『広告代理店=モテる』はもう古い!今どき女子が「代理店系男子」を嫌う理由4つ

一昔前であれば「広告代理店」は商社に並びモテる男の代表的な職業と言われていました。しかし、その常識もここ数年ですっかり様変わりしてきているようです。今回、20代の女子を中心に「代理店系男子」に対するイメージ調査を実施。なぜ「代理店系男子」はモテなくなってしまったのでしょうか?その理由を探っていきます。

<理由その①>上から目線

image1

「大手広告代理店の人と合コンをした時、全員ではないけれど、とにかく上から目線な感じがした。絶対に彼氏にはしたくないタイプでしたね」(25歳/保育士)

仕事で普段からクライアントのご機嫌取りばかりしているせいか、内弁慶な人が多いと言われている代理店系男子。その兆候は相手の女性にも見抜かれているようですね。

上から目線の話し方では、どんな人に対しても好かれることは少ないでしょう。口では気をつけているつもりでも、心でそう思っていれば会話の節々や表情に現れてきてしまいます。そういう気持ちを、女性は敏感に察知するようです。

とくに女性の社会進出が増え始めた昨今では、女性が男性に「ナメられたくない」という意識も強まり、少しでも上から目線な態度を取られると、それだけで恋愛対象から外すという女性も少なくありません。女性という生き物を総合的にバカにしたような考え・発言は、改める必要があるかもしれませんね。

<理由その②>会話がつまらない

image2

「型どおりの合コンしかできないからか、会話がつまらない。女子を楽しませようという気が一切なく、自分たちの自慢話ばかりしていた」(27歳/受付)

自尊心の強い男性ほど、会話の中心が自分になりがち。己の承認欲求を満たしたいだけの自慢話は、相手の女性からしてみれば楽しくも何ともありません。むしろ「自慢話をする男は無理」と切り捨てられるだけ。
とくに広告代理店という仕事柄、マスコミに関わる仕事も多いため「この前、芸能人の◯◯さんと仕事した」「有名人◯◯さんって俺の友達の友達だよ」と女性が返答に困る自慢話ばかり…。

かつての女性であれば、男性に求めることといえば経済力の一点のみ。お金を稼げば良かったものの、最近の女性は、男性に求めることは経済力のみには限りません。毎日一緒に楽しく暮らせるかという点も重要視して見ているのです。「お金はあるのに、なぜか最近モテなくなってきた…」という男性は、女性との会話が一方通行していないか、一度見直す必要がありそうです。

<理由その③>性格が悪そう

image3

「チャラいとかそういう以前の問題です。友達と食事をしていたら、どうやら隣のテーブルが代理店系男子のグループで。大声で『あの女とヤったけど微妙だった』『簡単に落とせる』など、最低な発言を連発。性格の悪さにドン引きしました」(28歳/歯科助手)

広告代理店は、男社会で出世欲も高く、上司やクライアントとの飲み会も多いもの。そんなことから「代理店系男子=チャラい」というイメージはすっかり定着していますよね。しかし、チャラいだけならまだしも、性格が悪いというレッテルまで貼られてしまっているようです。

上司やクライアントに気に入られるためには、少々のゲスい話が必要な時もあります。それは、オンナ関係が派手な方が、口説ける=仕事を取ってこれると思われるから。

しかし、そんなゲスい話をするのが当たり前になってはいませんか?他人の前ではいい顔のつもりでも、仲間内で交わされる悪口やゲスい話はすぐに周りに広まってしまいます。女性は代理店系男子に対してそういう恐怖心もあるので、なかなか良い関係を持ちたいと思えないでいるのです。

プライベートな飲みの席とはいえ、自分の色恋沙汰を笑い話にすることは控えたほうが良さそうです。

<理由その④>仕事が忙しそう

image4

「例の事件もあってか、広告代理店の人は仕事が大変そう。体も壊しそうですし、支えるとなったら他の職業以上に気を使わなきゃいけなそうなので、あまり結婚はしたくないですね」(24歳/ネイリスト)

あまりにも仕事が忙しそう。これは大手に限らず「広告代理店」といえば「体育会系」というイメージを持たれているからではないでしょうか。

最近の女性は、心身ともに健康な男性を選ぶ傾向にあると言われています。仕事が忙しすぎて休む暇がない、ものすごくストレスがたまってしまう、そんな働き方をする男性は、結婚しても面倒を見るのが大変で、付き合うのさえ億劫になるのだそうです。

戦後・昭和の名残から「長時間労働=モテる」と未だに思っている男性がいるのなら、それは大きな間違い。仕事はなるべく短時間で終わらせて、プライベートの余暇時間を充実させられる人のほうが健康的で将来の結婚相手としても女性に好まれそうですね。

広告代理店に勤めればモテるという昔ながらのイメージは、時代の変化と共にイマドキの女性には通用しない考えなのかもしれません。
当然、広告代理店に勤めている男性全員がこの4つに該当するとは限りません。ただ、少なくとも世間の女性からはこんなイメージを持たれているかもしれない、ということは覚えておきたいものですね。

仕事・ビジネス #広告代理店 #モテない #理由 #20代女子

この記事のライター
彩香
彩香
28歳、元アイドル。勢いで始めたライター業だが、現在は男性向け女性向け問わず多数のメディアで執筆や編集を手がける。多くの男性ファンを見てきた経験を生かし、本当の”モテ”るを育てるために日々執筆中。趣味は酒とフェス。
関連記事

冬のゲレンデは恋に落ちやすい?「ゲレンデマジック」で女子が可愛く見えてしまう理由3つ

安井カナ

ボーダーを着る男はモテないって本当!? いつもボーダーの服ばかり着ている男性に対する女性の本音

上田 愛子

【アラサーの彼女持ちは必読!】結婚意外にもある、アラサーの女性が彼氏と別れを決断する理由3つ

藤本 由佳

「えっ…なに? 俺どうすればいいの!?」彼女が素っ気ない態度をとる理由と、その対処法

藤本 由佳

原因は、女性の方にもある! 彼女がセックスを拒む、全然ヤらせてくれない理由と、その対処法

松本 ミゾレ

彼女欲しいって嘆く男性をみて「そりゃ彼女できないよね…」って思わず失笑した恋愛エピソード3つ

藤本 由佳

特に理由はないけど、彼女と別れたい……そんな時に使える有効な「嘘」って?

松本 ミゾレ

30代を過ぎた女性の「性欲」が高まる理由とは? 彼女たちの欲求を満たすために覚えておくこと

峯田ルミ子

「えっ…突然どうしたの!?」急に甘えてくる彼女の心理とは? 彼女があなたに甘えてきた理由3つ

藤本 由佳

結局のところ「モテるオジさん」と「モテないオジさん」の違いはどこにあるのか?

彩香

忙しイイ男たちに見合うオンナがそうそう現れない理由を教えてあげる!

藤本 由佳

30代以降の男性が「朝セックス」をすべき2つの理由。

松本 ミゾレ

初対面の男に「モテそうだよね」って言う女子の真意とは?

彩香

いつも男の影が絶えない「自称・恋愛上手」な“モテ女”は案外簡単に落とせる!?

松本 ミゾレ

意識高い系男子が陥る恋愛の失敗、モテない原因4パターン

佐藤 千春