【職場の同僚女性がめでたく妊娠!】そんなときって具体的に何してあげればいい?

職場の同僚女性がめでたく妊娠!
もちろんオメデタイ事……とはいえ実際問題は、職場という身近な状況で妊婦さんと一緒に働く状況に戸惑ってしまう人、特に男性の方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、職場の同僚女性が妊娠したときに「具体的に何してあげればいいの?」とお困りの皆さんへ、お腹の中に子を授かる妊婦さんとの仕事中の接し方・気遣い方について私自身の体験談も交えてご紹介したいと思います。

まずは「おめでとう」の言葉と、味方である意思表示を示すこと

image1

特に初めて妊娠をした女性の中には、職場に妊娠の報告をする際、「他の同僚に迷惑がられそう…」「理解してくれるかな…」と多分に不安を抱えているケースも少なくありません。
実際に私も以前働いていた職場では、上司や部内からの反応が心配でなかなか妊娠報告できずにいたものです。

そのため同僚女性が妊娠したときには、まず歓迎ムードを作ってあげることが大事。妊娠した女性には「おめでとう!みんなで協力するから無理せず頑張ろう」などと、祝福の言葉とともに味方である意志表示をしてあげてください。

ほんのちょっとした気遣いのある言葉を掛けてあげるだけでも、妊娠した同僚女性には不安を取り除く特効薬になります。

遅刻・早退・当日欠勤など…勤務形態を柔軟に対応できるようにしてあげること

image2

妊娠が発覚するとまず訪れる症状は「つわり」。主に”吐き気”に悩まされることになるのですが、症状の重さには個人差があり、脱水症状になるほど嘔吐するケース、軽い胸焼け程度のケースと人によってさまざま。
また、つわりの辛さが傍からみて分かるケースもあれば、分かりにくいケース、そして「つわりで辛い」と率直に言える人と言い出せない人もそれぞれ。本人の中では出勤して仕事をしたい気持ちがあっても、突如つわりの症状がひどくなり当日欠勤せざるを得ない女性もいます。

そのため、同僚の女性が妊娠したときには、遅刻や早退・当日欠勤など勤務形態を臨機応変に対応できる組織体制をできるだけ早急に作ってあげることが大切です。
特につわりの症状が最もひどくなる妊娠発覚から約2〜3ヶ月ぐらいは、遅刻・早退・欠勤の可能性を踏まえて柔軟に対応してあげましょう。たとえ冗談でも「つわりくらいで休まれると困る」などと無神経な発言をしては絶対にいけません。

仕事の継続や仕事の量は、本人と相談の上決めてあげること

image3

同僚として働く女性が妊娠した際、まずはじめに気遣うこととして「仕事量の調整」を思い浮かべる人も多いと思います。

しかし本人の意見もロクに聞かず、勝手に「無理できない体だろうし、仕事の量減らすね」「時短勤務できる部署に異動したほうがいいよね」などと意思決定してしまうと、本人は気遣いのつもりでやっていることでも相手によっては“マタハラ”と受け取られてしまう可能性もあります。

妊娠しても元気があれば今まで通りフルで働きたい女性もいますし、キツイ業務でも既存のチームから外されたくないと希望している女性もいるからです。

仕事の継続や仕事の量(業務負担)を調整するときには、まず本人の意思を聞いてあげましょう。そして万が一、会社都合で本人の希望がかなわない場合でも、妊娠した同僚女性のことを意思決定の材料として使うのではなく、率直な理由をきちんと伝えてあげてください。

“お腹に力の入る動作”や“体力が消耗する動き”には特に気を遣ってあげること

image4

妊娠した同僚女性のワークスタイルは変わらずとも、体への負担は軽減しなければなりません。働く妊婦さんの中には、自分の妊娠がきっかけで周りに迷惑をかけてしまっているという後ろめたい気持ちから、妊娠前と変わらず、もしくはそれ以上に気負って業務に取り組んでしまう女性も意外と多いため、周囲は気を配って見守りつつ、積極的に気遣いをしてあげる必要があります。

例えば「重い荷物を持たせない」「走らせない」「長時間立たせない」「近くでタバコを吸わない」…等。中でもお腹に力が入る動作や体力を消耗する動きは、流産や早産に繋がる可能性が高まりますので特に気を配ってあげましょう。

男性のほうから積極的に妊婦さんの歩幅に合わせてあげたり「荷物持つよ」という一声を掛けてあげると、妊娠した同僚女性も、無理をせず安心して働くことができるはずです。

想定外を考慮し、早めの引継ぎ・バトンタッチできる体制を整えてあげること

image5

妊娠した同僚女性と同じ職場で男性に心得てもらいたいことは「順調な妊娠は意外と少ない」ということ。ひょんなきっかけで流産や早産になる確率も高く、緊急入院を要したり、職場でいきなり体調が悪くなるケースも意外と多いのです。

私自身も、妊娠した当時働いていた職場で、まだ引継ぎが完了していない段階にも関わらず、いきなり早産のため緊急入院することとなり、会社そして同じ職場で働く同僚たちに大迷惑をかけてしまった過去があります。

そんな非常事態を招かないよう、妊娠した同僚女性とは小まめに情報共有をしつつ、いざというときにいつでも業務をバトンタッチできる体制を整えておきましょう。

職場復帰後の「育児ボケ」にも理解を示してあげること

image6

働く妊婦さんには、ツライ妊娠生活・出産を終えた後にも苦悩が待っています。これも男性にはなかなか理解されない職場復帰後の「育児ボケ」。

「育児ボケ」とは、子供との生活ペースに慣れてしまい、ビジネス現場でのスピード感についていけなかったり、育児疲れのせいで頭の回転が鈍ってしまうこと。せっかく職場復帰を果たしても、肩身の狭い思いをする女性も多いのです。

同僚の女性が妊娠したときには、妊娠中だけでなく職場復帰後も最低一か月程度は、手厚いフォローや小まめなコミュニケーションを意識してあげると、ママになって妊娠中とはまた違った不安を抱える彼女たちも、心の底から安心して働き続けられる職場環境が提供できるはずです。

【私のマタハラ体験談】

image7

私も広告代理店在職中に妊娠が発覚し、生まれる直前まで働いていました。その頃に経験したマタハラはとてもツラく何度も諦めかけたほど……。

「妊婦にできる仕事はない」「職場復帰してもお願いしたい仕事はない」などと、妊婦を邪魔者扱いするような待遇を受けました。それでも妊娠中に退職してしまうとその後再就職しづらいという、これまた悲惨な現状が待ち構えているため、必死にしがみついて仕事をしていた記憶があります。

少子化の影響もあり、社会全体が妊娠・育児に理解が進んでいるとはいえ、まだまだ妊娠をきっかけに辛い待遇を受ける妊婦さんがたくさんいることが現実なのです。

女性の妊娠・出産は、夫や家族だけでなく職場の協力が必要不可欠。そして男性の方が妊婦の立場を完璧に理解することは難しいと思いますが、接し方の注意点と気遣うポイントを身につけておくだけでも対応はしやすくなるはず。
「職場で一緒に働く同僚の女性から妊娠報告受けたけど、実際に何すればいいんだろ?」と悩む方にとって少しでも参考になれば幸いです。

仕事・ビジネス #職場 #同僚女性 #妊娠 #何する? #対応 #接し方 #気遣い

この記事のライター
安井カナ
安井カナ
仕事が大好き33歳です。広告会社で働いていましたが、今はフリーライターとして活動中です。ここでしか出逢えない面白いコトを発信していきたいと思っています。
関連記事

会社の飲み会に行きたくない…! 職場の人間関係を壊さない上手な「断り方」6つ

安井カナ

これほど心強い味方はいない! 職場にいる「男前女子」の特徴と向き合い方のコツ

安井カナ

職場の同僚女性が、あなたに「悩み」や「相談」を聞いてほしい時に出すサインとは?

和田 千恵美

これで気まずくならない! 上司や先輩からの飲みの誘いをスマートに断る方法

江口えみ

職場の同僚女性に嫌われたくない男性が心得るべき、好感度を上げるためのマナー4つ

下田 有紀

“受け取りやすいモノ”が絶対条件。女性が職場の同僚男性からもらって嬉しかったプチプレとは?

上田 愛子

【同じ職場で働く男性へ】生理中の同僚女子はこんな「不安」や「悩み」を抱えています!

安井カナ