インディゴブルーで作る! メンズの飽きない着まわしコーディネート10パターン

メンズファッションの定番カラーとして、男性に根強い人気の「インディゴブルー」。インディゴブルーは、深みのある暗い青をベースに、割とどんな洋服にも合わせやすいのが特徴です。

しかし、その万能カラー故に、着こなし方がワンパターン化してしまいがち…。
そこで今回は、一枚で十分着まわしにも活用できる「インディゴブルー」を使ったメンズの着こなしコーディネート10パターンをご紹介します。 仕事着やプライベートシーンに、インディゴブルーをフル活用していきましょう!

パターン①|前開きのインディゴシャツ×チノパンで、大人カジュアルに

インディゴのシャツに定番のチノパンを組み合わせた着こなしコーデは、メンズカジュアルの大定番!
濃い色合いが特徴的なインディゴブルーのシャツを、一枚のアウターとして前ボタンを開けて着る場合は、インナーの色を薄めに調整することで全体をスッキリ見せられます。

また、若干ウエストの位置を落としラフにパンツを穿く場合はスニーカーを選べばカジュアルな印象に、きちんとウエストの位置を保って穿く場合は革靴を選べばキレイめな印象に仕上げられるでしょう。
さらにチノパンの裾を少しだけ折り返し、ちらっと肌見せさせればこなれ感も作れます。

パターン②|インディゴシャツ×スキニーパンツで、スマートシルエット

濃い色のインディゴシャツは、首元の位置まできちんとボタン留めした着こなしに、スキニーパンツを合わせることですらっとスマートに見せる効果が期待できるでしょう。

水色などの薄い色ではなく、引き締め効果のある濃い青を上半身のトップスに据え、下半身にスキニータイプの細身パンツを穿くことで、視覚効果によってスリムに見せやすくなるのです。

またトップスのシャツをパンツの中に入れなければ、特にウエストラインが目立つ心配もないでしょう。
足は細いけど、最近ポッコリお腹が気になってきて…という男性にオススメの着こなしコーデです。

パターン③|インディゴカーゴパンツ×インディゴパーカーで、大人ワイルドに

こちらの着こなしは、インディゴブルーのカーゴパンツに、大胆にもインディゴブルーのパーカーを組み合わせたコーディネート!

もし一枚のパーカーだけでは肌寒く感じる日は、パーカーの上からジャケットを羽織るという、ちょっと上級者のオシャレな重ね着テクを取り入れてみましょう。

ただし、このように上下でインディゴブルーを組み合わせるときは、色みを少し変えることに注意。
全身を同じトーンの色合いで組み合わせるのではなく、ボトムが薄いインディゴならトップは少し濃い色に変えるなど、同じブルーの中でも濃淡でメリハリをつけるのがポイントです。

パターン④|インディゴデニムシャツ×デニムで、セレブコーデ

デニム×デニムの組み合わせは、大人の男性にこそ似合う着こなしコーデ。
綺麗にムラなく染め上げられたインディゴブルーのシャツにジーパンを合わせ、足元に革靴を履けば、高級感のあるセレブリティな雰囲気を漂わせることができます。

濃いめのブルーが渋さを引き立たせ、全体的にシックなトーンに抑えられる点も魅力の一つといえるでしょう。また上着にベストを羽織れば、カジュアルオフィスとしても十分に使える着こなしです。

パターン⑤|インディゴシャツ×白パンで、爽やかコーデ

インディゴブルーのシャツに白いパンツを合わせれば、ラフで大人の休日コーデに仕上がります。

色の組み合わせや着こなし方によっては、多少カジュアル色が強くでてしまいますが、爽やかさもありつつ上品な雰囲気が漂うカラーコーデで、仕事のシーンでも十分活躍できるでしょう。

また、肌寒い日は上着としてジャケットを羽織れば、都会の街並みにもスーッと馴染むシティーコーデが作れます。頼れるお兄さんコーデを作りたい男性は、ぜひ試してみてください。

パターン⑥|インディゴのセットアップで、楽ちんコーデ

こちらパッと見の印象はブラックに見えるのですが、実はこれもネイビーカラー。
ウールとコットン素材でスーツを仕立て、インディゴブルーの色合いに染め上げているのです。
そのため、キチンと感とパリッと感がありつつも、どことなくカジュアルさがありますよね。

「普段着もスーツなら、コーディネートなんか気にしなくてもいいのに…」と悩む男性には嬉しいカジュアルなセットアップ。インナーは、ボーダーor白シャツどちらでもOKです。

ジャケットの下に着るシャツ次第で、スニーカーか革靴にするかチョイスしましょう。
さらに、もっとカジュアルダウンにするなら、キャップやハットを被ってもいいですね。

パターン⑦|インディゴカーディガンで、ゆるっと優等生スタイル

オンオフを問わず、全体的にきれいめを維持しつつ、ゆるく着こなしたい男性におすすめなのが、インディゴブルーのカーディガンです。

最近は保温性の高いシャツやインナーも多くなってきましたので、カーディガンが一枚あれば、組み合わせ次第では秋から春ごろにかけて長く着られるでしょう。

特にインディゴブルーのように深みのあるカラーは、インナーに白を合わせれば爽やかな印象に、少し温かみのある色を合わせれば、暗めなトーンが多くなりがちな冬の時期でも明るい印象を作り出すことができます。
プライベートや仕事のシーンに大活躍してくれるでしょう。

パターン⑧|インディゴダウンベストで、ヤンチャな大人コーデ

日中は比較的暖かく、夜は肌寒い…そんな時期に頼れるアイテムがダウンベスト。
気温が徐々に下がりはじめる秋から冬にかけて、そして極寒の冬が過ぎ去る春シーズンに役立ちます。

たとえば、ベージュのパンツに白シャツの組み合わせで爽やかに仕立て、そこにインディゴブルーのダウンベストを羽織れば、ヤンチャな中にも大人っぽさを与えられるでしょう。

ついでにチェックシャツを常に持ち歩くようにすれば、寒いときにはインナーの上から羽織って、暖かいときは腰に巻くなど自由自在にコーデを楽しめます。

パターン⑨|インディゴモッズコートで、可愛らしく

そこまで暗いイメージになりすぎず寒い秋冬を過ごすのであれば、インディゴブルーのデニムコートがおすすめ。凛とした大人のイメージを保ちつつも、ちょっぴり柔らかく可愛らしい着こなしコーデに仕上げてくれるでしょう。

また、インディゴブルーのデニムコートを羽織るときは、同系色の暗めのパンツを穿けばシックな印象が強くなり、ベージュなど比較的明るめのパンツを穿けばカジュアルな印象が強くなります。
ただし、コートを脱いだときのことも考え、インナーは明るめの色をチョイスしましょう。

パターン⑩|インディゴスラックスデニムで、おしゃれ上級者の大人コーデ

こちらの着こなしは、限りなくブラックに近いインディゴブルーのパンツに、青系のジャケットと水色のシャツを組み合わせ、全身にわたって「色のグラデーション」を上手にちりばめているところが、まさに上級者コーデ。

また着こなしのアクセントとして、首元に黄色のスカーフを巻くことで、さりげなく季節感を取り入れているところも高ポイントです。
基本的にカラーコーディネートを作るうえで、ある色を引き立たせたいときは反対色を使うというのが鉄則。
たとえば、青色の反対色(補色)は黄色ですので、こちらの着こなしは黄色を際立たせるための水色使いなのです。

インディゴブルーは比較的どんな色にも合わせやすいカラーですが、色の取り入れ方もぜひ工夫してみましょう。

インディゴは「青藍(せいらん:鮮やかな藍色)」で染めた色のことを指しますので、パッと見は水色でもネイビーでも、はたまた黒っぽく見えても、藍で染めていればインディゴと表記されます。

そんなインディゴブルーの魅力は、何と言っても一枚のアイテムで洋服の組み合わせパターンが豊富に作れること、そして上に羽織っても下に穿いても暗くなりすぎないため絶妙なカラーコーデが作れることです。

大人っぽさを出しつつセクシーに、また男らしいファッションに仕上げたいというメンズは、ぜひ今回ご紹介したコーデを参考にしてみてください。

ファッション #インディゴ #ブルー #青 #着まわし #コーディネート

この記事のライター
中村さゆり
中村さゆり
旅行や新作グルメに興味があります。最近は、ファッション雑誌を定期購買するのが趣味です。