【同じ職場で働く男性へ】生理中の同僚女子はこんな「不安」や「悩み」を抱えています!

職場で女子が困ることと言えば、生理の悩み…。
実際問題、仕事中アレコレと不安に思うことも多いのですが、同僚の人たち(主に男性)に気づかれることが恥ずかしく、ひとり頑張ってひた隠しにしている人がほとんど。
今回は、そんな同僚女子が生理中に職場で抱える不安や悩みについてご紹介したいと思います。男性の皆さんは決して経験することのない生理。職場で働く女子たちは基本的に毎月こんな憂鬱な不安と闘っています。

生理痛で仕事に集中できない

image1

生理中の悩みで最も多いのが「生理痛」。腹痛・頭痛・腰痛・吐き気など症状は多岐にわたります。お腹の痛みは、ズンズンと鈍い痛みが長期間続く時もあれば、立てないほどの激痛に襲われる時もあり、その日の体調によって痛みのレベルはさまざま。

そのため生理痛に耐えられる日であれば問題ないのですが、朝起きて生理痛が酷い時は通勤するのさえ耐え難い日もあります。

少しのミスでも泣きたくなる

image2

生理中はホルモンバランスが乱れる関係で、「感情のコントロールが効かなくなる」ことも症状のひとつ。自分でも解決しようがなく、意志や気合いではどうにもならない女子も多いのです。

普段なら気持ちの切り替えが上手にできる女子でも、生理中は少しのミスで戸惑ってしまい、上司から少し注意されただけで勝手に涙がポロリとこぼれてしまう時もあります。

何でもないような事にイライラする

image3

生理中は普段と何ら変わらぬ日常に対して、なぜか朝からイライラが続いてしまうことがあります。そして、仕事で部下がミスしたり、同僚からつまらない愚痴をこぼされると、そのイライラはさらにヒートアップ。

心の中で「落ち着け…」「気にしないようにしよう…」と自分を抑えようとしますが、知らない間に態度に出してしまい、そんな自分に嫌気がさすことも少なくありません。感情の起伏が激しい上に、頭の回転も鈍くなるため、仕事のパフォーマンスが下がってしまうことも悩みのひとつです。

どうにもならない眠気が襲う

image4

生理中は生理の症状が訪れる前から、ひどい眠気に襲われます。もし普段は遅刻など一切しない真面目な同僚女子が、朝つらそうに遅刻ギリギリで出勤してきた場合は生理の可能性大です。

きっと男性の方でも一度ぐらいは経験があると思いますが「睡眠不足で起きるのが辛い」とは感覚が大きく異なります。「体が重くて全く力が入らない」というダルさと、ひどい倦怠感が訪れ「私もうダメかも…」といううつ状態にも近いやる気の低下といった症状が特徴的です。

私も生理による眠気がひどく、生理の度に「なんでこんなダメ人間なんだろ…」と落ち込んでしまいます。

ニオイに敏感になって吐き気を催す

image5

タバコやお酒のニオイ・排気ガスのニオイ・男性の体臭・飲食店の油のニオイなど……生理中は体内環境が変化する影響で、嗅覚が鋭くなります。普段は気づかないような生活臭にも敏感に反応してしまい、ニオイを嗅ぐ度に頭痛や吐き気・めまいに襲われます。

職場の同僚男性がよくやりがちな汗臭さを香水のニオイでごまかすという行為も、ニオイに敏感な生理のタイミングではついウンザリしてしまい、ハンカチを鼻にあてて遠回しに嫌悪感を示すのは決して私だけではないはずです。

服装が限定される

image6

生理中は”漏れ”を気にして、白やベージュなど汚れが目立つ色の服装は控えるのが常識。そのため、職場に着ていける服が限られて「着ていく服がない!」という悩みも良くありがちなんです。

職場に制服があると尚更やりづらく、汚れが目立つような薄い色の制服だと「血が漏れたら…と思うと仕事に集中できない」「汚れが落ちずに制服の替えがない」といった悩みも多くなります。

肌荒れで化粧のノリが悪い

image7

生理中は肌荒れが起きやすく、突発的にニキビが増えたり肌がカサカサに乾燥してメイクのノリが悪く、働く女性…とくに人前に出て話す機会の多い営業職の人にとっては大きな悩みの種。

私も生理の影響でニキビができやすく、そういう時に限って同僚男性に「肌荒れてるね、飲み過ぎじゃない?」「今日スッピン?」などと冗談半分にからかわれて、リアクションに困ることも多々ありました。

何度もトイレに行きたくなる

image8

生理中の汚れたナプキンは気持ち悪いし、ムレてニオイがしやすいのもよくある悩み。そのため、職場でも度々トイレに行きたくなります。

しかし、あまりにも仕事中トイレに行く回数が多いと、同僚から「お腹痛いのかな?」「生理だな…」「さぼり?」などと、色々勘ぐられる懸念があるため、満足にトイレに行けないのが本音。

トイレに行く回数が多い同僚女子がいたら、そしらぬ顔をしてあげるのが一番の優しさです。

生理が終わるとテンションが上がってしまう

image9

生理中は生理痛やイライラでやる気のない態度でも、生理が終われば人が変わったように気分が明るくなります。原因は単に気持ち的な問題ではなく、女性ホルモンが関係しています。自分はニュートラルでいたいのに、やけに楽しくなってしまう事もしばしば。

気持ちがスッキリするのはいい事なのですが、そんな感情の起伏が激しい自分に対して嫌悪感を抱いてしまう女性も多く「他人を振り回してばかりだな」「自分勝手な性格なのかも…」と反対にそのギャップに対して悩みを抱えてしまうこともあります。

生理中の同僚女子が仕事で抱える不安や悩みは、個人の体質によって症状の大きさもまったく異なります。毎月なんとか乗りきれている女子もいれば、出勤できないほど深い悩みを抱えている女子もいるはずです。
基本的に生理とは無縁の男性ですが、同じ職場で働く同僚女子に対しては、生理中の苦しみに少しでも理解を示してあげること、そして万が一の時には「生理休暇」など、有給取得できる職場(チーム)環境を整えてあげることではないでしょうか。

仕事・ビジネス #生理中 #職場 #同僚女子 #仕事 #悩み #不安

この記事のライター
安井カナ
安井カナ
仕事が大好き33歳です。広告会社で働いていましたが、今はフリーライターとして活動中です。ここでしか出逢えない面白いコトを発信していきたいと思っています。
関連記事

会社の飲み会に行きたくない…! 職場の人間関係を壊さない上手な「断り方」6つ

安井カナ

これほど心強い味方はいない! 職場にいる「男前女子」の特徴と向き合い方のコツ

安井カナ

職場の同僚女性が、あなたに「悩み」や「相談」を聞いてほしい時に出すサインとは?

和田 千恵美

これで気まずくならない! 上司や先輩からの飲みの誘いをスマートに断る方法

江口えみ

職場の同僚女性に嫌われたくない男性が心得るべき、好感度を上げるためのマナー4つ

下田 有紀

“受け取りやすいモノ”が絶対条件。女性が職場の同僚男性からもらって嬉しかったプチプレとは?

上田 愛子

何を考えているかわからない……職場の上司が抱える「心理」とは?

高萩 陽平