紳士が集うバー。大人の秘密基地「サロン・ド・シマジ」とは?

こんにちは、丸山尚弓です!
今回の「紳士の名店図鑑 vol3」は、日本随一のデパート、ここ東京は伊勢丹新宿店のメンズ館8階にある「サロン・ド・シマジ」を訪問。こだわりのウイスキーと葉巻を存分に楽しめる、そこはまさに紳士が通うべき大人の秘密基地でした。

「サロン・ド・シマジ」の島地勝彦氏とは?

皆さんは、ここ「サロン・ド・シマジ」のサロン名の由来にもなっている「島地勝彦氏」の事をご存知でしょうか?

島地さんは元集英社インターナショナル代表。週刊プレイボーイの編集長時代には、同誌の売上部数を100万部以上にまで育て上げた、まさに伝説の人です。ファッションの知識/センスはもちろんのこと、紳士の為の嗜好品を語らせたらこの人の右に出る人はいないというほどの人物。

そんな生きるレジェンドとも言うべき島地さんと、何の面識やコネが無くとも、気軽にバーカウンターを通してお話ができる場所。それこそがここ「サロン・ド・シマジ」最大の魅力といえます。

最年長は95歳まで!実に幅広いファンが集うバー

一見強面の島地さんですが、実はとっても気さくで優しい方!はじめて行っても一人で寂しい思いをする心配は全然ありません。いつも絶妙なタイミングで話を振ってくれるんですよ。

島地さんは、現在も数多くの連載を抱える文芸家として活動する一方、土日だけは毎週このカウンターでバーマンへと大変身。土日は島地さんのファンでお店がほぼ満員状態なことも多いんだとか…。

集まるファンの方々も実にさまざま。
最年少はなんと16歳の学生さん、最年長は95才の元大手広告代理店重役の方まで。真のダンディズムを極めた島地さんに会いに来る人は本当に幅広いのです。

一杯目は「スパイシーハイボール」がオススメ!

ここサロン・ド・シマジの名物は「スパイシーハイボール」。私も大好物なんです!
タリスカー10年とピートで燻製された黒胡が合わさって口の中に絶妙なハーモニーが広がります。時折感じるピリッとした刺激は名前の通り、スパイシーハイボール。一口飲めばその美味しさにビックリすることでしょう。

サロン・ド・シマジには、世界中から取り寄せた珍しいウイスキー類が揃えてありますが、まずはじめの一杯はこの「スパイシーハイボール」をぜひオススメします。

「スランジバー♪」の音頭とともに乾杯!

そして注目すべきは、ついつい何度でも乾杯したくなっちゃう乾杯の音頭「スランジバー」(ゲール語であなたの健康を祝してという意味です)。

見知らぬ人同士でも「スランジバー!」の合図とともに周りで一斉に乾杯が始まります。少し独特のノリに感じられるかもしれませんが、そこは紳士が集まる大人のBar。安心していただいて大丈夫です。
そして一度乾杯してしまえば、不思議と自分もサロンの一員になった気分に浸れますよ。

名言が記されたコースター。

乾いた喉を潤したら、ぜひ着目していただきたいのが特製のコースター。
「美しいモノをみつけたら迷わず買え。」や「人生でいちばん愉しくて飽きないものは勉強である。」など島地さんの名言が楽しめます。

このコースターを出す順番はお客さんによって違うんだそう。果たしてどんな名言に出会えるのかも毎回楽しみなポイントです。

葉巻・パイプはOK。でもタバコはNG?

島地さんが世界中から集めてきたオススメの「葉巻」と「パイプ」が楽しめるのもこのサロンの魅力。

葉巻を吸わない方でも快適に過ごせるよう、精度のいい排煙ダクトがきちんと完備されています。

ちなみにサロン・ド・シマジでは「葉巻」か「パイプ」オンリーで、シガレット(タバコ)は禁止されてるんです。

“実はそれも島地さんのこだわり。”


「なぜですか?」と聞くと、葉巻は純粋な農作物だけどシガレットは化学物質で加工された人工的なモノだからとのこと。
(人工のモノは体に悪いのかしら…?)
少し考え込む私をみて
「僕はずっと編集者で物書きでしょう。ご飯を食べさせてもらっている紙を燃やしてしまうのは忍びないのよ。シガレットは外側を紙で巻いてるからね」と島地さん。

なるほど、なるほど。

大人の階段を登れる空気感。

グラスやシガートレイ等どれも一級品が立ち並び、滞在する間は、つかのまの贅沢感を味わえるとともに、お店に来た時よりも自分が一回り大人になれたかのような気分にさせてくれるのが、ここのバーで飲む醍醐味。

また、サロン・ド・シマジには美味しいお酒を飲む、葉巻を吸って談笑する、それだけではなく、空間全体で感じる贅沢さがあります。それゆえここを訪ねる人が絶えないんですね。

どんなに忙しくても毎週末サロンに立ち続ける島地さんの心意気に感動します!

男心をくすぐる大人の秘密基地。

そして、このサロン・ド・シマジで楽しく飲み交わすうちに、いつのまにか仲良くなった隣の人が「実はもの凄い人だった」なんてことも良くあるんだとか。

まさに紳士が集う大人の秘密基地。
男心をくすぐる新しい発見も沢山ありそうですね!そしてもちろん淑女のみなさんも大歓迎とのこと。いつもの行きつけのバーから少しテイストを変えたいときなんかにいいかもしれません。

島地さん厳選のライフスタイルアイテムも見逃せない!

それから、帰る前には島地さんおすすめの名品が並ぶ、サロン・ド・シマジのセレクトブティックを忘れずチェックしてくださいね。ここには、島地さんが長年培ってきたこだわりのライフスタイルのアイテム達が数多く出揃います。

お酒と葉巻が苦手な方でもこのコーナーに立ち寄れば存分に世界観を楽しめるはず。シェイカーや、書籍、服飾雑貨から、文房具までと幅広い品ぞろえでとっても面白く、見ているとすぐ時間が経ってしまいますよ!

紳士の名店図鑑vol3の今回は、伊勢丹新宿店のメンズ館8階にある「サロン・ド・シマジ」さんをご紹介しました。
次回はどんな紳士の名店を私が訪ねるのかお楽しみに!

リクエストも受付中です♪
info[あっと]mendy.jp」までお送りください。

「サロン・ド・シマジ」公式サイト

グルメ・料理 #丸山尚弓 #紳士の名店図鑑 #バー #サロン・ド・シマジ

この記事のライター
丸山 尚弓(まるやま なおみ)
丸山 尚弓(まるやま なおみ)
美人すぎるメンズファッションライターとして活動中。メンズファッションを題材とした自身のFacebookは、コメントが女性目線で分かりやすいと好評で、紹介した商品には問い合わせが殺到する。ファッション初心者を「素敵な男性」へと優しく導くことが心情。ライター以外の活動として、メンズブランドの企画やブランディ...
あわせて読みたい記事

30代を迎えた男性におすすめ!「“量より質を楽しみたい”」大人のウイスキー銘柄・厳選4つ

山村 梨花

実はメリットもたくさん!合コンで幹事を任されたあなたがやるべき役割7つ

木下京子

【初めてのBAR】女性を華麗にエスコートする男の嗜み方

峯田ルミ子

都内の勝負デートに、女子たちが泣いて喜ぶ厳選4店

Maki Karakida

都会のド真ん中を走る「ラ・フェスタ・ミッレミリア」とは?歴代の名車も勢揃い!

丸山 尚弓(まるやま なおみ)

【合コン】「誘われる男」と「誘われない男」の特徴って?

高井ななみ

メディア同士が熱く戦う!マツダ「ロードスター4時間耐久レース」とは?

丸山 尚弓(まるやま なおみ)

万年筆の専門店「書斎館」とは?万年筆の選び方からアフターケアまでを解説!

丸山 尚弓(まるやま なおみ)