ぶっちゃけ筆者も、以前に浮気をチラホラしたことがありますが、いずれも当時の彼女にバレてしまいました。
「もっと早くRくんとGさんの話を聞いていれば…」という気はしないでもないのですが、もし「今後浮気をしたくなったらどうしよう」と考える方がいるのなら、今回ご紹介した2人の浮気をしてもバレない方法を参考にしていだだければと思います。

でも、やっぱり浮気をしないで済む関係性を築くことが一番だとは思いますけどね。

恋愛・デート #浮気 #不倫 #バレない #方法

この記事のライター
松本 ミゾレ
松本 ミゾレ
2013年よりフリーで活動開始。自宅に引きこもり原稿をこなす日々で慢性腰痛に。 趣味は怪獣フィギュア収集。 特技は猫あやしと怪獣フィギュア製作。 座右の銘は“休まず書け”で、野菜ソムリエの資格を持つ野菜嫌い。
関連記事

初めての吉原ソープで会った人妻風俗嬢。“刺激が足りない”という共通点が2人を結び付けた。

コラム小説

もし浮気をするなら…本命相手に浮気がバレないよう相手に徹底して厳守させるべき3つの約束事

松本 ミゾレ

浮気に女漁り……とにかく女関係がだらしない先輩の彼女と寝てやった

コラム小説

“別居中の妻”か?、それとも“不倫中の女”か? 既婚の男が決断を下した2通のLINE……

コラム小説

【なぜ結婚している男に惹かれてしまうのか?】既婚男性にハマりやすい女子の意外な特徴3つ

彩香

さぁ、復讐の始まりだ。――不倫相手のオンナが企てる恐ろしい復讐計画

コラム小説

出会いはキャバクラ。浮気性で虚言癖…「患者」と呼ばれる男の正体

コラム小説