【実は、注目の出会いスポット!?】ナンパ経験者に聞いた!スポーツジムで女子と仲良くなる方法

日頃の運動不足を解消する目的で、またはカッコイイ肉体美を作るために、日々スポーツジムに通い体を鍛える人が男女問わず増えています。とくに最近では、筋トレ女子や腹筋女子という言葉も生まれるほど、スポーツに励む女子は増えています。
そしてスポーツジムは、健康面を考慮し体を鍛えることはもちろんですが、実は男女が出会う場所としても、いま大注目のスポットなんです!
今回は、スポーツジムで女子と仲良くなる方法について、過去にジムでナンパしたことのある男性に意見を聞いてみました。

その①▶同性の男性インストラクターと仲良くしておく

image1

「同性のインストラクターとのコミュニケーションは絶対に欠かせないよ。トレーニングメニュー作りから、ジムの会員になってる女子と話すきっかけ作りまでお世話になりっぱなし笑」(28歳/男性/不動産営業)


ジムの運動で鍛え上げられた体をもつインストラクターのお兄さん。
彼らは、トレーニング方法のアドバイスをしてくれるだけでなく、なんと同じジムに通う女の子とお近づきになれるチャンスも作ってくれるんだとか。
もし仲良くなったインストラクターがいれば、「あの子、よく来るの?」と聞いてみてもいいかもしれませんね。出会いのチャンスとは、意外なキッカケがはじまりで巡ってくるものです。

その②▶ジム初心者の女子を見つけて、マシンの使い方を教える

image2

「ジムに通い始めたばっかりの女子とか、あまり運動慣れしていない女子とかは、マシンの使い方とか軽く教えてあげると仲良くなりやすくて、案外あっさり連絡先交換できたりしますよ」(26歳/男性/損保業界勤務)


ジムって場所によってマシンの使い方が違ったり、普段筋トレを一切しない子とかは、道具の使い方はさっぱりわからなかったりで、結構困るんですよね。それでも実際問題、恥ずかしくて周りの人に聞けなかったり……。
そんなジム初心者の女子を見かけたら、積極的に教えてあげると一気に仲が深まりやすくなるかもしれません。
実際に回答してくれた男性は、軽く教えた子と連絡先を交換して、そのあと食事デートまで漕ぎつけたんだそうです。

ただし、声をかける対象は、あきらかにジムに慣れていない女子だけに留めておきましょう。
体が引き締まった美ボディの女性や、真剣にトレーニングへと励む女性に声をかける行為は、ナンパではなく単なる邪魔をしているだけ。声をかける対象の相手だけは、くれぐれも慎重に見極めましょう。

その③▶ヨガやエアロビなどのプログラムに参加する

image3

「体が固いからヨガのプログラムに参加してるんですけど、自然と参加者の女の子と仲良くなれるのでオススメですよ」(32歳/男性/美容師)


女性が多く、参加しづらそうなヨガやエアロビクスなどのプログラム。
ジムのプログラムに参加する女性は、主にオバサマ世代が多いそうですが、仕事終わりである夜の時間帯や休日などは、20代・30代の女性が一人でポツンと参加していることも多く、意外と出会いのチャンスもあるんだそうです。

もし同じプログラムに参加する女性を見かけたら「今日のレッスンはキツかったですね!」や「僕は初参加なんですけど、良く参加されるんですか?」などと声をかけてみるとお近づきになれるかもしれません。

オバサマ世代の冷たい目線が気になるかもしれませんが、意外とあなたに興味はないので大丈夫なはず。
意外と男性の参加者も少なく、出会いの穴場ともいえる、プログラムに参加して出会いのチャンスを広げてみてはいかがでしょうか。

その④▶時間と曜日を固定してジムに通う

image4

「仕事の都合上、どうしても平日は夜遅くにしかジムに通えないんだけど、ジムの利用時間が毎回一緒だとまわりの顔ぶれも同じだから、徐々に顔見知りの関係になりやすいんですよね」(29歳/男性/商社勤務)


フリーランスなど、時間を自由に使える職業の人であれば、割といつでもジムへ通えますが、サラリーマンの会社員勤めの方であれば、基本的に定時も決められているケースが多く、ジムへ通える時間帯は限られてしまいます。

一見、出会いの機会を損しているように思えますが、実は限られた時間帯こそが狙い目!
いつも同じ時間帯でジムに通うことで、大勢の会員の中からターゲットを絞りやすくなるという利点が生まれるんだそうです。

たとえば、平日夜の時間帯にジムへ通っている人であれば、仕事帰りのOLさんかもしれません。また本来休日は、恋人や家族と過ごす人も多い中、あえて休みの日を選んでジムへ通っている人であれば、独身の女性である可能性が高いといえるでしょう。

毎回ジムへ通う時間を固定にすることで、顔見知りになる女子も確実に増やせるはずです。
そしてジムの利用時間が同じということは、もしからしたら生活リズムも似ているということで、デートにも誘いやすくなるかもしれませんね。

案外、ジムでも出会いのチャンスは作れそうですね。
普段はジムに通っても運動ばかりに目がいきがちな男性も、少し視線を広げてみることで、出会いの機会が生まれて、女子と仲良くなれるかもしれません。
ただし、スポーツジムは、あくまで運動をする場所であって、本来出会いの場ではありません。なので過度なナンパ行為や人に迷惑をかけるような行動は絶対にやめましょう。

恋愛・デート #ジム #スポーツジム #出会い #ナンパ #方法

この記事のライター
廣松 叶子
廣松 叶子
モデル・受付嬢・主婦 1991年9月16日生まれ。 「なんか、最近カッコよくなったね!」と女子から 言われるようなダンディになれる記事を書いていきたいです。
関連記事

SNSやマッチングアプリにわんさかいる……スーツ姿の自撮り男性が女性にウケない理由4つ

松本 ミゾレ

「絶対彼氏いるだろ、あの感じ…」結婚式の二次会では、“連れのいない子”が狙い目かも。

コラム小説

出会いのチャンスを無駄にするな! 合コン後の初デートで男性が心得ておくべきこと6つ

松本 ミゾレ

「え! 全然違うじゃん…」出会い系で知り合った女性の写真と見た目が違う時のオススメ対処法3つ

松本 ミゾレ

おとなしい男が、まんまとハメられた……小悪魔女子が描く、オトコを確実に落とすためのシナリオ。

コラム小説

クラブやバーはもう古い? イマドキ女子が出会いを求めに行く代表的スポット4つ!

彩香

【10人に1人の勢いで見かける…】マッチングアプリで「モテない男性」の特徴あるある3パターン

藤本 由佳