子育てには、いくらかかる?子供が成人するまでの養育費(平均)をまとめてみた

現在の少子化問題の原因のひとつに結婚してからの子供の養育費があるのはご存知ですよね。
子供の養育にはお金がかかると言われていますが、では一体いくらかかるのか?
世間で一般的に成人扱いとなる大学卒業までの22年間にかかる、平均相場で考えた時の費用をまとめてみました。

出産から1歳になるまでにかかる費用

子育てには一体いくらかかるのか、まずは最初の一年でかかる費用ですが、
・食費 約7万
・被服費 約16万
・生活品 約15万
・保育費 約6万
・保険など 約20万
・旅行など遊行費 約10万
おおよそで、このような値段になります。

これは一般的な費用の平均額として算出されたもので、未就学児でも年間約84万円もかかるのです。こうして考えると、子育てには相当な費用がかかるということが容易に想像できます。

1歳から学齢前までにかかる費用

小学生に入るまでに、前述した費用が毎年かかってきます。ここまでの累計でかかった総費用は、84万×6年間で約500万円という計算になります。

子育て費用がかかるから、子供はいらないという世帯が多くなる理由がなんとなくわかる気がしますね。

しかし実際には子供手当てなど、自治体からの交付金があったりするので、自己負担分はこれよりかなり低い額になります。

小学校から中学卒業までにかかる費用

小学生に入ると、それまでにかかっていた費用がさらに掛かるようになります。
学校の通学に必要な道具や教材費、食べ盛りになるので食費も大きくなって来るでしょう。

平均的な試算では、小学生一年間当たりで115万円と言われています。
中学生に入ると部活などの諸活動にかかる費用も出てくるので、年間155万まで増え、中学卒業までに必要な金額は、累計で1700万を超える数字になるのです。

高校から大学卒業までにかかる費用

義務教育までは、教育費にそれほど大きな差はありませんが、高校からは私立と公立によって大きく学費が変動してきます。

一般的な平均では、公立40万、私立92万円と言われていて、大学4年間では、国立242万円、私立文系386万円、私立理系518万円という金額です。

これに加えて基本的な食費などの費用を含めると、大学卒業までにかかる費用は2000万~3000万という数字に達します。

ひとりあたり3000万というのは、あくまで22年間の累計金額です。
一年あたりでは約130万ということになり、さらに補助金などが含まれるとさらに低い金額になってきます。
こうして考えると、お金の面でも色々な人に助けられて子育てができるのだと実感できますね。

Cover画像: pixabay.com

ライフスタイル #子供 #子育て #養育費 #平均 #成人 #少子化 #いくら #お金 #費用 #結婚

この記事のライター
猫女
猫女
駆け出しのライターです。 幅広くいろんな記事を書きながら、なるほどと思わされることが たくさんある毎日を送っています。
関連記事

彼女が結婚してくれない…そんな男性に朗報! 実験で証明された、彼女に結婚を意識させる方法

高萩 陽平

【できちゃった結婚した私が教えます!】彼女の妊娠発覚から幸せな結婚へ繋げるために男性が心得るべきこと6つ

安井カナ

父親になる覚悟できてる? 妻がはじめての妊娠で夫に期待すること

松井 遙

旦那に理解してもらえなかった「妊娠」「出産」の苦労話

安井カナ

イクメンってどんな人のこと? ママも自慢しくなる「イクメンパパ」の条件7つ

安井カナ

子供っぽくならない! 大人の「ハーフパンツ」コーデ術10パターン

猫女

女性が「この人の子供が欲しい、産みたい!」と思う男性とは?

浅田ちひろ