夏の海スポーツ「サーフィン」の基本を学ぶ。

サーフィンが出来る男ってカッコイイと思いませんか。夏の海でとてもモテそうで、波に乗る感覚もカッコよく決まりそうです。
今回は、この夏こそ、チャレンジしたいと思っている男性に、サーフィンのはじめ方をお伝えします!

サーフィンにとって練習に適する時期を知る!

サーフィンにとって、7月や8月はメインのシーズンになります。その為に、メインシーズン前に練習と準備をしていないと、一番カッコよく乗れるシーズンには登場出来ません。

6月なら海にもまだ人が少ないので、初心者で練習をしている姿を余り人に見られないので、はじめ方としてはベストな時期です。

6月なら、波に乗れずに倒れてばかりでも、恥ずかしくありません。これがメインシーズンだと人が大勢見ているので、恥ずかしくとても練習出来ません。

6月には初心者用の教室を体験してみる!

千葉や湘南は、大きな波が来るのでサーフィンが盛んに行われています。つまり、長年伝説になるような大波に乗ったサーファーが大勢訪れていると言うことになります。

そんな良い波が来る場所には、初心者向けの教室があります。幾つかピックアップしたら、すぐに連絡をして教室を体験してみると良いでしょう。

もちろん、他の地域でも普段サーフィンに使われている場所なら、良い教室が見つかります。サーフィンのはじめ方の準備は、良い波が来る場所で良いサーファーに教えてもらうことです。

安全対策を教えてくれる教室が良い!

体験して自分がサーフィンを続けられると思ったら、入会しましょう。実は、サーフィンは人によっては向かないことがあるからです。

波から落ちた時に、泳いで溺れないかもポイントになります。きちんとした安全対策がある教室も、はじめ方の準備として見ておく必要があります。

カッコイイマリンスポーツの感じがしますが、危険で安全対策をしないと大変なことになります。その為にも、指導がきちんとしている教室でベテランサーファーに安全対策も教えてもらいます。

サーフィンのはじめ方

サーフィンをはじめる決意をして、良い教室にも入ったら、自分でも準備する物があります。大抵教室やサーファーが教えてくれますが、自分でもサーフボードを選んだりすると良いでしょう。ウエットスーツも季節や防水仕様に考慮しながら選びます。

また、どうしても教室が見つけられない人は、海のマナーに注意しながら練習をすると良いです。初心者なので、人がいる場所では危ないのでやめましょう。また、他の人の波に乗ろうとしないで、他者のサーフボードの近くでは練習はしないことです。

海のマナーに注意するのが、サーフィンのはじめ方の基本になります。

サーフィンのはじめ方の準備と基本を、理解してから海に行くと理想に近づくことが出来ます。この夏こそ、海でカッコイイ男と思われるように、サーフィンを練習して始めましょう。

ライフスタイル #サーフィン #はじめ方 #準備 #夏 #海 #スポーツ #初心者

この記事のライター
中村さゆり
中村さゆり
旅行や新作グルメに興味があります。最近は、ファッション雑誌を定期購買するのが趣味です。