お風呂エッチの楽しみ方6つと、彼女に嫌われないための注意点とは?

恋人と一緒にお風呂に入るときって、ちょっと恥ずかしさもありドキドキしますが、やっぱりこの上ない至福の時間ですよね。
外着や部屋着とは違い、服を脱ぎ裸ひとつで触れ合う心地よさや性的興奮、また“裸を見せ合える関係”という優越感にも浸れ、まさに愛しあうカップルの2人だからこそ味わえる特別な行為です。

男性の中には、今晩もしくは今まさにこれから彼女と一緒にお風呂に入るという人もいるでしょう。
そこで今回は、彼女との愛を深め合う「お風呂エッチ」の楽しみ方と、注意点をいくつかご紹介したいと思います。

お風呂エッチの楽しみ方①|彼女の服を脱がせながらスキンシップ!

image1

彼女と一緒にお風呂に入るときは、相手に喜んでもらえるようなサービス精神を持つことが大切です。
まずは相手の女性をエスコートするように、優しく彼女の服を脱がせてあげましょう。また、脱衣所からよりスムーズにお風呂エッチへと入れるよう、服を脱がせている途中にハグやキスなどのスキンシップを重ね、あらかじめ彼女の緊張をほぐし互いにムードを高めておくのも効果的でいいですね。

ただし、女性の中には「今日はお気に入りの下着じゃないから見られたくない」とか、そもそもひとりで脱ぎたい人もいますので、もし彼女が極端に恥ずかしい素振りをみせたり、あきらかに嫌がっている態度をとる場合は無理強いしないようにしましょう。

お風呂エッチの楽しみ方②|身体の洗いっこでイチャつく!

image2

そしてお風呂場に入ってからは、まず優しく丁寧にお互いの身体を洗いっこしましょう。
いきなり性感帯を刺激し合うような激しいプレイに突入するのも悪くはありませんが、まだ身体が汗ばんでいたり汚れている状態で相手に触れられることを拒む女性もいますので、ひとまずは心の興奮を落ち着かせ、身体を洗うことに意識を向けるべきです。

たとえば性感帯を刺激する以外にも、お風呂エッチならではの楽しみ方として、ボディソープをつけた手で彼女に優しく洗ってもらうだけでもすごく心地良いものです。
また仕事で疲れている彼女には、泡をつけた滑りやすい状態で、肩や腰などをマッサージしてあげると喜ばれるでしょう。

女性の身体を洗ってあげるときのコツは、なるべくゆっくりと手を動かすこと。そうすることで、上手い下手に関係なく、愛情を込めて丁寧に洗っている印象を相手に与えることができます。

お風呂エッチの楽しみ方③|彼女の膣を舐めてあげる!

image3

性欲が強く、エッチが大好きという男性の中にも「女性器のニオイが苦手でクンニは滅多にしない」という人も意外と多いのではないでしょうか?
そんなクンニ嫌いの男性も、お風呂場ではぜひ積極的に挑戦してみてください。

お風呂のシャワーで身体を洗った直後であれば、性器のニオイはかなり軽減されていて、無臭か、あるいは微弱なニオイだけしか残っていないことがほとんどです。普段ベッドの上では滅多に彼女にクンニをしない男性でも、それほど抵抗なく舐めてあげることができるでしょう。

お風呂エッチの楽しみ方④|立ち姿勢の体位を中心に挿入!

image4

床に寝そべれるほど広いお風呂がある自宅に住んでいる人も、正直そう多くはないでしょう。
ですので、基本的に家のお風呂場を使ったエッチでは、必然的に立ち姿勢の体位が中心になることが多く、その中でも特に定番なのが、場所を選ばずにできる「立ちバック」です。

自宅ではなく、たとえばラブホテルのような広いお風呂場であれば、床にマットを敷いて、その上で正常位や騎乗位といった、普段ベッドの上でしているような体位と同じプレイを楽しむことができますので、もし広いお風呂のある場所へ行った際にはぜひ彼女と2人で挑戦してみてください。

場所がベッドの上なのか、お風呂の中なのか。その違いだけでも普段の何倍も興奮しますし、相手の感じ方もけっこう大きく変わるものです。

お風呂エッチの楽しみ方⑤|ローションプレイで盛り上がる!

image5

また先ほども少し触れましたが、自宅ではなくラブホテルのような広々としたお風呂でエッチする場合は、ローションプレイで楽しむやり方もおすすめです。ヌルヌルとした感触がとても心地よく、彼女と2人で盛り上がれること間違いなしでしょう。

また、浴槽にはったお湯をローション状に変えるバスタブ用のローションも売られていますので、ローション風呂に2人で浸かりながら彼女とイチャイチャ楽しむのもおすすめです。

ただ、お風呂場でローションを使うと、床がとにかく滑りやすい状態になりますので、興奮しすぎて転倒するなど、ケガにはくれぐれもご注意ください。
商品名

「お風呂でねっとり」とろとろ入浴剤 ローションバス

お風呂エッチの楽しみ方⑥|電気を消して暗闇プレイ!

image6

お風呂場の電気を消す、たったそれだけのアクションでも普段のエッチとはガラリと雰囲気やムードを変えることができます。
電気を消すことで彼女の身体が見えにくくなってしまいますが、暗い中で見る女性の裸は、明るい場所で見るのとはひと味違ったなまめかしさがあり、かなり興奮できるでしょう。

また、特に20代後半を過ぎた女性の中には「男の人に自分の裸を見られるのが恥ずかしい…」と思う人の割合もけっこう多く、そういう人にとって電気を消してあげるという行為は、ふつうに彼の気遣いや優しさと受け取ってくれ、一緒にお風呂に入るハードルをグッと下げることにつながりますので、彼女をお風呂エッチに誘う際のテクニックとしてもぜひ試してみてください。

彼女とお風呂に入るときの注意点4つ

image7

彼女と一緒にお風呂エッチを楽しむときは、以下4つの注意点を守りましょう。

(1)お風呂場は隅々までキレイにしておく

「一緒にお風呂入ろうよ」と誘い、彼女も同意してくれたにもかかわらず、肝心のお風呂場が汚い状態では相手に幻滅されてしまうのがオチでしょう。せっかく彼と過ごす幸せなバスタイムが、お風呂の不潔具合で彼女のテンションもだだ下がりになります。
床や壁・浴槽などの目立つところはもちろんのこと、細かいパッキンの黒カビもしっかり落としておきましょう。
また、脱衣所も念入りに掃除しておきたいところです。髪の毛や陰毛がたくさん落ちているような脱衣所で喜ぶ女性なんてまずいませんからね。

(2)あまり彼女の身体をジロジロ見ない

いくら大好きな彼が相手であっても、女性にとって異性と一緒にお風呂に入るという行為は、いろいろな抵抗を感じるもの。その抵抗とは、単純に服を脱いだ素っ裸の状態を見られて「恥ずかしい…」という感情から、顔のすっぴんを晒すことへの抵抗、また、「ムダ毛の処理、大丈夫かな…」といった女性ならではの不安など多岐に渡ります。
そんな不安をかかえる中、お風呂場で相手の身体をジロジロ見てしまうと、それらの抵抗はますます大きくなっていき、彼女からは「彼と一緒にお風呂に入ると、いろいろストレスがたまってけっこう疲れる…」というイメージを持たれてしまい、そんなジレンマから次回以降一緒にお風呂入ることを提案しても「先に入って。わたし後で入るから」とあっさり断られてしまうかもしれません。

(3)愛撫は優しく丁寧にする

お風呂エッチでは、身体があたたまることで自然と膣も濡れやすくなり、さらにお湯やローションの水分が加わることで、通常時に比べて比較的スムーズにアソコを挿入することができます。
だからといって、彼女の同意なしに生で挿入したり、いつも以上に激しく突いたり、身勝手な振る舞いは絶対に止めましょう。身体はヌルヌルでも、彼女的にまだ気分が乗らなかったり、膣の中まで十分に濡れていない可能性だってあります。
まずは、優しく丁寧な愛撫や前戯をしてあげましょう。
冒頭でもお伝えしましたが、彼女と一緒にお風呂に入るうえで何より大切なのは、相手に喜んでもらおうというおもてなしのサービス精神です。もし彼女がその気になれないようであれば、挿入はナシでも良いかもしれません。相手の気持ちを優先し、時と場合によってはグッと我慢しましょう。

(4)水中での挿入は避ける

浴槽内は、いくら頑張って掃除をしてもけっこう雑菌がたくさん付着しているもの。つまり浴槽の中にお湯をはり、その状態で彼女の膣にアソコを挿入してしまうと、雑菌が膣の中に侵入してしまいとても危険なのです。
性感染症などのリスクも考えられますので、どれだけ気持ちが高ぶっても浴槽にお湯をはった状態での挿入は絶対に避けてください。

恋人と一緒にお風呂に入るのって、身も心も開放的な気分になり男性にとってはたまらなく興奮するもの。
しかし、自分の気持ち良さばかり優先しているようでは、彼女に悪い印象を与えてしまいかねません。
常に相手をおもてなしする精神で気配りを忘れず、彼女に喜んでもらうことを第一に考えて行動しましょう。

恋愛・デート #彼女 #お風呂 #エッチ

この記事のライター
tsuta
tsuta
フリーライター。 ユニークな恋愛経験が豊富で、今まで交際した女性は地下アイドル、歌手、風俗嬢、メイドカフェのメイドなどさまざま。その経験を活かし、恋愛に関する記事を執筆している。心理学や脳科学を使った恋愛アプローチも得意。