“不妊”は女性だけの問題とは限らない!「男性不妊」の現実とその主な原因5つ

結婚してもなかなか妊娠できず、その責任からツライ思いをするのはほとんどが女性のほう。「男性不妊」は、まだまだ広く認知されていないのが現状で、不妊治療や妊活に消極的な男性が多いのも事実です。今回は、女性の問題だけとは限らない「不妊」のこと、そして男性にこそ知ってもらいたい「男性不妊」の症状とその主な原因をご紹介します。

男性不妊の割合は、全体の約50%も占める

image1

日本では昔から、妊娠できない原因のほとんどが女性側に問題があると言われていました。結婚後もなかなか妊娠できず、親族を相手に肩身の狭い思いをする女性も少なくありません。

しかし最近では、その風潮も変わりつつあり不妊治療を前向きに捉え、妊活に励む夫婦も増えてきました。そのおかげもあってか、不妊に陥る原因は女性側に限らず男性側にもあるという一般認知が進みつつあります。その割合はおよそ50%。約半分の確率で男性側が原因となり不妊に陥ると言われているのです。

つまり、いくら女性側だけが不妊治療に励もうとも、統計的には約半数のカップルは、女性ではなく男性が原因で妊娠できないという計算になります。


それでは、この「男性不妊」には一体どんな症状や原因があるのでしょうか?

男性不妊に最も多い症状は「精子がうまく作れない」

image2

男性不妊の中でも最も多い症状が「精子が正常に作れない」というもの。精液に含まれる精子の数が少なく妊娠しづらい症状を“乏精子症”と言い、精液の中に精子がない状態を“無精子症”と言います。

精子がうまく作れない原因として、主には遺伝子的要因や発育段階で異常が重なり精巣が機能しないケースと、日々の生活習慣や精神的ダメージなどが原因で精子を作るための機能が低下しているケースの2つが考えられます。

性機能の疾患が原因の場合は、手術で治るケースもありますが、生活習慣が原因の場合は、症状が悪化した状態から生活スタイルを改善しても既に手遅れというケースもあるようです。

原因①|ストレスの蓄積は、不妊トラブルを招く

image3

ストレスを溜め込んでいると男女関係なく体内機能が低下して妊娠しづらくなります。また、多くの研究機関から報告されている事実としては、ストレスを感じた状態では精子の質が低下することが分かっています。

仕事の負担や職場の人間関係によるストレスはもちろんのこと、日本人の男性は特にストレスを上手に発散できない人も多く、タバコの量を増やしたり暴飲暴食を繰り返すなど、逆に不妊トラブルへと繋げてしまう人もいるようです。

原因②|暴飲暴食・タバコの吸い過ぎが精子に悪影響を及ぼす

image4

嗜む程度の飲酒は問題ありませんが、過度な飲酒は造精機能を低下させると言われています。またアルコールは神経系や内蔵機能を低下させるため、勃起障害や精子の奇形・減少を引き起こします。

そして喫煙も同様。タバコは体内を錆びへと繫げる性質があり、その結果 体中の細胞機能が低下し、奇形した精子や貧弱な精子が多くなるなど、必然的に不妊の可能性を高めます。さらに、精子の奇形や元気がない状態は、仮に妊娠したとしても胎児の先天性障害や流産を引き起こす恐れもあるのです。

原因③|メタボや肥満体型は、精子に異常がでやすい

image5

プヨプヨのお腹をさすりながら「また太っちゃったなぁ」などと気軽に考えてはいませんか?肥満体型の男性は、精子の量が低下していたり質が悪い可能性が高いと言われています。

太っている男性は、ホルモンバランスが崩れがちになり性機能が低下するだけでなく、太っている人が好みやすい脂質の多い食事は、体を錆びさせたり内蔵機能を低下させる性質があるため、精子細胞の働きが弱くなってしまうのです。

夫婦2人で妊娠を目指し子作りに励むなら、夜の営みだけでなく、健康的な食生活とダイエットにも気を配りましょう。

原因④|おたふく風邪など高熱を出した経験も影響する

image6

「おたふく風邪は子供のうちに経験しておけ」などと言われたことはありませんか?子供の頃に免疫がつかず、成人になってからおたふく風邪にかかると、稀に「睾丸炎(こうがんえん)」という病気に発展し、精子に異常をもたらす危険性があります。

睾丸炎は精巣の腫れや痛みだけでなく、長期化すると造精機能を失うこともあります。大人でもワクチン接種ができますので、積極的に予防することをおすすめします。

原因⑤|過度なプレッシャーによるED(勃起障害)

image7

妊活が始まると妻からの過大なプレッシャーに悩まされる男性も少なくないと思います。「明日、排卵日だからね」「今月も頑張ってね」などと義務的に求められる夜の営みや「野菜もちゃんと食べてよ」「お酒やめてって言ったでしょ」などと窮屈な生活を強いられることもあるでしょう。

そんなプレッシャーからか、今日の夜は頑張らなきゃ…と思えば思うほど、勃起しない…または途中で萎えてしまう…などの勃起障害を発症してしまう男性もいるようです。俗に「勘違いED」や「排卵日ED」などと呼ばれています。

男性不妊の検査方法も様々あります!

image8

ご紹介した生活習慣や普段の症状に心当たりがあり、「もしかして不妊症かも…」「不妊症だったらどうしよう…」と不安に思うなら、男性不妊用の検査をおすすめします。現在は、男性でも通いやすいメンズクリニックや簡単にセルフチェックできる検査キットもありますので、少しでも気になる方は、一度受診してみましょう。

クリニック内射精検査
クリニックに精子を提供し精子の状態をチェックする検査方法です。精子の量や運動量・形状などを詳しく調べることができます。

郵送精子検査
精子検査を実施している研究所へ自分の精子をクール便で郵送し調べてもらう方法。病院へ行かずとも検査を受けられるのがメリットです。

簡易精子検査キット
簡易的に精子をセルフチェックする検査キットがあります。研究所や病院を介さずに、その場ですぐに精子の濃度や運動量を測定することができます。

血液検査
病院で血液を摂取し、血液内の成分からホルモンバランスを検査します。男性ホルモンの量に異常がある場合は、精子を作る機能が低下していると考えられます。

「男性不妊」の原因には、遺伝子レベルのものから身近な生活習慣か関連しているケースまで様々あります。まずは出来る範囲から始めてみることが大切ですね。夫婦で理解を深めて、適切に検査や治療を受けましょう。

健康・メンズ美容 #不妊 #男性不妊 #原因 #割合 #妊娠 #妊活 #検査 #治療

この記事のライター
安井カナ
安井カナ
仕事が大好き33歳です。広告会社で働いていましたが、今はフリーライターとして活動中です。ここでしか出逢えない面白いコトを発信していきたいと思っています。
関連記事

「出会いがない…」と嘆く男性陣、「出会いがない」は行動を起こしてから言おうか。

藤本 由佳

彼女から連絡がない!? 不安でしょうがないという男性が知っておくべき隠れた女性心理5つ

藤本 由佳

せっかく付き合ったのに……なかなか初エッチをヤらせてくれない女子の心理とは?

彩香

「なかなか心を開かない…」「距離感が微妙…」彼女があなたに心を閉ざすワケ5つ

藤本 由佳

【オタクが趣味の男性は何故モテない?】ルックス以外の側面から非モテの理由を考えてみた。

松本 ミゾレ

洗濯しているのにクサい!「衣服」に染みついて落ちにくい“ニオイの元”を取り除く方法5つ

安井カナ

30代になってモテなくなる男性に共通するあるあるの特徴3つ

藤本 由佳