すね毛のメカニズムは? 自分に合った方法で正しく処理しよう!

膝(ひざ)から踝(くるぶし)にかけて生える「すね毛」。
すね毛がたくさん生えていると、特に夏などハーフパンツを穿いたときに見た目がカッコ悪く、ムダ毛の一種から異性にマイナスイメージを持たれてしまう可能性があります。

男性の中には、今まさにすね毛の処理を検討中の方、もしくはこれまで何度かすね毛を処理したことのある方もいるでしょう。
しかしすね毛は、間違った方法で処理すると肌トラブルを引き起こす場合もあるため、正しい方法で処理することが大切です。
今回は、そんな「すね毛」のメカニズムから自分に合った正しい処理方法まで詳しく解説したいと思います。

すね毛の役割、すね毛のメカニズムとは?

image1

「すね毛」は、外部刺激から肌を守る役割、刺激を察知する感覚機能、紫外線をカットする役割などを持ちます。

すべての体毛は、ヘアサイクルに合わせて生え変わりを繰り返しているため、ある程度の長さになると自然に抜けてしまいます。

また人の体毛には、毛が伸びる“成長期”、毛の成長が止まる“退行期”、毛が自然に抜ける“休止期”があり、男性のすね毛は、男性ホルモンの影響で成長しやすい点が特徴です。

すね毛が伸びるスピード

体毛が伸びるスピードは、それぞれ身体の部位によって異なります。すね毛の場合は、1日に0.2~0.4mm伸びるとされており、成長期の周期サイクル(一度抜けた毛が新しく生えかわるまでの期間)は、約3~5ヶ月となっています。

すね毛が「濃い人」と「薄い人」は何が違う?

すね毛が長くて濃い人もいれば、薄い人もいます。
この違いが生じる原因は、ホルモンバランスの影響によって体毛の濃さが変わるからです。
髪の毛は女性ホルモンのエストロゲン、眉毛から下の部位に生える体毛は、男性ホルモンのアンドロゲンが成長を促しているのです。

つまりすね毛が濃い人は、人よりも男性ホルモンのアンドロゲンの分泌が多かったり、感受性が強かったりするという特徴があるといえるでしょう。
また男性ホルモンの過剰分泌によって体毛が濃くなる「多毛症」という病気もあります。

自分に合った「すね毛」の処理方法

image4

すね毛の量を減らしたい、すね毛を完全になくしたい場合は、間違った処理に注意しましょう。
肌トラブルを引き起こし、見た目も汚くなる恐れがあります。自分の目的に合った正しいすね毛の処理方法は、次のとおりです。

(1)すね毛の量を減らしたい人は、すきばさみ

まずすね毛の量を減らしたい場合は、「すきばさみ」を使いましょう。すね毛専用のすきばさみはありませんので、ホームセンターや薬局、ドラッグストア、100円均一などで売っている一般的なすきばさみを使います。

(2)すね毛を完全になくしたい人は、シェーバーかカミソリ

すね毛を完全になくしたい場合は、「電気シェーバー」か「カミソリ」を使いましょう。常にすね毛がない状態を保ちたい人の場合は、毎日剃ることになります。また、間違った方法ですね毛を処理すると、繊細な肌を傷つけ取り返しのつかないトラブルを招く危険もありますので、正しい方法で処理しましょう。

すね毛処理の手順

image5

すね毛を処理するにあたり正しい方法と手順を確認しておきましょう。
すね毛を薄くしたい人のための「すきばさみ」と、すね毛を完全になくしたい人のための「シェーバー」や「カミソリ」を使った処理方法をご紹介します。

(1)すきばさみを使った処理

「すきばさみ」を使ったすね毛の処理は、基本的にハサミを肌に密着させてカットしていくだけですので、特に難しい技術は必要ありません。
肌を傷つける心配もありませんが、皮膚をはさまないように気をつけてください。
また、部分的にすね毛の濃さが違うと見た目に違和感が生じるため、均等にカットすることを意識しましょう。

(2)電気シェーバーやカミソリを使った処理

「電気シェーバー」や「カミソリ」を使ってすね毛の処理をする場合は、剃る前に必ずシェービングクリームを塗りましょう。
また電気シェーバーの中には、シェービングクリームが非対応のタイプもありますので、事前に確認が必要です。

【手順】
①:まず蒸しタオルを使ってすね全体を温め、毛を柔らかくしておきましょう。
②:次に、すね毛が気になる部分にシェービングクリームを塗り、カミソリを当てて一定方向に動かして剃ります。
③:最後の仕上げに、逆剃りをしてください。(ただし、何度も逆剃りをすると肌への負担が大きくなるため、最後に1回だけ逆剃りするようにしましょう)
④:すね毛を処理した後は、膝全体を化粧水で保湿ケアしてください。

避けた方がいい「すね毛」の処理方法

image6

すね毛の処理には、肌に負担をかけるため、避けた方がいい処理方法もあります。
次に挙げるような処理方法は、絶対に避けましょう。

・毛抜きで抜く

毛抜きですね毛を抜くと、皮膚が破れてしまう危険があります。
場合によっては、新しいすね毛が生えてくる前に皮膚が閉じてしまい、皮膚の下に毛が埋まってしまうことにもなるでしょう。
これを「埋没毛(まいぼつもう)」といい、ぽつぽつとした黒い点々がたくさんあるように見えるため、非常に見た目が悪くなります。

・除毛クリームで剃る

除毛クリームは一見便利な処理方法ですが、除毛クリームの中には毛のタンパク質を溶かす成分が含まれている商品もあるため、除毛クリームを使ってすね毛を剃ると、同じくタンパク質でできている肌まで溶かしてしまう恐れがあります。
その結果、肌トラブルに繫がる危険性が高まるため、除毛クリームでのすね毛処理も避けた方がいいでしょう。

・ブラジリアンワックスで剥がす

ブラジリアンワックスは、膝に毛を固めてまとめるためのワックスを塗り、その上から専用のシートを被せ、所定の時間が経ってから一気にシートを剥がし取るという処理方法です。
ブラジリアンワックスも毛抜きと同じく、埋没毛のリスクが高いため、避けた方がいいでしょう。
また、すね毛を剥がす際に肌を傷つけるなど、肌トラブルに繫がる可能性が高い処理方法といえます。

・脱色させる

脱色をすれば、すね毛の色を抜くことで目立ちにくくできます。また毛のタンパク質には反応しますが、除毛クリームとは違って肌のタンパク質には反応しにくいため、肌トラブルのリスクも抑えられるでしょう。
しかし、それでも赤みやかぶれなどのトラブルが起きやすい処理方法のため、できれば避けた方が無難です。

今回は、「すね毛」のメカニズムから正しい処理方法までご紹介しました。
自宅ですね毛を処理する際は、すきばさみで薄くする、もしくは電気シェーバーやカミソリで完全になくす処理方法をおすすめします。
また日ごろのお手入れが面倒な方は、脱毛を検討してもいいかもしれませんね。
すね毛を正しく整えて、ハーフパンツが似合うオトコを目指しましょう。

健康・メンズ美容 #すね毛 #役割 #メカニズム #処理

この記事のライター
加藤良大
加藤良大
歴7年のフリーライター。アパレル企業からライターに転身し、医師監修記事の元原稿や美容記事の執筆本数は10,000本を超える。前職の経験を活かし、ファッション記事、ビジネス記事など幅広く手掛ける。