【インディゴブルー】一枚あれば充分!メンズの飽きない着まわしコーデ術

「インディゴブルー」を使ったメンズの着こなしコーデは、その万能カラー故、どうしても着こなし方がワンパターン化してしまったり、カジュアルシーンでしか着ないという男性も多いのではないでしょうか?
しかし、インディゴ色の洋服は、割とどんな着こなしにも合わせやすく、メンズファッションとして定番かつ重宝できるアイテムカラー。

そのインディゴブルーの万能さを上手にいかすことができれば、一枚でも充分に、飽きのこない着まわしコーデが作れちゃうんです。そんなインディゴブルーを使った、着こなしコーディネート術をご紹介したいと思います。

カジュアルな場面だけでなく、オフィシャルシーンにも、デート時の爽やかコーデとしても是非参考にしてみてください!

「前開きインディゴシャツ×チノパン」で大人カジュアルに

インディゴのシャツに定番のチノパンを合わせたコーディネートはメンズカジュアルの大定番!
色の濃いインディゴブルーのシャツをアウターとして前開きで着るときは、インナーを薄い色にするとスッキリして見えます。
少しウエストより落として履く場合はスニーカーを、ちゃんとウエストで履いてベルトを締めるなら皮靴を選べば、キレイめにもカジュアルにも着こなせます。
チノパンの裾を少しだけ折り返して、ちらっと肌見せすれば秋らしいにも着こなしになりますよ。

「インディゴシャツ×スキニーパンツ」でスマートシルエット

首元まできちんと閉めた濃い色のインディゴシャツには、すらっとしたスキニーパンツを合わせるとスマートに見えます。
水色の薄い色よりも、引き締め効果のある濃いめカラーのトップスにスキニーを合わせると、視覚効果でスリムにに見えるんです。
トップスをパンツに入れなければウエストラインが目立たずに済みます。
足は細いけど、最近お腹が気になってきて…という男性にオススメです!

「インディゴカーゴパンツ×インディゴパーカー」で大人ワイルドに

インディゴブルーのカーゴパンツに、大胆にもインディゴブルーのパーカーを合わせたコーデ!!
もうそろそろパーカーだけでは肌寒くなってくるので、パーカーの上からジャケットを羽織るという上級者のオシャレテクニックも取り入れてみましょう。
ここで注意したいのは、色みを少し変えること。
全て同じトーンの色合いで組み合わせるのではなく、ボトムが薄いインディゴならトップは少し濃いめにするなど、同じブルーの中でも濃淡でメリハリをつけるのがポイントです。

「インディゴデニムシャツ×デニム」禁忌を破るセレブコーデ

一昔以上前、ジーンズにデニムシャツを合わせるコーデが流行していた時代を知っている人にとっては信じられない組み合わせかもしれませんが、今また、ブラッシュアップして帰ってきたコーディネートとして、デニム×デニムが流行中!!
30代以上の男性にとっては、まさに禁忌と言っても過言ではなかったこの組み合わせが、今は信じられないくらいカッコいいんです…!
綺麗にムラなく染め上げられたインディゴブルーのシャツとジーンズは、高級感のあるセレブリティな雰囲気が漂います。
ベストを合わせればオフィスカジュアルにもOKかもしれません。
もちろん、デートにもおしゃれです♡

「インディゴシャツ×白パン」爽やかな休日コーデ

インディゴブルーのシャツに白いパンツを合わせると、ラフで大人な休日コーデになります。
色の組み合わせやアイテム選びによってはオフィシャルシーンには適さないのですが、爽やかで上品な雰囲気が漂うカラーコーディネートです。
秋の気配が漂う海辺や川沿い、公園などの散歩風景にも似合いそう。
画像のコーディネートではフライトジャケットのMA-1を合わせていますが、普通にカジュアルめのジャケットを羽織ると、都会の街並みにも馴染むシティーコーデになります。
出かける場所に合わせてジャケットを変えてみましょう♪

「インディゴスーツ」が楽ちんコーデ!?

パッと見の印象から、「えっ、スーツ!?」と思うかもしれませんが、まさにその通りです。
パソコンやスマホの画像では、人によってはブラックに見えるのですが、これはネイビーカラー。
実はウールとコットン素材で、インディゴのような色で染め上げているのです。
そのため、キチンと感、パリッとした印象がありながら、どことなくカジュアルさを感じさせる雰囲気になっているんですね。

「普段着もスーツなら、コーディネートなんか気にしなくてもいいのに…」と悩む人には嬉しいカジュアルなセットアップ。
インナーはボーダーでも白シャツにしてもOK!
ジャケットの下に着るシャツ次第で、スニーカーか皮靴にするかチョイスしましょう。
カジュアルダウンするなら、キャップやハットを合わせてもいいですね。

「インディゴカーディガン」でゆるっと優等生スタイル

休日はやっぱり締め付けの少ない服を着たいという人も多いと思います。
そんな人にオススメしたいのがカーディガンです。

最近は保温性の高いシャツやインナーも多くなってきたので、カーディガンが1枚あれば、組み合わせ次第では秋から春ごろにかけて長く着られる優秀アイテム。
特にインディゴブルーはインナーに白を合わせれば爽やかに、少し温かみのある色を合わせれば冬でも爽やかに着こなすことができます。

襟元がV開きになっていればネクタイも合わせられます。
シャツ+カーディガン+ジャケットの3ピースで組み合わせればオフィススタイルにもGOOD!

「インディゴダウンベスト」でプチ上級者の秋コーデ!

何を着たらいいか迷うこの季節。
昼間は暑いし、夜は肌寒い…そんな時に着るのがダウンベストです。
「ダウンベストってどんなタイミングで着るの?」と悩ませるアイテムですが、今がそのとき!!

爽やかなベージュのパンツに白シャツという夏コーデに、インディゴブルーのダウンベストで秋色をプラス。画像のコーディネートではチェックの赤いシャツをウエストに巻いていますが、これはお好みの色で合わせてOK!
本格的な冬が到来したらこのコーデは一旦お休みになりますが、また春に再会してもいい色みのダウンベストを選んでみれば、春と秋で両方楽しめますね。

「インディゴモッズコート」でミステリアスな秋コーデ

2016年の春夏から続いている流行のデニムコートは秋冬でも人気の予感。
春夏は少し薄い色みが多かったのですが、やっぱり秋冬はインディゴブルーです!
普通、コートは下に重ね着することが前提になっているので少し大きめに作られているのですが、そこまで重ね着しない春や秋頃だけ着たいなら少し小さめサイズを選ぶと体にフィットするので太って見える心配はありません。

真冬になるまで長く着たいなら、少し大き目サイズでもいいかもしれません。
デニムの素材感によって重さがあるので、軽い物を選びたい人には不向きかもしれませんが、温かさは確保できます。
実際に試着して体感したりサイズ感を確認するのがオススメです。

「インディゴスラックスデニム」でおしゃれ上級者の大人コーデ

「本当にインディゴ!?」と思うかもしれませんが、紛れもなくインディゴブルーのパンツです。
このコーディネートにおける上級者たるところは、ブラックに限りなく近いインディゴブルーのパンツから、青系のジャケット、水色のシャツと「色のグラデーション」を上手く取り入れているところにあります。

ファッションのポイントとしてさりげなくスカーフで黄色を取り入れることで、秋モードになっているのも高ポイント。
カラーコーディネートにおいて、ある色を引き立たせたいときは反対色を使うというのが鉄則。
青色の反対色(補色)は黄色です。
つまり、黄色を際立たせるための水色使いだったんです。
夏が終わったからと言って水色のシャツをしまいこむのは早計!
おしゃれ上級者の計算がはじき出した、インディゴカラーを使った秋の正解コーディネートです♪

インディゴは「青藍」で染めた色のことなので、ぱっと見は水色でもネイビーでも、はたまた黒っぽく見えても、藍で染めていればインディゴと表記されます。そのため、見た目の印象でインディゴブルーとする場合もあれば、ちゃんと染めたものをインディゴとすることもあるんです。
どちらにせよ、濃淡やアイテムによって印象が変わる大人のインディゴファッション、是非参考にして楽しんでくださいね♪

ファッション #インディゴ #ブルー #着こなし #着まわし #コーディネート #青藍 #ブルー #デニム #スタイル #チノパン #スキニー #メンズ #パーカー #ジャケット #カーディガン #モッズコート #シャツ #セットアップ #ダウンベスト

この記事のライター
中村さゆり
中村さゆり
旅行や新作グルメに興味があります。最近は、ファッション雑誌を定期購買するのが趣味です。