【本当か...嘘か...はコレで分かる!】セックス中に彼女の演技を見抜くポイント5つ

男女の関係には、しばしば“嘘”が垣間見えるもの。
お互いをよく見せ合うための嘘であるとか、ときには良くも悪くもお互いを騙すために嘘を突き通すことだってありますよね。

しかし、察しの良い人にとっては相手の嘘って結構勘付いてしまうもので、顔にこそ出さないものの、内心では「こいつめ……」と思っていたりもするものです。
そして勘が冴える男性にとっては、望んでいなくても目の前のパートナーの嘘を見抜いてしまう瞬間というものもあるかもしれません。
そう、セックスの際に訪れる“嘘”です。

男性がそもそもセックスなんて無表情でもできてしまう行為を、相手との雰囲気作りのため…という理由で、無理に気持ちの良さそうな表情や声を発するきらいがあるように、女性も同じように異性とのセックスに演技を取り入れるときだってあります。

今回は、そんなセックス中に彼女の演技を見抜くポイントについていくつかご紹介したいと思います。

その①|下半身に力を感じない…

image1

人並みにセックスをこなしている男性であれば、女性がイク瞬間の様子もご存知のことでしょう。
程度の違いはあれ、絶頂を迎える瞬間の女性は大概、下半身の筋肉が緊張し、性器も一気に収縮し痙攣(けいれん)を起こすもの。

ところがごく稀に、こういう過程を介さずにイってしまう女性に出くわすこともあります。
こういう場合は、ほぼ間違いなく演技であると考えてもいいかもしれません。

本当にイクときと演技とでは、女性の下半身に生じる状態の変化、その違いは一目瞭然。たとえば、つま先までピンと張っているような状態は、普通にセックスを重ねていればたびたび目の当たりにする瞬間ですが、そういう状況を確認できずに絶頂をしたと宣言してくる女性は、演技ではないかと怪しんでも良いでしょう。

その②|過剰に喘ぎ声を出す…

image2

セックス中に彼女の演技を見抜くポイントとしては、挿入時に相手の様子を確認するという手も悪くありません。

男性の性器も、女性の性器もサイズは個人差があるものです。
ときには自分の性器と、相手の性器のサイズが思ったほど合致せず、困惑することもあるでしょう。
たとえば男性器が小さく、相手の女性器の内径が広い場合、挿入してもお互いにあまり性感を得ることは難しいところ。

そんな状況にも関わらず、挿入した瞬間に、あまりにも過剰に喘ぎ声を出してしまう女性もしばしばいるようです。
正直セックス中にこういう瞬間に遭遇すると、なぜか男性側も「あれ? 俺も喘いだほうがいい?」と、意味もなく不安に駆られたり、何かと気を遣ってしまいますよね。

絶対に感じてないであろう相手が、過激に喘ぐ。なんだかいたたまれない気持ちになりそうです……。

その③|男が求めるリアクションを狙って披露してくる…

image3

前項の、性器のサイズが合致していないのに過剰な声音で喘いでしまう女性ともよく似た特徴なのですが、あまりにもハレンチな喘ぎ方をする女性も、注意して観察すべきかもしれません。

たとえば、アダルトビデオに登場するAV女優のような、明らかに作られたであろう喘ぎ方をするタイプの女性は、単純に男性経験が豊富で、男性が喜ぶようなセックスを心得ているが故に、過剰な演出に走ってしまっている可能性も一概に否定はできないでしょう。

かなり昔の話ですが、実際に筆者も以前「この子AVみたいな喘ぎ方するなぁ」といぶかしんで問い詰めると、実際に相手の女性が過去に単発でAVに出演したことのある人だったという経験があります。

あまりにも男性側が求めるリアクションをピンポイントで狙って披露してくるような女性の場合は、演技をしている可能性が極めて高く、疑いの目を向けてみてもいいかもしれません。

その④|そもそも濡れない…

image4

それから、これは風俗通いが趣味の殿方たちにとっては「あるある」の範囲の話かもしれませんが、「気持ちいい!」と言いながらセックスしている割には、女性器があまりにも濡れていなさすぎる女性も、要注意です。

もちろん、体質上濡れにくい女性はいます。
しかし大抵こういう濡れにくい体質の女性は、やっぱりそのことを本人も気にしていますので、セックスの前、もしくは回数を重ねる上で相手に打ち明けるケースもしばしば。
そうしないと、男性が無茶をして性器を傷つけてしまうおそれもありますし。

それなのに、あまり濡れていないにも関わらず妙に感じている様子を見せる場合は、彼女が演技をしている可能性を疑うのも一つの見抜くポイントになるでしょう。

おたがいに無理のないセックスをしたい場合には、この演技で見せる気遣いが妙に虚しいのです。
いくら演技は迫真モノでも、カラダが正直に反応していないのは悲しいところ。

その⑤|確実に見抜くためには、質問を投げかけてみる

image5

そして最後に、セックス中に彼女の演技を見抜く上で、もっとも端的かつ確実な方法をご紹介します。

『女性は誰しもが女優』などという言葉もあるように、ことセックスにおいて、女性はみんなそこそこに演技が上手いもの。
しかし、演技をしているときは脳がフル回転している、いわゆる正常の状態。
セックスで心も体もとろけているフリをしていたって、実際にはそうではありません。

ではどうすれば、そんな嘘の上手な女性のセックス中の演技を看破できるのかについてですが、これはもう行為中に、いきなり素で話しかけるのが一番です。
つまり、ベッドの上でお互い盛り上がっているものの「なんか演技くさいな」と思った相手に対して、いきなり「そういえばさ~」のような素のテンションで話かけるのです。

そして本当に感じている女性というのは、いきなりセックス中に突発的な質問をされても、脳が投げかけられた情報を整理するまで、やはりある程度の時間を要してしまうもの。
その反対に、演技をしている女性の場合は、そもそも脳も精神も正常の状態ですので、冷静な質問に対しては冷静なテンションで返答できてしまいます。

ですからこの場合は、相手から返事が即レスされたら、演技である可能性が浮上すると考えても良いでしょう。

もちろん、できることなら演技のないセックスを、お互いに心掛けたいところですよね。
ところが、ちょっと注意深く観察すると、セックスの最中に、どうも感じているフリの演技をしている女性って目に付くこともあるものです。

しかし、いくらセックス中に彼女の演技を見抜いたからといって、相手のことを責めるようなことはよしましょう。

たとえ気づいても相手の演技を追及しないこと。これに尽きます。
要はセックスをした相手を夢中で狂わせる力が自分にはないのも原因の一つなのですから、責めたって自己否定に繋がってしまうわけです。

それに女性だって、悪意があって演技をしているケースはどちらかと言えば可能性は低いはず。正直あまり気持ちよくはないけど、相手が悲しまないように、色をつけて対応している女性もいることでしょう。

女性の演技は、セックスを盛り上げるための趣向程度に考えておくべきです。

恋愛・デート #セックス #演技 #嘘 #見抜く #方法 #ポイント

この記事のライター
松本 ミゾレ
松本 ミゾレ
2013年よりフリーで活動開始。自宅に引きこもり原稿をこなす日々で慢性腰痛に。 趣味は怪獣フィギュア収集。 特技は猫あやしと怪獣フィギュア製作。 座右の銘は“休まず書け”で、野菜ソムリエの資格を持つ野菜嫌い。