「寝付きが悪い…」「寝ても疲れが取れない…」質の高い眠り“快眠”を得るためのポイント4つ

仕事などで毎日を忙しくしていると、「なかなか安定した睡眠が得られない」「十分寝たはずなのにまったく疲れが取れない」などと、何となく睡眠不足状態を抱えたまま過ごしている方も少なくないと思います。
そして寝不足の感覚が抜けきれず、疲労も蓄積された状態では、必然的に脳や身体の働きも悪く、パフォーマンスの著しい低下を招く恐れもあります。

そんな方のために、今回は、質の高い眠り「快眠」を得るためのポイント4つをご紹介します。毎日の寝起きがスッキリしないという方はぜひ試してみてください。

快眠を得るポイント①|毎日の生活リズムは「光」が左右する

image1

基本的に人間の生活リズムというのは、光の量(浴び方)によって左右されるところが大きいようです。
生活リズムが乱れることによって「よく眠れない」とお悩みの方は、まず朝の寝起き時に光を浴びてみましょう。
そうすることで、徐々に体内の生活リズムも改善されてくるはずです。

人間の体内時計は、およそ25時間刻みで動いており、仮に1日中なにもせず、家の中でダラダラ過ごしていると、1日24時間のサイクルから1時間ずれていくこともあるんだそうです。
その体内時計を正しく整える意味でも、朝に光を浴びることで、身体が朝を認識し、脳や身体の目覚めに繋がるというわけです。

またその反対として、寝る前に光を浴びる行為は、不必要な目覚めを引き起こし、睡眠の妨げになるため、就寝前に光を浴びる行為は極力控えましょう。

特に仕事で多忙な男性は、つい寝る前に社内や取引先からのメールを確認したり、SNSで周囲の動向をチェックしたり、スマホやPCなどのデジタル機器に触れる機会も多いと思います。

ベッドや布団に入ってからのデジタル機器の操作は厳禁、できれば2-3時間前には済ませる習慣を身につけましょう。なかなかこれまでのクセが抜けきれず、つい触ってしまうという方は、わざと寝る環境から遠ざけておくことをオススメします。

快眠を得るポイント②|休みの日の「寝だめ」は逆効果

image2

毎日、仕事・仕事の連続で、それに加えて残業が続いたりすると、寝ても寝た気がせず、休み日を利用してまとめて寝る、いわゆる「寝だめ」をする方も結構多いと思います。
しかし、その「寝だめ」が逆に寝不足を招いていることはご存知ですか?

まずそもそも、寝だめによって睡眠が蓄積されることはなく、反対に「寝だめ」の行為は生活リズムを一層乱してしまい、質の高い睡眠を得るどころか、逆に睡眠不足に陥る根底的原因を作ってしまう可能性もあるのです。
また平日と休日の睡眠時間に開きがあることもオススメしません。平日と休日の睡眠時間差は最大でも2時間以内に抑え、毎日安定した睡眠時間を確保することが大切です。
休日に「寝だめをしたい」と思わないで済むよう、意識的に休日の午前中に予定を入れる、また平日の睡眠時間が極端に短くなり過ぎないように気をつけましょう。

どうしても平日にまとまった睡眠時間を確保できないという方は、仕事の合間に「昼寝」を取り入れると良いでしょう。
昼寝の目安時間は、15分前後の仮眠がベスト。
そのぐらいの仮眠であれば、程よく脳内が覚醒し、昼寝をしたからといって、夜寝付きが悪くなる心配もありません。
特に、仕事柄残業の多い会社に勤めている方や、今すぐに習慣を変えることが難しく慢性的に睡眠時間が短くなることが分かっている方は、とりあえずの応急処置として「昼寝」の時間を活用してみると良いでしょう。

快眠を得るポイント③|寝る前の準備で「リラックス状態」を作る

image3

快眠を得るためには、寝る前の準備も大切です。
寝る直前まで脳や身体が覚醒モードのままでは、ベッドや布団に入ってからの寝付きも悪く、いくら睡眠を促しても効果は半減してしまいます。

そんな覚醒モードを落ち着かせ、心地良い睡眠を得るには、毎日の夕方頃から徐々に体内を眠りのモードに切り替えていくことをオススメします。
そしてこの眠りのモード=リラックス状態を築くためには、チョコレートの摂取がオススメ!チョコレートの中にはテオプロミンという成分が入っているため、神経を鎮静させる作用に加えてリラックス効果も期待できます。
夜の安眠モードを作るためには、夕方からの事前準備も大切です。

さらに、快眠を得るための寝る前準備として、お風呂の入浴は寝る1時間前に済ませておくことも大切。
全身をほぐし、心を落ち着かせる意味でも、ぬるま湯に20分程度ゆったり浸かることがベストですが、毎日お風呂には浸からない、シャワーだけという方もいますよね。

そんな方は、「目元」と「首元」だけでも十分お湯で温めること。目元と首元を温めることで心身のリラックス効果が期待できます。お湯をはって入浴は困難な方でも、ホットポイントとなる一部分を温めるだけであれば、頭や身体を洗いながらでもできますので、そこまで手間はかかりませんよね。

快眠を得るポイント④|思いきって「寝具類」を変えてみる

image4

毎日それなりに睡眠時間を確保しているにも関わらず、疲れが取れない…寝不足の感覚が残る…という方は、もしかしたら使っている寝具が身体に合っていない可能性も考えられます。
また寝具にはこだわる一方で、ベッドなどは寝れれば十分…布団が敷ければ問題ない…など、寝る母体となる道具に無頓着な方も少なくないようです。

確かに、こだわり過ぎる必要はありませんが、寝ても疲れが取れないと感じる方は、ベッドなど、使っている寝具類を一度見直してみることをオススメします。

特に寝るときに敷く布団やベッドマットの柔らかさはとても重要。ネット通販など実際の寝心地が試せないものではなく、お店に出向き自分の身体にフィットした布団・ベッドマットを選びましょう。

他にも、シーツの肌感触、寝間着の着心地・汗の吸い取り具合、掛け布団の重さ、枕の高さ・硬さなど……、寝具類は、ただ単に他人の意見を参考に聞いて買うのではなく、自分の身体に合うもの、寝心地が優れているものを店頭で試着を踏まえて選ぶと間違いも少なくなります。

寝具類の合う・合わないは、睡眠の質も大きく左右します。
もし生活習慣を整えても、なかなか睡眠の質が良くならないという方は、寝具類の見直しを検討してみてください。

毎日の睡眠は、年齢を重ねれば重ねるほど日常生活に多大な影響を及ぼします。
毎日寝不足の状態が続いては、仕事のパフォーマンスが下がるだけではなく、貴重な休日も無駄にし兼ねません。

質の高い睡眠、快眠が得られるよう毎日の習慣とお使いの寝具類の見直しを行いましょう。

健康・メンズ美容 #快眠 #眠り #睡眠 #寝不足 #疲労 #寝付きが悪い

この記事のライター
西川 優里
西川 優里
人間観察がわりと得意です。 これまでの経験から男性に対して思うことを記事として紹介していきます♪
関連記事

「なかなか寝つけない…」という人へ。海外の心理学者が教える、効率よく眠りにつくための方法6つ

高萩 陽平

眠くて眠くて…仕事にならない! オフィスで簡単にできる「眠気対策」の方法4つ

村田わか

「寝つきが悪い…」「疲れが取れない…」毎日の睡眠を“快眠”に導くための方法4つ

佐藤のぞみ

笑って、泣いて…。ストレス社会に役立つ「免疫力アップ」のコツ4つ

佐藤のぞみ

(あと30分寝たい…。)朝のスッキリ目覚めに実践したいこと6つ

峯田ルミ子

【ビジネスマン必見】時短睡眠の効果と実践のコツ

富 容華

【生活リズム】体内時計がおかしくなった時の睡眠対策

山野 空

今夜も眠れない…。寝る前の快眠妨げ行為とは

浅田ちひろ