【健康】本当は冷えきっていた!?真夏の冷房があなたの身体に及ぼす影響とは

いよいよ夏本番!
湿気を含んだ日本の夏、うだるような暑さ。
ある朝、起きてみればダル重~い身体。
そんなとき、「夏バテかな?」「なんか体調悪いな?」なんて感じることはありませんか?
実はそれ、暑さにやられているのではなく、暑さ対策の「エアコン」が原因かもしれません。

強い味方を上手に使おう!

猛暑日が多くなった日本の夏。
ひんやりとエアコンの効いた部屋や電車に乗ったとき、体がす~っと楽になってホッとしますよね。

夏は、なんとなく体がダル重~く感じる日が多い気がしませんか?
実はそれ、「冷房病」や「クーラー病」なんて呼ばれている体調不良のようなのです。

暑さ対策の強い味方であるエアコンを上手に使って、しっかり冷房病(クーラー病)を予防をしていきましょう。

冷房病にはどんな症状があるの?

人間の体は、体温を一定に保つ機能が備わっています。
それをうまくコントロールしてくれているのが自律神経です。

クーラーによって身体が冷えすぎる、温度差が激しい室内と室外を頻繁に往復するなど、身体の体温調節が安定しないと自律神経がパニックをおこしてしまい、上手に働いてくれなくなってしまいます。

すると、「頭痛」「だるさ」「手足の冷え」「肩こり」「便秘」「下痢」「腰痛」などなど、いわゆる冷房病(クーラー病)と言われる症状が出てしまうのです。

設定温度が変えられない環境なら自分自身で調整しよう

image3

とはいえ、なかなか難しいのがクーラー病の予防法です。
特に、電車やオフィスで冷房の設定温度を勝手に変えるのは難しいですよね。

それなら自分で温度調節をしちゃいましょう!
いろいろな人が居る場所では、快適だと思う温度も様々です。

まずは自分できちんと調整できるようにする対策をしておきましょう。
面倒だな、荷物が多くなるなと思うかもしれませんが、デスクや椅子に会社用のカーディガンを用意しておきましょう。

また、首を温めると簡単に体温調節ができるので、冷房対策に夏用のストールを巻くのもオシャレです。

自宅では自分の体調に合わせた温度調節を

自宅ではできる限りの対策を取りましょう。
電車やオフィスでエアコン状態にある時間が長いのであれば、自宅ではなるべくエアコンを使わず扇風機を回す。
エアコンである程度の適温まで調節し、あとは部屋の空気を循環させる扇風機やサーキュレーターなどを使って風を起こすのもオススメです。

日当たりのいい部屋は温度が上がりがちなので、カーテンなどで温度調節ができるように工夫しましょう。

湿度が下がると体感温度が少し下がるので、エアコンの「ドライ」機能を使って除湿するのもポイントです。
自分の体調に合わせて調節してみてくださいね。

「もしかしてクーラー病かな?」と思ったら、お風呂や軽い運動でしっかり汗をかくことが大切です。
夏はシャワーで済ませがちなバスタイムですが、しっかりと湯船に浸かることで身体の疲れを取り除いて自律神経を整えてくれますよ♪

健康・メンズ美容 #クーラー #カラダ #健康 #悪い #冷え症 #エアコン #夏バテ #対策 #クーラー病 #冷房病 #症状

この記事のライター
松井 遙
松井 遙
映画、音楽、旅行、ファッション、アニメ、etc... いろいろ書いているフリーライターです。