男だって日焼け止めを塗るべき!「紫外線」が体に及ぼす悪影響とは?

多くの男性は、女性と違って「紫外線による影響」をあまり意識せず生活してきたのではないでしょうか。とくに日光や日差しの強い夏の日でもわざわざ日焼け止めを塗って過ごすという男性も少ないかと思います。
しかし、男だからといって「紫外線」を侮るなかれ。「紫外線」は体にこんな悪影響を及ぼします。

「紫外線」の悪影響 その①|老化

基本的に紫外線にはA波・B波・C波の3種類があり、この中のA波とB波が主に「老化」を引き起こす原因となります。

A波の紫外線は、真皮という肌の奥深い部分まで届く紫外線のこと。肌の弾力とハリを保つのに必要なコラーゲン・エラスチン線維を破壊して、シワの原因を作ります。

B波の紫外線は、メラニン色素を作るのが特徴的。大量の紫外線を浴びた場合は、このメラニン色素が過剰に生成されてしまい、色素沈着を起こし後にシミができる原因となります。

日焼け止めに表記される「PA(プロテクショングレイドオブUVAの略)」は、おもにA波の紫外線予防に、「SPF(サンプロテクションファクターの略)」はB波の紫外線防止に役立つと覚えておいてください。

「紫外線」の悪影響 その⓶|薄毛・抜け毛

男性だと特に気になる「髪の毛」事情。紫外線は、頭髪のみならずやはり頭皮も傷める原因となります。

紫外線を浴びたことで老化した頭皮は、発毛などに必要な水分が失われ「薄毛」や「抜け毛」の原因となります。

日差しの強い日の帽子は、汗で頭が蒸れるし好きじゃない…という人は色やニオイのつきにくいスプレータイプの日焼け止めを頭部に使ってみてください。この対策だけでも十分紫外線防止効果があります。

そして帰宅したら、なるべく速やかに洗い流すようにしてください。

「紫外線」の悪影響 その③|免疫力低下

人間は、外からの異物を体内に入れないために自己防衛機能を持っています。

これを「免疫」と言いますが、紫外線を浴びると免疫機能が低下もしくは働かなくなるため、ウイルスなどの異物侵入にたいして無防備な状態になります。

風邪をひいた時にできるヘルペスが、日焼け後にもできやすいのはこの免疫力低下が影響しているから。日本では昔から「日光浴をすれば風邪をひかない」という言い伝えがありますが、実際は逆なのです。

「紫外線」の悪影響 その④|皮膚がん

「皮膚がん」の原因になると言われているのがB波・C波の紫外線です。

C波は、地表には届かないと言われていましたが、近年のオゾン層の破壊によって危ぶまれてきています。

紫外線は、細胞の遺伝子を傷つけます。この紫外線を多量に浴びすぎると傷ついた細胞が元に戻らなかったり、間違って修復されてしまうこともあり、これが皮膚がんの原因につながります。

とくに日焼け後に皮膚が赤くなってしまう人は要注意。男性といえども必ず日焼け止めを常備し小まめに塗るよう心掛けましょう。

「紫外線」が体に及ぼす悪影響を少しはお分かりいただけましたか?
男だし、ちょっとぐらい日に焼けたって問題ない…はかなり時代遅れの考え。浴びた紫外線のケアを小まめにしないと、老化のみならず恐ろしい病気につながる可能性だって否定できません。紫外線予防の日焼け止め対策を、今すぐに始めてください。

健康・メンズ美容 #紫外線 #日光 #日差し #日焼け止め #悪影響 #体

この記事のライター
桃子
桃子
猫愛好家♪ マイブームはアメーバピグ。 流行に敏感なライターであることを心がけています^^
あわせて読みたい記事

カッコイイ男の「サングラス」選びは、あの海外セレブ達から学べ!

きたの奈々

日焼けの夏に紫外線が肌に及ぼす恐怖!その原因は?

峯田ルミ子

【関東】彼女との小旅行、日帰りデートにぴったりなスポット4つ

下田 有紀

紫外線の対策できてる?男性の日焼け肌スキンケア方法

猫女

梅雨は“あのニオイ”が強烈なんです…! 男の「体臭」チェックポイント6つ

安井カナ

理想のカラダを手に入れたい! 寝る前にやること、やってはいけないこと

結城 友美

【「アソコの毛」を剃る前にチェック!】おとこの「陰毛処理」あるあるの失敗パターン6つ

安井カナ

剃っても残る…!しつこい「青ひげ」におすすめの対策方法7つ

安井カナ