【冬のお家デート、なに着て過ごす?】大人の男性におすすめのファッションコーデ6つ

外デートと違って、なかなか悩ましい家デートの服装。
「やっぱりオシャレにきめたいけど、堅苦しすぎるのもなぁ…」「でも、ラフすぎる格好もどうなんだろ…?」と実際にどんな服を着て過ごせばいいのか、よく分からないという男性も少なくないと思います。
きっちりしすぎは女子の警戒心を解けませんし、かといって上下スウェットなどの寝間着に近いラフすぎるスタイルはダサいし、そもそも大人の男として微妙。

そこで今回は、冬のお家デートにぴったりな服装、女子の視点から大人の男性にオススメの着こなしファッションをいくつかご紹介したいと思います。
「あれこれ悩んで考えてみたけどイマイチ分からない…」という男性は、ぜひこのコーデの中から参考になりそうなものを選んでみてください。

おすすめ①|スウェットのレイヤードで脱力系ファッション

まずはお家デートの着こなしにぴったりなスウェット。
スウェットを使ってちょっと垢抜けた雰囲気を出したい時には、ぜひこの重ね着で作るレイヤードコーデに挑戦してみてください。

スウェットのレイヤードコーデをおしゃれに仕上げるポイントは、ずばり中に着るインナー。

インナーをシャツにすると外着感が出すぎてしまいますので、サーマルニットのロンTなどニット素材で揃えると丁度いいでしょう。

ちなみに、スウェットのレイヤードコーデに挑戦する時は、ボトムスのパンツは細身タイプのものを選ぶと、全体がバランスよくまとまりやすくなりますよ。

おすすめ②|大人ならパーカーよりも丸首スウェットで色気を出す

レイヤードコーデよりも、ラフでシンプルなスウェットコーデはこちら。
今どきはパーカーよりも丸首スウェットの方がトレンドですし、首元を出すことで色気が感じられます。

ここまでシンプルなのに、どうしてオシャレに感じられるのか? それは洋服のサイズ感と上下のバランスが関係してきます。

だいたい背丈の身長が、175cmまでくらいの体型の男性であれば、写真のようにトップスにはオーバーサイズのもの、ボトムスはスリムめのパンツを選ぶのがポイント。もちろん逆もアリです。

ただし、外デートと違ってラフに過ごせるお家デートの場合は、あまりにもピチピチした着こなしは相手に居心地の悪さを与えてしまう可能性もありますので、全体的に気持ちゆったりめを意識すると良いでしょう。

おすすめ③|ボアジャケットは見た目もあったか

今人気のボアジャケットは、家デート時の部屋着としてもオススメの一着。見た目にも暖かく感じられますので、冬のお家デートには特にぴったりな着こなしです。

冬らしいホワイト系のボアジャケットなら、ノンウォッシュのデニムをロールアップさせた着こなしが◎。
インナーはこちらもスウェットなどでリラックス感を出してみましょう。

女子ウケにもいいボアジャケットは、アウトドアブランドからオシャレで機能的なアイテムまでたくさん揃っていますので、ぜひネットや店頭でチェックしてみてください。

おすすめ④|ボアのプルオーバーなら一枚で十分おしゃれ

同じボア素材のファッションでも、このプルオーバーなら一枚で十分に暖かく過ごせます。特にプルオーバーは、オシャレの中にも可愛らしさがあるため部屋着ファッションとして女子からも大人気。

そしてプルオーバーを買う時は、素材の触り心地で選ぶのが正解。ボア素材独特の触り心地が一番のウリだからです。

またお家デートでボアをトップスに着る場合は、ボトムスにはタイトめのパンツ、もしくはテーパードやサルエルなど細身タイプのものを選ぶと、よりトップスのボア素材の特徴がいかせてオシャレに着こなせるでしょう。

おすすめ⑤|冬のお家デートは柄物シャツをさらっと羽織る

冬の暖房が効いた部屋の中では、正直薄着スタイルでも十分。
もし冬のお家デートでシャツを着る場合は、前のボタンは全開けでさらっと羽織るのが丁度いいでしょう。
羽織るシャツには、無難に白無地のシャツでも問題はありませんが、食べたり飲んだりすることも想定される家デートでは、どちらかといえばストライプなど柄物のシャツを選んだ方がよりプライベートっぽさも出せてオシャレに着こなせますよ。

またシャツ類は、すっきりタイプのボトムスと相性バッチリ。上着のシャツは爽やかな柄物で、反対にボトムスは暗めのカラーで締めるのがバランス的には最適でしょう。

おすすめ⑥|コーデュロイパンツならちょっとした外出にも使える

いま流行りのコーデュロイパンツも、冬のお家デートにオススメです。
このコーデュロイパンツは、比較的トップスを選ばず穿けますので割とどんなコーデにも合わせやすい万能アイテム。機能性も抜群で暖かく、寒い冬のちょっとした外出にも最適。あまりの快適さに、一度穿くと手放せなくなるかもしれませんね。

いつもの部屋着スタイルに、コーデュロイパンツを取り入れるだけで一気にイマドキっぽいコーデに仕上がるでしょう。
特に大人の男性には、キャメルやベージュではなく落ち着いたカラーのコーデュロイパンツがオススメです。

家デートの服装で意識したいのは、“リラックスすぎずけれど気合を入れすぎない”、ということ。
なかなかバランス調整も難しいところですが、冬のお家デートであれば、スウェットやボアのファッションアイテムを取り入れることで、比較的簡単に女子ウケ抜群の“モテコーデ”が作れるはずです。
そして全体的なサイズ感もダラッとさせすぎるのではなく、トップスもしくはボトムスどちらかにタイトな部分を取り入れると良いでしょう。

ファッション #家デート #冬 #ファッション #服装

この記事のライター
彩香
彩香
ライター兼メディアディレクター。文化服装学院出身。 得意分野はファッションと恋愛で、男性・女性を問わず多数のメディアで執筆や編集を手がける。 趣味は「酒」と「フェス」。 個人のブログでは、主に酒の席で繰り広げられる、男女の包み隠さぬ恋愛トークのリアルについて書いています。 ▼ブログ▼ http://ayaka...