洗濯しているのにクサい!「衣服」に染みついて落ちにくい“ニオイの元”を取り除く方法5つ

「ちゃんと洗濯してるのに服についたニオイが取れない…」「着ている服がすぐにクサくなる…」そんな悩みを抱える男性も多いのではないでしょうか。
タバコ・体臭・家のニオイ…日常に蔓延するさまざまな悪臭が染み込んだ衣服類は、他人だけでなく着る本人にも危害が及んでしまいます。
今回は、衣服に染みついて落ちにくいニオイの元をキレイに取り除く方法をご紹介します。嫌なニオイがしない服を身につけることは身だしなみと清潔感を保つ第一歩です。

洗濯しているのにニオイが落ちないのは何故?

image1

「毎回きちんと洗ってるはずなのに…」「屋外で十分に乾かしているのに…」と、しっかり洗濯しているのに、なぜか残ってしまう衣類に染み込んだ嫌なニオイ。

その原因は、衣類の繊維に絡みついてしまった「菌」にあります。ニオイの発生源である菌は少しずつ衣服に蓄積しながら繊維の奥まで入り込み、いつも通り洗濯機に洗剤を入れて洗って乾かし干すだけでは、十分に取り除くことができないほど衣類に吸着してしまっている状態なのです。

そんな衣類に絡みついてしまったニオイの元「菌」は、通常の洗濯工程に一手間加えることで、しっかり洗い落とすことが可能です。家事に不慣れな一人暮らしの男性でも簡単にニオイを落とせる方法をご紹介します。

方法①|洗剤には「粉洗剤」を使う

image2

洗濯機を回すときの洗剤に「液体洗剤」を使ってはいませんか?
水に溶けやすく扱いやすい、その上低コストで時短洗濯も可能……と使い勝手が良いために、ついつい便利なものを選んでしまいがち。しかし、衣類に染みついてしまった嫌なニオイを取り除くには『粉洗剤』がオススメなんです。

私も以前は、液体洗剤を使っていたのですが、「服にニオイが残りやすい」「洗濯槽から嫌なニオイがする」など悩みが多く、いろいろ調べた結果、粉洗剤に変えた経験があります。

また液体洗剤の多くは“中性”の性質を持ち、粉洗剤は“弱アルカリ性”の性質を持ちます。酸性の性質のある汚れ(ニオイの元)は、弱アルカリ性の『粉洗剤』で中和させて落とす方法が最適。少々使いにくくてもニオイ除去には『粉洗剤』がオススメです。

方法②|「煮洗い」&「漂白剤」で消臭する

image3

普通に洗濯するだけでは落ちにくいニオイの元「菌」は、熱湯や漂白剤の力でしっかり除菌することで消臭できます。

「煮洗い」とは、お湯を沸かした鍋に衣類を入れて、コンロで弱火にかけながら熱湯で除菌する方法です。しかし、熱に弱い衣服を洗う場合は、漂白剤の使用がオススメ。

洗濯用の「酸素系漂白剤」は色物の衣服にも使えるため、私も重宝しています。40℃程度のヌルめのお湯に漂白剤を混ぜて、20分ほど衣類をつけ置きすれば消臭効果が高まります。

私も、旦那が身につける靴下やTシャツなどの衣服類がクサくなってきたときには、休日にまとめてつけ置き洗いをしています。

方法③|「スチームアイロン」で蒸発させる

image4

「洗えないスーツやジーパンに限ってニオイがつきやすい…」と悩んでいる男性も多いはず。スーツにはタバコ・香水・焼肉屋の油のニオイなど、さまざまなニオイが混同して蓄積されやすく、その上洗いにくい……と、まさにニオイが染みつく衣服類の中でも天敵と呼ぶべき存在。

そんな自宅で洗いにくいスーツ類は、もしクリーニングに出せないタイミングでも「スチームアイロン」を使えば解決!

ニオイが染みついている衣服にスチームアイロンをあて、蒸気で湿らせると、ニオイの元である菌の粒子を蒸気が包み込んで除去してくれます。そして最後に、湿った衣服をドライヤーを使って乾かし粒子を蒸発させてあげれば完了。

もし自宅にスチームアイロンやドライヤーがない場合は、浴室乾燥機と蒸気が放出されるタイプのアイロンを使って、同じやり方で試しても問題ありません。

方法④|「セスキ炭酸ソーダ」につけ置きする

セスキ炭酸ソーダとは“弱アルカリ性”の物質を持ち、主にキッチンの油汚れや衣類の皮脂汚れを落とすために使われるお掃除アイテム。ドラッグストアで簡単に購入できます。

このセスキ炭酸ソーダを使ってニオイを除去する方法も簡単。
まずは、ヌルま湯にセスキ炭酸ソーダを適量溶かします。(水を触ると指先がヌルっと感じる程度)そこに衣類を入れて10~20分程度つけ置きしてから洗濯機で洗う、これだけです。もし毎日ニオイ除去したい場合は、洗濯機に洗剤と一緒にセスキ炭酸ソーダを入れて洗うやり方でもOKです。

※色落ちしやすい衣服、縮みやすくデリケートな衣服などはつけ置きできないものがありますので注意してください。
商品名

セスキの 激落ちくん(セスキ炭酸ソーダ 500g)

方法⑤|「ミョウバンスプレー」を吹きかける

ミョウバンは、除菌・消臭の効果が高く、制汗剤や消臭剤にもよく利用される成分。ドラッグストアやスーパーでは”焼きミョウバン”という名称で売られています。このミョウバンを使って、手軽にクサい衣類を無臭化できます。

ミョウバンを水に溶かした「ミョウバンスプレー」を、直接衣類に吹きかけるだけ。吹きかけた後に衣類をしっかり干して乾かせば、蓄積したニオイの元も取れやすくなります。簡単かつ低コストでニオイ除去ができますので、面倒臭がりな男性の方にもオススメの対策方法です。

◆「ミョウバンスプレー」の作り方
【1】空きのペットボトル(300ml)に市販で購入できる”焼きミョウバン”を30g(小さじ6杯程度)入れる。(冷暗所で1ヶ月程度保存できます)
【2】一晩置いてミョウバンが解けたら、10倍程度の水で薄めてスプレー容器に入れれば完成。
商品名

ミョウバンスプレー(2本セット)


今回は、仕事などで忙しい男性の方でも簡単にできる、衣類に染みついて落ちにくいニオイの元を取り除く方法についてご紹介しました。
もし「煮洗い」や「つけ置き洗い」なども忙しいからやりたくない…という男性の方は、洗濯槽に洗剤と一緒にミョウバンやセスキ炭酸ソーダを入れるだけでも、従来の洗濯方法よりも格段に消臭効果は期待できます。衣服類のニオイが気になるという方はぜひ試してみてください。

ライフスタイル #衣服 #衣類 #ニオイ #原因 #洗濯 #除去 #方法

この記事のライター
安井カナ
安井カナ
仕事が大好き33歳です。広告会社で働いていましたが、今はフリーライターとして活動中です。ここでしか出逢えない面白いコトを発信していきたいと思っています。
関連記事

【うわぁ…クッサ!】足のニオイが発生する原因と、ケア対策におすすめのグッズ2つ

猫女

一人暮らしの男性が覚えておきたい、女子ウケを心得た「オシャレ部屋」の演出ポイント3つ

安井カナ

すれ違い、密集、接近時……女性が好きな「男性の香り」について意見を聞いてみた。

上田 愛子

【口のニオイ、大丈夫?】ビジネスマンが常備しておきたい「口臭ケア」グッズ4つ

浅田ちひろ

自分では気づきにくい脇のニオイ……男の「ワキガ予防」におすすめ対策4つ

浅田ちひろ

【オトコの口臭チェック】自分では気づきにくい「口臭のニオイ」の原因を引き起こす生活習慣8つ

安井カナ

【ビジネスマンの口臭対策に!】ニオイケアに絶対揃えておくべき優秀アイテム4つ

黒田 亜希子