【溜めずに、捨てる】仕事の「断捨離」で得られる効果と、実践する上で見るべきポイント

『断捨離(だんしゃり)』という言葉をご存知ですか?
断捨離とは、その言葉通り
【断】新しく入ってくる不要なものを断つこと
【捨】既存で不要なモノを捨てること
【離】モノの誘惑や執着から離れること

という意味合いがあります。

そして断捨離とは本来、家の中を片付けるイメージも強いのですが、仕事においても断捨離はとても有効。
今回は、仕事の断捨離で得られる効果、実践する上で見るべきポイントについてご紹介したいと思います。

デスクの上の断捨離は、ビジネスの基本。

image1

デスクの上に何ヶ月も前の書類がそのまま置きっぱなし…、必要な書類が見当たらず、いつもデスクのまわりをウロウロと探し回っている…。
これではいつまでたってもスムーズに仕事が進行できるはずもありませんよね。

いつも「時間が足りない!」などと嘆いているわりには、身のまわりの整理整頓が滞っているため、結果的に無駄な時間を浪費してしまっていることさえ気付けていない可能性もあります。

このデスクの上にモノが溜まる原因は、不要なモノを断っていないから。
本来は必要のないモノでも、何でもかんでもとりあえずデスクの上に乗せてしまい、処分できずにいるため、デスクの上がいつまでたっても片付かないのです。

まずは不要なモノを捨てていく習慣も大事ですが、そもそも新しいモノをデスクの上に置かない癖を身につけるべきでしょう。

書類はファイルを分けて断捨離する

image2

目の前に山積みになっている書類は、今すぐに必要なモノですか? それとも近日中に必要なモノですか?

必要か、不要かを正しく判断できず、時間の経過とともに溜まるのが仕事の書類。「いつか使うかもしれない…」という不明瞭な考えで結局捨てられず、何となくデスクの上に書類を置きっぱなしにしていくことで、みるみるうちと書類が山積されていくのです。

仮に「いつか必要になるモノ」だとしても、今その場で必要のないモノであれば、ひとまず片づけてしまう習慣を身につけましょう。
たとえば、“いつか使うかも”というファイルを用意しておき、今すぐは不要もしくは期限が定められないモノをこのファイルに入れておくのです。

特に、書類系のモノをデスクやカバンの中に溜め込んでしまいがちな人は、とりあえず判断がつかないから何となく溜め込むという癖を無くしていきましょう。

パソコンの断捨離で、効率性&生産性を上げる

image3

仕事で使うパソコンの中身も断捨離ですっきり整理整頓を行いましょう。

次から次に送られてくるメールは、きちんとフォルダ分け、または重要タスクやToDo管理で即時にメールのやり取りができる状態を維持しておくこと。
そして、ただやみくもにwordやexcelのファイルをデスクトップ上に保存(並べておく)する人も見かけますが、このようなファイルデータも同様にフォルダ分けできちんと管理しておくことで、無駄な時間を浪費することなく、スムーズに仕事をこなすことができます。

また、仕事の業務スピードが早い人に共通する特徴としては、おおかた未読のメールを溜めることなく、さらにデスクトップ上に一切ファイルをおかない管理を徹底しているものです。

パソコンの普及に伴い、昔に比べて業務の効率性や生産性は高まっていますが。実際のところそれも管理する人間次第。パソコンにおいても、定期的に不要なモノを断ち、不要なモノを捨てる習慣を身につけましょう。

捨てられない洋服は、マイルールで断捨離を敢行

image4

昔に買った服を、捨てられずにそのままタンスやクローゼットの中に眠らせてはいませんか?

たとえば、セーターの一部分が破けていたり、Tシャルやジャケット類の襟部分が汚れていたり…捨てるほどではないモノ(まだ着れるモノ)を不必要に抱え込んでしまう人は多くいます。
また、仕事着としてスーツや職場の指定服を着ている人であれば、なおさら普段着る服は限られてくるもの。

それでも「いつか着るかもしれない…」というもったいないという欲求から抜け出せず、結果的に洋服を捨てられず、不要なモノも含めてドンドン溜めてしまうのです。

いつか着るかも、の“いつか”はほぼほぼやってきません。どうしても捨てる勇気がもてないという方は、たとえば1シーズンを通して一度も着なかった服は、たとえどれだけお気に入りの洋服であっても思い切って捨てる、というマイルールを事前に定めておくと幾分か決断もしやすくなるはず。

タンスやクローゼットの中も定期的に断捨離をして、気持ちいい状態を保っていきましょう。

断捨離とは、言い方を変えれば受け入れるモノを減らす行為でもありますが、断捨離によって余計なモノを断つことで、今度は新しいモノも受け入れやすくなるというメリットも生まれます。
また、もったいないという欲求から抜け出せず、結果的に古いモノを捨てられずに溜め込んでしまう人は本当に多いですが、定期的に断捨離をすることで、“探す”や“迷う”などの無駄な時間浪費を回避する効果も期待できます。
仕事の効率性や生産性の向上も期待できる断捨離。まずは自分の身のまわりの整理整頓からはじめてみましょう。

仕事・ビジネス #断捨離 #実践方法 #整理整頓 #効果 #仕事

この記事のライター
浅田ちひろ
浅田ちひろ
3年一般企業で務めたあと、フリーライターに転身しました! トレンドを中心にいろんな情報を発信していくので、よろしくお願いします♡ 出身:千葉 好きなもの:ネコ 苦手なもの:コーヒー
関連記事

一流ビジネスパーソンのオフィス環境「整理整頓術」とは?

アリス

デスクに溜まる名刺…。仕事効率に役立つ正しい名刺管理とは?

浅田ちひろ

今すぐ実践すべき! 通勤電車やバスの中で「痴漢」に間違われないためのリスク対策3つ

松本 ミゾレ

「え? それもハラスメント?」現代社会のセクハラ行為が、本来の意味合いとかけ離れつつある現状

松本 ミゾレ

新入社員の女子が求める「理想の男性上司」になろう!今すぐ実践できる方法8つ

安井カナ

自他ともに認める不器用な男性が、カッコよくスマートに社会を生き抜くためのコツ4つ

浅田ちひろ

これほど心強い味方はいない! 職場にいる「男前女子」の特徴と向き合い方のコツ

安井カナ