ジャケットの“着やせスタイル”を作るためのポイント8つ

着やせして見えるはずのジャケット。
なのに、どうも鏡を見るとデップリして見えるのは一体ナゼ…!?
それって実は気をつけなきゃいけないポイントを外しているせいカモ?
今回は、ジャケットを使って着やせして見える、上手な着こなしのコツをご紹介したいと思います。

その①|縦ラインを同色系にする

ジャケットの着こなしで“着やせ”をした細身のスタイルに見せるには、まず縦ラインの色を同色系に統一して着こなしてみましょう。

たとえば、黒のジャケットには、トップスをグレー、ボトムスも黒という感じにすると、全体的に見た目の膨張を防ぎ、引き締まった着やせスタイルに見えることができます。

加えて黒系のファッションは、大人の落ち着いた雰囲気を醸し出すカラー。コーディネートもしやすくほとんどの男性が手持ちとしてあるため、組み合わせ次第ですぐにでも着やせスタイルが作れます。

その②|肌の露出でバランスを調整する

“あえて肌を露出した上で全体のバランスを調整する”という着やせの着こなし術もあります。カッチリめのジャケットにシャツを合わせると、どうしても上半身の体の線が太く見えてしまうことがあります。

シャツを着た途端太って見えてしまうという男性は、適度に肌を露出した上で他人の視線を首元に誘導し、全体のバランスを調整するのがポイント。

たとえば、トップスのインナーに丸首やVネックのシャツを着て、ジャケットを羽織ったときでも首元の肌がチラッと見える工夫を施す。これだけで見た目のスッキリ度合がだいぶ変わって見えます。

その③|ピッタリめのインナーを着る

太っているからといって、少し大きめサイズのインナーを合わせてしまうと、全体的にメリハリのない野暮ったい着こなしで、逆に太って見えてしまうことがあります。

ジャケットを着ることで着やせを目指すなら、あえてインナーにはピッタリめ洋服を合わせた方がスッキリした印象に仕上がります。

お腹はあんまり出ているように見えないけど横幅が気になる…ベルトに乗ったウエストが気になる…そんなときに覚えておくと隠しテクとして有効に使えるでしょう。

その④|黒を使って引き締め効果を狙う

もっとも手っ取り早い着やせスタイルの着こなし方は「黒」を使って引き締め効果を狙うこと。

ちょっとポッチャリめの体型の人が、膨張しにくい黒色の服を着ると、なんとなく全体が痩せ細ってみえることってありますよね。そこに冒頭でご紹介したカラーの統一感もあわせると尚良しですが、黒色を意識的に多めに取り入れるだけでも十分着やせの効果は得られます。

男性の方であれば、仕事用とプライベート用に黒のジャケットはセットアップで1着持っていて損はないでしょう。

その⑤|膨張色ではなく収縮色を選ぶ

着やせするジャケットの着こなしで覚えておきたいもう一つのポイントは「収縮色」を選ぶということ。目の錯覚を利用した着こなし術の一つです。

膨張色は白や黄色のなどの明るい色は光の反射によって膨張して見えてしまう現象。逆に、収縮色である黒やネイビーなどの暗い色は、相対的に引き締め効果が狙えます。

人の目の錯覚をうまく利用し、インナーにはグレーやネイビー、ダークブランなどの濃い色を選びましょう。そして明るい色を取り入れる場合は、足元などできるだけ体の中心から逸れるよう遠いところに。

その⑥|ボーダーではなくストライプ柄を合わせる

着回しが利くボーダーって可愛いし、ジャケットにも似合うし便利なアイテムではあるのですが、着やせを目指すならボーダー(横縞)よりストライプ(縦縞)を選びましょう。

縦のラインを引き立てる効果が得られるので、視覚効果でスラリと引き締まって見えます。ジャケットを着るとより一層引き締まって見えるので、ストライプシャツにジャケットを合わせるのはマストです。

その⑦|小物を使って視線を散らす

ジャケットを着こなしつつ着やせを目指すために、上手く小物を取り入れて視線を散らすのも効果的です。

ビジネススタイルであればネクタイやポケットチーフ、ラペルピンなどもオシャレですが、プライベートであれば帽子や、インパクトのある大きめバッグを取り入れたりするのも良いでしょう。あまり体型を気にさせないオシャレを取り入れて。

その⑧|短い丈のジャケットは絶対に避けること

ジャケットを着ていて、ウエストの周囲が太く見えてしまうのは、お腹周りに比べて丈の短いタイプのジャケットを着ているから。つまり、丈が短いから、余計にお腹のお肉で丈が持ち上がってしまうのです。

そして残念ながら、「ジャケットは少し短めの丈がオシャレ」と言えるのはスマートな人限定。

ジャケットの丈は長過ぎてもいけませんが、お尻が半分隠れる程度の正統派サイズのジャケットを選ぶだけでも、十分お腹周りのコンプレックス箇所をカバーしてくれますので、着やせ効果を狙うなら丈の長さにも意識を向けてみましょう。

ジャケットは、仕事はもちろんプライベートでも良く着る服だからこそ、着やせテクはマスターしておきたいところ。
色・柄の取り入れ方や洋服のサイズ感など、着やせの効果はちょっとした着こなしの工夫で作れます。
気をつけるべきポイント・コツをしっかり押さえて、ぜひ一度着やせスタイルに挑戦してみてください。

ファッション #ジャケット #着こなし #着やせ #スタイル #体型 #コンプレックス

この記事のライター
中村さゆり
中村さゆり
旅行や新作グルメに興味があります。最近は、ファッション雑誌を定期購買するのが趣味です。
関連記事

洋服をカッコよく着こなすために鍛えるべき筋肉の部位と、そのトレーニング法5つ

和田 拓巳

ちょっとした外出なら、ササっと身支度! 大人メンズにおすすめしたい「ワンマイルコーデ」の作り方

田中 優

これで失敗しない!「気温20度」の季節に最適な服装の選び方、メンズにおすすめの着こなしコーデ

田中 優

【外見や内面の印象で、服装選びは変わる!】自分に似合うファッションコーデの作り方

田中 優

夏の着こなしは、女子ウケを狙え! 大人の男性にオススメなアウトドアファッション・5コーデ

彩香

遊び心満載! プライベートにも着回しできるメンズの「紺ブレ」コーデ10パターン

椎名 香澄

ビジネスマンは夏だって外さない! クールビズの着こなしコーデ10パターン

椎名 香澄