ママモデルが教える! イクメンを超える「イケダン(イケてる旦那)」になるための条件4つ

イクメン(子育てをするメンズ)という言葉も世の中に浸透し、昔に比べて男性も家事や育児を手伝いやすくなりましたよね。
でも今どきのママさんは、イクメンに匹敵するほど“イケダン”に興味津々らしいですよ。
“イケダン”とは、その名の通りイケてる旦那様の略。そしてただ家事や育児に協力的な姿勢をみせるだけではイケダンとは呼べないんだそうです。
今回は、イクメンを超える存在「イケダン」とは果たしてどんな人のことなのか、その特徴・条件についてママモデル4名の方に意見を聞いてみました。

イケダンの条件①▶仕事と家庭をバランス良くこなし、オンとオフの切替が上手

image1

「家の中にまで職場の仕事を持ち込まれるとちょっと困る…。オンとオフの切替が上手にできて、仕事と家庭をバランス良くこなす旦那さんは素敵だなって思います。」(29歳/女性/ママモデル)


ワーカーホリックな旦那様は、イケダンとは言えませんよね。
仕事に精を出して人一倍頑張る姿勢は認めますが、奥さんやお子さんのことを後回しにしては正直本末転倒。家族と過ごす時間も上手に作れてこそ真のイケダンです。

仕事は勤務時間内に終わらせる、そして家に帰ったら家族のことを第一優先に考えられる、オンとオフにメリハリをつけることで、集中力も途切れず仕事にたいするパフォーマンスも上がるのではないでしょうか。

イケダンの条件②▶結婚後もママのことを1人のレディとして扱える

image2

「『荷物は全部俺が持つから、ママはいつまでもハイヒール履き続けてほしい』って言われた時は、かなりキュンとしました。パパのためにも女性らしさを忘れないようにしようと思いましたね。」(33歳/女性/ママモデル)


女性は、結婚や出産を経ても女らしさを失いたくないと望むもの。そんな女性の気持ちを汲み取り、ママになっても独身時代と変わらず1人のレディとしてエスコートできる男性は、まさにイケてる旦那様の鏡。

「うちの嫁さ~、結婚してから老けたわ」「結婚前と比べて女らしさ全然感じないよ」などとグチる前に、一番身近な存在であるあなたの気遣いで奥さんの魅力を引き出してあげてください。
女性は結婚した後であっても、いつまでも旦那様にとっての特別な存在でいたいと思っているものです。

イケダンの条件③▶夫婦2人で協力し合える関係を作れる

image3

「息抜きに映画とかデートに誘ってくれるのは嬉しいんですけど、普段手の行き届かない家事ってたくさんあって、本音としてはそっちを手伝ってくれると助かるんですよね。」(38歳/女性/ママモデル)


独身時代には、掃除や洗濯を完璧にこなしていた男性でも、結婚すると家事全般の役割は奥さんに任せっきりになって、自分ではドコになにがあるのかさえ分からなくなってしまう男性って多いですよね。
当然家事は、毎日やらなければ後々しわ寄せが来るだけ。疲れている日も、やる気が起きない日もおかまいなしに襲ってきます。

そして、家事をソツなくこなす女性でもトイレや洗面台など汚物まわりの掃除や、手の届かない高い場所の掃除など、自分では出来ないことや苦手な領域ってどうしても出てくるんですよね。男性は気にならないとは言いつつも、やっぱり不衛生な家の中はイヤだという女性も意外と多いものです。

そんな奥様のためにも、自ら率先して「何か手伝うことある?」と一言聞いてあげましょう。奥さんが苦手なことは自分がカバーする、結婚後も夫婦2人で協力し合える関係を築けてこそ、真のイケダンです。

イケダンの条件④▶結婚後もオシャレに手を抜かない

image4

「わたし自身、仕事の都合上、毎日SNSに自分のコーディネートをアップしてたりするので、主人にもオシャレに気を使ってほしいかな。街中で夫婦揃ってオシャレだとステキだよね。」(34歳/女性/ママモデル)


家事や育児をバッチリこなせて、なおかつママへの気遣いも忘れない旦那さまでも、自分の見た目に対するオシャレを見失ってはイケダンとは呼べません。

たとえ平日はスーツ姿でかっこよく決めていても、休日になると1日中ジャージ姿で家の中をウロウロ…もっと最悪なのは、近所のコンビニまでも薄汚い恰好で買い出しに出掛けてはいませんか?
もちろん休日ですので、そこまでカチッと決める必要はありませんが、ラフの中にも清潔感を保ち、垢抜けたコーディネートが作れてこそイケダンです。

また独身時代とは違って、そこまで異性からのモテを意識する必要はありませんが、自分の顔立ちと体型に似合う、休日コーデぐらいは研究してみても良いのではないでしょうか。

育児や家事も手伝い、仕事もバリバリこなし、休日はオシャレに過ごす……今回ママモデルの皆さんに聞いた意見を集約するとイケダンへの道のりは相当ハードルも高そうに見えますが、もちろん全ての項目を完璧にこなす必要はありません。
まずは自分のペースで、改善できる範囲のことからコツコツと取り組んでいきましょう。
結婚をしたからといって、男としての役目は終わりというわけではありません。自分の奥さんやお子さんのために素敵なイケダンを目指しましょう。

恋愛・デート #イケダン #イクメン #イケてる #旦那 #特徴 #条件

この記事のライター
廣松 叶子
廣松 叶子
モデル・受付嬢・主婦 1991年9月16日生まれ。 「なんか、最近カッコよくなったね!」と女子から 言われるようなダンディになれる記事を書いていきたいです。
関連記事

父親になる覚悟できてる? 妻がはじめての妊娠で夫に期待すること

松井 遙

イクメンってどんな人のこと? ママも自慢しくなる「イクメンパパ」の条件7つ

安井カナ

ママ友に好感を持たれる旦那になるためには

斎加 爽

【結局こういう男が将来輝くのよ】女性が密かに狙う、光る原石を持つ男性の特徴4つ

藤本 由佳

「ねぇ、まだイケないの…?」セックスの遅漏改善に、オナニーのやり方を見直してみよう。

松本 ミゾレ

「年下が好き…」という男性にも知ってほしい、年上彼女と付き合うメリット4つ

彩香

【残念だけど、女性の大半が気づいてないよ?】ナルシスト男の自意識過剰っぷりが本気でイヤ。

藤本 由佳