もうルックス重視は卒業しよう! イケメンなのに「モテない理由」、ブサイクなのに「モテる理由」

世の中には、しばしば不思議なことが起きるものです。
たとえばイケメンなのに彼女が長く存在しない男性もいれば、ブサイクなのに彼女がいたり、女性の噂が絶えない男性もいますよね。

普通に生きていれば、女性との出会いなんか苦労しないはずのイケメンが、どうしてモテないのでしょう。
そして逆に、なかなか女性と出会うにも困難なことの多いブサイクの男性が、何故モテるケースがあるのでしょう。

今回は、この両極端な男性たちを見てわかる、モテる・モテないの理由についてそれぞれご紹介していきたいと思います。

イケメンなのにモテない理由①|外に出ない、出会いを求めない

image1

まずは、イケメンなのに彼女ができない非モテな男性にありがちな理由・原因から紹介していきましょう。

イケメンなのにモテない男性によくある理由って、結局のところ自分の方から積極的に出会おうとしていないところに原因があると思うんですよね。
そしてこういうタイプの男性は、せっかくルックスが良いのに、どういうわけか引っ込み思案なんですよね。

筆者もこれまで、見た目はそこそこイケメンにも関わらず、なかなか彼女ができない友達のために何度か飲み会を企画したこともあったのですが、せっかく飲み会に参加している女性がその男性に一目惚れして、それこそその場でキスまでしているのに、肝心の当人がヘラヘラ気まずそうに笑っているばかりで、結局その後の進展がはかれなかったりしたものです。

この無欲のイケメンのモテなさといえば、はっきり言って尋常ではない事態。
見た目で優位にたつイケメンが、どうして恋愛に積極的になれないののか。その理由は人それぞれでしょうが、いくらイケメンで見た目に優れていても、自分の意思を強く持っていない男性は、やはり女性から愛想を尽かされ、モテない結果に落ち着いてしまうようです。

イケメンなのにモテない理由②|こだわりがズレている

image2

他にも、見た目がイケメンなのにモテない男性にはさまざま理由があるものです。

具体的に該当しているケースとして多いのは、服装にこだわりがなかったり、こだわりがあっても世間の歩みに比べると周回遅れになっている残念なパターン。
前者の場合はそれだけで女性から「センスないんだ」と呆れられてしまいますし、後者の場合はこだわりが強すぎて、あまり周囲に理解してもらえません。

あるいは恋愛についてのこだわりが古風と言うか、世間のブームと少しだけズレているケースも少なくありません。
これはまさに、この時代において未だに「彼女は彼氏の影を踏まないよう、三歩下がって付いて来い」のような感じで、古風な俺様タイプを貫いてしまう人のこと。
こういう日本男児的な発想も一概に悪いとは思いませんが、執拗に偏りすぎている感じが問題なのかもしれませんね。

イケメンなのにモテない理由③|お金まわりに細かい

image3

お金に対して過剰にがめつい人は、男女問わず嫌われる対象になってしまいます。
いくらイケメンと言えど、毎回の飲み会で1円単位での割り勘をしようとしていては、やっぱり女性からは反感を買うもの。

昔に比べて、割り勘に対する嫌悪感は少なくなってきたとはいえ、やはり男性側に多めに支払ってほしいという思いは、言葉に出さないまでもほぼ全ての女性が感じているところです。
そこへ来て、食事の会計時、妙に細かい割り勘を持ちかける男性は、どんなにイケメンでも評価が下がってしまうのは致し方のないところでしょう。

実際、イケメンなのにモテないなんてあり得ない状況が成立しているのも、このお金にまつわる問題が尾を引いている事例、筆者もこれまでしばしば目にしてきました。

ブサイクなのにモテる理由①|自分を弱みをさらけ出し、それをネタにできる

image4

さて、イケメンなのにモテない男性の理由・原因について紹介したところで、今度はブサイクなのにモテる男性の特徴についていくつか紐解いて紹介していきましょう。

人間心理の特性上、自分のウィークポイントをさらけ出し、それをネタにされてしまうと、人はついついその相手に対して心の距離を縮めてしまうもの。
たとえばブサイクな男性が、「俺、顔がアレだから本当にモテないんだよな」と自分を笑いのネタに話していると、なんとなくその人に対して親近感が湧いてくるものですよね。

そしてモテるブサイクの男性は、この仕組みを頭の中で理解し、実践を通して結果に繋げているのです。

初対面の相手に対しても、はじめに自分の弱点を吐露し、笑い飛ばし、それでも食いついてきてくれる女性にはがっつりアプローチを仕掛ける。このサイクルを躊躇なく踏めるからこそ、見た目はイマイチでも、いつも彼女が途絶えないのです。

ブサイクなのにモテる理由②|いい意味でアプローチがしつこい

image5

見た目に自信の乏しいブサイクな男性は、イケメンに比べて割と能動的に恋愛し、狙った獲物を逃しまいと積極的にアプローチを繰り返します。
そりゃあ自分が恋愛において不利であること、モテないことをある程度自覚しているわけですから、必死になるのは当然かもしれません。

そして意外にも、そのしつこいアピールが奏功することって、多々あるんですよね。
好きになった女性に対して一途な気持ちでアタックし続けて、最終的に望んだ結果を手にしたブサイクな男性、あなたの周りにもいませんか?

何があっても多少のことでは動じず、気になった女性を一心不乱にまっすぐ追い続ける姿に、女性の方が徐々に惹かれはじめ最後は落ちる……この諦めない姿勢・気概は素直に見習うべきところと思います。

ブサイクなのにモテる理由③|デートや飲み会で、女性に財布を使わせない

image6

そして最後に、ブサイクな男性がモテる一番顕著な理由としては、結局女性に財布を使わせないように苦心しているという点が挙げられます。

モテないイケメンにありがちな原因とは正反対となるわけですが、モテるブサイクは、ここが違います。
なんだかんだ、一緒に遊んでくれた女性に金銭的な負担をかけず、できるだけ自分の印象を良く抱いてもらう。
この努力が当たり前のようにできていれば、顔立ちなんてそれこそ、10代や20代前半の頃はいざ知らず、それ以降の年齢を迎えれば、あまり関係なくなっていくもの。

ブサイクな男性の誠意は、そういう意味では後年になってより際立つというところかもしれません。

そりゃあ恋愛するなら、イケメンの“ガワ”があるに越したことはありません。
しかし、男性もある程度年齢を重ねれば、ただルックスが優れているだけではダメなのです。

たとえイケメンでなくても、態度や振る舞い・言動を、もっともっと極限まで女性に対してフレンドリーな気持ちで接するだけで、恋愛のチャンスは十分底上げできます。

ブサイクというハンデは正直、ブスのハンデよりもまだ何とかなるもの。
本人のやる気次第で、どうとでもなるのです。

恋愛・デート #イケメン #ブサイク #モテる #モテない #理由

この記事のライター
松本 ミゾレ
松本 ミゾレ
2013年よりフリーで活動開始。自宅に引きこもり原稿をこなす日々で慢性腰痛に。 趣味は怪獣フィギュア収集。 特技は猫あやしと怪獣フィギュア製作。 座右の銘は“休まず書け”で、野菜ソムリエの資格を持つ野菜嫌い。