プロが徹底解説! パーソナルトレーニングを受けるメリットとは?【体験談付き】

筋トレやランニングで肉体作りに取り組み始めたはいいものの、なかなか成果が現れない…とお悩みの人はいないでしょうか?
そんな人は、一度パーソナルトレーニングを受けてみることをオススメします。

今回は、パーソナルトレーニングとは具体的にどのようなものなのか?について、パーソナルトレーニングを受けるメリットや実践する場所、パーソナルトレーナーの選び方、そして実際にプロの立場からパーソナルトレーニングを指導した方々の体験談もあわせてご紹介したいと思います。

パーソナルトレーニングとは?

image1

そもそも「パーソナルトレーニング」とはどのようなものかご存知ですか?

パーソナルトレーニングとは、簡単に言えばトレーナーがマンツーマンでトレーニング指導をしてくれるサービスのことを言います。

昔はパーソナルトレーニングと言えば、主にプロのスポーツ選手が自分のカラダを管理するために個人契約で雇ったトレーナー陣のことを指しましたが、現在は一般の方のボディメイクや健康管理・リハビリテーションなど、さまざまな目的でパーソナルトレーニングが利用されています。

では、実際にパーソナルトレーニングをつけてカラダを鍛えた場合と、個々人それぞれのトレーニング手法でカラダを鍛えた場合とでは、具体的にどのような違いが生まれるのでしょうか?
次項からは、パーソナルトレーニングをつけてトレーニングに取り組むメリットについて解説したいと思います。

パーソナルトレーニングのメリット①|自分に合ったトレーニングが受けられる

image2

まずパーソナルトレーニングでカラダを鍛える最大のメリットとしては、質が高く効果的なトレーニングに取り組めるということです。

特にトレーニング知識が乏しい人にとっては、プロのトレーナーによる管理・指導のもとカラダを鍛えることで、間違ったトレーニング手法などで無駄な時間を過ごすこともなく、自分がなりたい理想の体型作りにより最短距離で目指せるようになるでしょう。

またパーソナルトレーニングを利用すれば、その人の体力・性別・体型・目標・目的などに合わせて、トレーナー陣が数多くのエクササイズの中から個々人に合った最適なエクササイズメニューを選択し指導してくれます。

パーソナルトレーニングのメリット②|トレーニングの管理をしてくれる

image3

パーソナルトレーニングを受講している時は、基本的に各トレーナー陣がトレーニング時の様子や筋力向上の成果を確認しながら、負荷ボリュームを増やすタイミングやエクササイズのメニュー変更、そしてトレーニングの回数やセット数などの量を細かく管理・調整してくれます。

また、たとえ直接指導を受けていない時間帯であっても、トレーニングに関する質問や相談も気軽にできますので、不安や疑問に思うことをその場ですぐに解決しトレーニングに集中して取り組める点も、パーソナルトレーニングを利用するメリットと言えるでしょう。

パーソナルトレーニングのメリット③|食生活のアドバイスを受けられる

image4

本格的にカラダを鍛えたり、肉体改造に取り組む際は、毎日のジム通いやマメな運動だけでは変わりにくいのが正直なところ。運動と並行して食事の管理も徹底しなければ、トレーニングの効果も成果になりにくいのです。

そこでパーソナルトレーニングを利用するメリットとしては、トレーニング時のサポートや指導のみならず、日々食事の際に摂取するメニューの中身をチェックしてくれたり、具体的に何を食べればいいのかをフィードバックしてくれる点が挙げられるでしょう。

また、中には毎食の食事内容を、わざわざ写真に撮って提出することを義務付けているというトレーナーもいます。
取り組みはじめの当初こそ、多少の面倒臭さを感じることもあるかもしれませんが、食事の管理はトレーニングのメニューに匹敵するほど大事であることに加えて、補給すべきエネルギー源や不足している栄養素、また摂取するタイミングなど、食生活のアドバイスには多少の専門知識を要するため、自分もしくは家族のサポートだけではなかなか正しい管理がしにくく、カラダを本気で変えたいのであればパーソナルトレーニングを活用するのがベストでしょう。

パーソナルトレーニングのメリット④|モチベーションが上がる

image5

またパーソナルトレーニングを利用するメリットは、トレーニングや食事の管理だけではありません。
トレーニング中も、限界まで追い込めるようにサポートをしてくれたり、きついトレーニング中には気持ちを鼓舞して励ましてくれるなど、まさに二人三脚の精神で辛さや苦しみを共有し合えるパートナー役として、本人が頑張るための手助けを精一杯してくれます。

さらに精神面のサポートに加えて、パーソナルトレーニングに予約しておくことで、仕事の課題や宿題と同様に「その日はトレーニングをしなくてはいけない…」というある種の強制力が働き、どうしても一人ではサボりがちになるトレーニングを継続的に取り組むためのモチベーション維持・向上に役立てることも期待できるでしょう。

パーソナルトレーニングのメリット⑤|正しいトレーニング知識が身につく

image6

もちろん永続的にパーソナルトレーナーの指導者に見てもらえることに越したことはありませんが、いろいろな事情や都合が重なり、やむなくパーソナルトレーニングを終了せざるを得ないケースもあることでしょう。

しかし、それまでの期間にみっちりパーソナルトレーニングで指導してもらったことによって得られた知識は、仮に一人でトレーニングへ取り組む際にも大いに役立ちます。

たとえば正しいトレーニングフォームや重量負荷の設定方法、エクササイズのメニュー設計や食事の管理など、素人や独学の手法ではどうしても成果へ繋げるために時間を要してしまうものですが、一度でも自らがパーソナルトレーニングを経験しておけば、そこで得られた知識を使って、パーソナルトレーニング終了後も何ら支障をきたすことなくダイエットやトレーニングに取り組めるようになるはずです。

このように専属トレーナーによる指導を卒業した後でも、効果を落とすことなく独り立ちできるほどに正しいトレーニング知識を身につけられる点も、パーソナルトレーニングを利用するメリットと言えるでしょう。

パーソナルトレーニングは、こんな人にオススメ!

image7

パーソナルトレーニングに興味はあるけど、実際に受けた方がいいかどうか悩んでいる人は、下記5つのチェックリストに当てはまるかどうかを確認してみてください。

□ 一人のトレーニングが続かない
□ トレーニングの効果を最大限まで高めたい
□ 専門家の意見も取り入れてトレーニングを実践したい
□ カラダの状態に合わせたトレーニングメニューを組みたい
□ アスリートと同じトレーニングを体験してみたい

もし一つでもあてはまる場合は、パーソナルトレーニングを試してみることをオススメします。

またよく勘違いされる人も多いですが、パーソナルトレーニングは初心者のためだけのサービスではありません。
実際にプロのパーソナルトレーナーでも、自らお金を払って他のトレーナーのパーソナルトレーニングを受講することもあります。
トレーニング上級者にとっても、パーソナルトレーニングは効果的なサービスなのです。

それぞれのパーソナルトレーニングは、どこが違う?

image8

今ではパーソナルトレーニングを様々な場所で受けることができるようになりました。
民間のスポーツジムにも必ずといっていいほどパーソナルトレーナーは在籍していますし、パーソナルトレーニング専門のジムも数多く存在しています。

基本的にはどこのパーソナルトレーニングで受けてもさほど効果は変わらないでしょう。しかし受けられるサービス内容の充実度で言えば、それぞれ違いがあるケースも少なくありません。

まず民間のスポーツジムでパーソナルトレーニングを受ける場合、基本的にトレーナーは施設を借りながら指導していることになります。そのため施設毎でいろいろと制約もあり、決められたルール以上のサービスを提供できない場合もあります。ただしその制約があるおかげで、パーソナルトレーニング専門のジムよりも比較的料金が安い点がメリットと言えるでしょう。

一方、パーソナルトレーニング専門のジムで指導を受ける場合、基本的に運営スタッフは、これまでの実力や実績も踏まえてある程度の固定客を抱えているパーソナルトレーナーが、自らの理想に近い指導を実現するために自分のジムを構えているケースがほとんど。そのため、民間のスポーツジムにはない細かい指導やサービスを提供してくれます。
たとえば施設内は完全マンツーマン方式で、人目を気にせずトレーニングに集中して取り組める部屋が用意してあったり、プロテインが常時サービスとして提供されていたり、利用者が最大限リラックスして取り組めるよう居心地のいい環境設備が配慮されていたり、何かとメリットが多い反面、やはり民間のスポーツジムで受けるパーソナルトレーニングに比べて、やや料金が高い点がデメリットと言えるでしょう。

その他、公共施設のトレーニングルームを利用して指導を受けるものや、トレーナーが自宅まで出張できてくれるものなど、パーソナルトレーニングの選択肢はかなり広くなっています。

これらも踏まえた上で、パーソナルトレーニングは「通いやすさ」「費用」「サービス内容」などの総合的な視点から選ぶと、間違いも少なくなるでしょう。

また受けられるサービス内容の違いに加えて、どのパーソナルトレーナーに依頼するかも重要なポイントとなります。

パーソナルトレーナーの選び方5つ

image9

これまでの紹介で「パーソナルトレーニングを受けてみようかな…」と気になった人は、早速自分に合ったパーソナルトレーナーを探してみましょう。パーソナルトレーナーを選ぶ際に押さえておくべきポイントは、下記5つです。

(1)目的に合わせて選ぶ

筋肉を増やしたい、シェイプアップしたい、健康維持、ケガ後のリハビリをはじめとするカラダの不調を改善するため…など、パーソナルトレー二ングを受ける目的は人それぞれです。

そのため、実際に依頼するパーソナルトレーナーを探す際は、自分の目的に合った分野を専門として扱っているトレーナーを見つけることが重要です。

もしボディメイクやシェイプアップを目的としてパーソナルトレーニングを受ける場合、まずはトレーナーのカラダつきを確認してみると良いでしょう。
依頼するトレーナーが自分の理想のカラダであれば問題ありません。カラダつきが優れているということは、トレーナー自身が日頃からしっかりトレーニングを実践している証拠でもあります。
トレーニング方法や栄養摂取についての知識が豊富かどうかは、そのトレーナー候補のカラダつきを見ればある程度分かります。たとえばトレーナー自身が、これまでにボディビルやフィジークなどの大会に出場していればまず間違いないでしょう。
痩せていて細身のトレーナーやぽっちゃり体型のトレーナーに、ボディメイクやシェイプアップの方法を指導されても説得力はありませんよね。

また健康維持やカラダの不調を改善したいという目的でパーソナルトレーニングを受ける場合は、トレーナーが保有する資格をチェックしてみると良いでしょう。最近では医師免許や柔道整復師・鍼灸師・理学療法士など、医療系の国家資格を持っているパーソナルトレーナーも増えています。
カラダに生じる痛みの原因を探るためには、医療の知識が少しでも豊富なトレーナーを選んだ方が望ましいと言えるでしょう。

(2)性別も考慮して選ぶ

パーソナルトレーナーは男性とは限りません。しかし、男性の場合はやはり男性のトレーナーに依頼することをオススメします。異性のトレーナーを選んだ場合、何かと細かい部分でいろいろと気を遣ってしまうことも多く、長期的にみるとやりにくさを感じる人も少なくないようです。

とはいえ、女性の中にも男性に合わせてハードなトレーニング指導をしてくれるトレーナーもいます。トレーナーとの相性が合い信頼できれば、女性のトレーナーに依頼するのもアリでしょう。

(3)有名人の指導経験あり=凄いトレーナーとは限らない

パーソナルトレーナーを検討する際に一見とても魅力的に見えるのが、芸能人やアーティスト、プロスポーツ選手やモデルなど、これまでに数多くの有名人を指導してきたという肩書きを持つトレーナーです。
芸能人を相手にトレーニング指導していたと聞くと、凄腕のトレーナーのように感じると思いますが、基本的にはその肩書をそのまま信用することはオススメしません。

たとえば、TV・雑誌の企画や共通の知人による紹介などで、芸能人やスポーツ選手のトレーニングを一度だけ指導したことのある人でも、自分の見栄えを良くするために、まるでその有名人の専属トレーナーにでも就いているかのようにプロフィール欄を盛って記載しているケースも実は日常茶飯事です。

また、有名人を相手に指導しているからといって特別なトレーニング手法や筋トレの効果を倍増させる裏技を知っているわけでもありませんし、そのプロスポーツ選手が好成績を残しているのが、全てそのトレーナーによる力量・能力という訳でもありません。

反対に有名人を指導しているトレーナーでも、その事実をあえてプロフィール欄に掲載していない優れたパーソナルトレーナーも実は沢山います。

これはパーソナルトレーニング専門のジムを選ぶ際にも同じことが言えますが、たとえ有名人が通っているからといって、そのジムが他のジムよりも優れているとは限りませんので注意しましょう。

(4)指導歴・指導経験の長さを鵜呑みにしない

トレーナーの実力を調べる上で、その人の指導経験がどれくらいあるのかというのは気になるポイントです。
中にはたかが数ヶ月の社内研修を受けただけでパーソナルトレーナーとしてデビューするジムもあるようですので、トレーナーの指導歴は見逃さずチェックしておきたいところですが、いくらトレーナー歴が長くても指導を受け持った回数が少なければ、まったく無意味という点もぜひ頭に入れておきましょう。

また中には「年間○○回のセッションを達成!」や「延べ○○人を指導!」など、ものすごい数の実績を提示し、指導経験の豊富さや自分を選ぶメリットを懸命にアピールしているトレーナーも見かけますが、果たしてその実績が本当かどうかはトレーナー本人にしかわかりません。

それらの指導歴や指導経験の回数、またそれに紐づく実績アピールは、あくまでパーソナルトレーナーを選ぶ一つの材料に過ぎないと心得ましょう。

(5)保有資格の質はピンキリ

そしてパーソナルトレーナーのプロフィール欄に、必ずと言っていいほど書かれているのが「保有資格」という項目。
資格の数を多く持っているトレーナーは知識も豊富で指導レベルが高い!と考えがちですが、これもまた注意が必要です。

パーソナルトレーナーが持つ資格のほとんどは民間資格です。しかも、スポーツ業界にも1日講義を受講するだけで取得できるものから、長期間講義を受けて年に数回しかないテストに受かって初めて認定される資格など、資格の質はピンキリ。保有している資格が凄い資格なのかそうでないのかは、普通の人にはわかりません。
そのため、トレーナーの保有資格もあくまで参考材料の一つとして考えると良いでしょう。

パーソナルトレーニングを受けた人の体験談

image10

それでは最後に、実際にパーソナルトレーニングを受けたことがある方々の体験談をご紹介します。

・「つきっきりで指導してくれるから初めてのトレーニングでも安心」(30代男性)
初めて真剣に筋トレをやろうと思い、何もわからなかったのでパーソナルトレーニングを受けてみました。マンツーマンで細かいところまで教えてくれたので、何の疑問もなくトレーニングに取り組めました。
筋トレがつらい時に励ましてくれたり、褒めてくれたのが結構やる気に繋がりました。

・「自分一人だけではこんなに追い込めない」(20代男性)
ずっと一人でトレーニングをしてましたが、正しいトレーニング方法が知りたくてパーソナルトレーニングにお願いしてみました。
トレーナーのサポートや細かいフォームの修正など、自分一人で行うよりもハードに負荷がかかって、今までに感じたことのない刺激で筋肉を追い込むことができました。もちろん翌日は筋肉痛に苦しみましたが…。

・「パーソナルトレーナーは健康を管理してくれる専門家」(50代男性)
私は自分の健康を気にしてパーソナルトレーニングを利用しましたが、トレーニングの指導だけでなくストレッチでカラダを整えたり、栄養の摂り方も教えてくれていろんな視点からアドバイスをもらいました。信頼できるトレーナーが見つかれば、健康管理を任せられる専門家として長いお付き合いができると思います。

今回は、パーソナルトレーニングを受けるメリットからトレーナーの選び方、また体験者の声まで、パーソナルトレーニング全般について幅広くご紹介しました。

パーソナルトレーニングは、カラダのことに関して多面的にサポートしてくれるサービスです。カラダを効率よく変化させたいと考えている人は、ぜひ一度パーソナルトレーニングの実施を検討してみてください。

健康・メンズ美容 #パーソナルトレーニング #メリット #選び方 #体験談

この記事のライター
和田 拓巳
和田 拓巳
プロスポーツトレーナー歴16年。 プロアスリートやアーティスト、オリンピック候補選手などのトレーニング指導やコンディショニング管理を担当。治療院での治療サポートの経験もあり、ケガに関する知識も豊富でリハビリ指導も行っている。 医療系・スポーツ系専門学校での講師や、健康・スポーツ・トレーニングに関す...