野暮ったくならない! メンズの細身スタイルに似合うブーツ10選

せっかくオシャレな細身スタイルのコーデなのに、ブーツ選びのせいで台無しになってしまっている男性も少なくありません。
そこで今回は、メンズの細身スタイルに似合うブーツを10種類、厳選してご紹介します!

ワークブーツ

作業をするときに履くため、丈夫な作りになっている労働者のための靴がワークブーツです。
一般的には、くるぶしまでの高さがある編み上げブーツ。靴紐を通す金具(ハトメ)がついているのも特徴の一つです。

エンジニアブーツ

工場での作業用として生まれたのがエンジニアブーツです。
靴紐を引っ掛けてしまう恐れがあるので、靴紐に変わってベルトがついているのが特徴。また穿き口からズボンの裾が出ないよう、ブーツの上部にもベルトがついています。

チャッカブーツ

オーソドックスなチャッカブーツは、くるぶし丈で2~3組の紐穴と、カーフスエードで作られたもの。
ポロの競技用ブーツが起源になっているといわれていますが、実際には使われていなかったという説も。

マウンテンブーツ

登山用として知られているマウンテンブーツは、防水や防寒などに優れている機能的で歩きやすいデザイン設計になっています。
足首を守るハイカットの編み上げブーツが特徴的です。別名「トレッキングブーツ」と呼ばれることもあります。

スニーカーブーツ

ハイカットのスニーカーとは一線を画すスニーカーブーツ。ブーツのように丈夫な作りだけどスニーカーならではの軽やかな履き心地を掛け合わせた、まさにハイブリット型シューズ。
ただ、ハイカットのスニーカーを履くイメージで、簡単にコーディネートすることができるのが魅力。

サイドゴアブーツ

両サイドに着脱しやすいゴムがついたアンクル丈のブーツ。一般的にはサイドゴアブーツですが、別名「チェルシーブーツ」と呼ばれることもあります。
フィット感が良く、爪先もプレーン型のタイプが多いので歩きやすく、割とどんな着こなしにも合わせやすいことから男性に人気のブーツです。

カントリーブーツ

田舎(カントリー)でのハンティングや散策のために使う、いわば実用的な形がカントリーブーツの特徴です。防水性と耐久性に優れていることから、レインブーツとして用いられることもあります。
爪先にウィングチップやメダリオンの穴が空いているのは一つは通気性の確保、そしてもう一つが排水溝としての役割と言われています。

ペコスブーツ

川付近の農作業用として作られたペコスブーツは、爪先が丸くて靴底が広く作られています。
正統派のペコスブーツは履き口がゆるいため、あまりにもサイズが大きいと中で靴下が脱げてしまうこともありますのでジャストサイズの靴選びがポイントです。

ジョッパーブーツ

くるぶしあたりを1本のベルトで留めるショート丈のブーツです。
ドレスシューズとしてジャンル分けされるジョッパーブーツはエレガントな印象。ハイブランドでも作られることが多い人気の形で、スーツスタイルにもよく似合います。

ウエスタンブーツ

アメリカ西部をイメージさせる王道のウエスタンブーツは、カウボーイが履く乗馬靴です。
履きやすいブーツプル(器具を引っかけるストラップ)がついており、ブーツの胴部分にステッチやカービングなどの装飾がされていることも特徴的です。

おしゃれにこだわる男性なら一足は持っていたいブーツがたくさん!これらのブーツは細身スタイルのコーデによく似合います。
特にスニーカーブーツは、これからがまさに旬の予感。ぜひ通販サイトや近くのショップでチェックしてみてくださいね!

ファッション #ブーツ #細身 #スタイル #似合う #種類 #特徴 #コーディネート

この記事のライター
中村さゆり
中村さゆり
旅行や新作グルメに興味があります。最近は、ファッション雑誌を定期購買するのが趣味です。
関連記事

せっかくの第一印象が台無し! 女性に聞いた「正直イケてない…」と思う男性のヘアスタイル

上田 愛子

ブーツ×服の組み合わせを侮るな! 服装に合わせた男のブーツ選びと履きこなしのコツ

下田 有紀

ニット帽の着こなしが良く似合うカジュアルスタイルの作り方

横井 亜希

【バリカンを使って自宅でヘアカット!】失敗しないために押さえておくべきポイント4つ

黒田 亜希子

ジャケットの“着やせスタイル”を作るためのポイント8つ

中村さゆり

女子が気になる! 男が「細身パンツ」を穿くときに注意したい着こなしのポイント6つ

中村さゆり

男のオシャレを格上げする!カッコいい「盛り髪ヘア」の作り方

猫女