夏は日焼けだけじゃない! 意外と侮れない「紫外線」の影響と肌を守るスキンケア対策とは?

最近は、男性の方でもお肌のケアを意識する人が確実に増えてきている気がします。しかし、女性の立場から言わせてもらえば「甘い」の一言!
中でも気になるのが夏の「紫外線」。街中を歩いていても、あまりにも無防備な人が多い印象を受けます。
今回は、意外と侮れない「紫外線」が人体(皮膚)に及ぼす影響、そして紫外線を浴びた時のスキンケア対策についてご紹介。紫外線は梅雨明けから夏にかけてが特に要注意です!

意外と侮れない「紫外線」が肌・皮膚に及ぼす影響とは?

image1

紫外線は、おもに5月から8月の時期にかけて最も多く発生すると言われています。一般的には、「夏の季節が一番危険」というイメージを抱きがちですが、実は夏前から多量の紫外線が発生しているのです。

そしてこの紫外線を浴びることで体に及ぼす害として、最も多いのがお肌のシミ。くわえて若々しいツヤツヤとしたお肌を作るために欠かせないコラーゲンの破壊、重度の症状としては、皮膚ガンの原因になることもあります。

紫外線を浴びることで生じるシミは、例え若い頃は見えにくい人でも年齢を重ねるごとに徐々に表面化してくるもの。顔中シミだらけ…もしくは目の下に大きなシミのあるオジサン、たまに見かけますよね。
紫外線対策を何もせず、面倒くさがって放ったらかしにしておくと、将来きっと後悔することになりますよ。

次項からは具体的な紫外線の対策方法について見ていきましょう。

外出時の紫外線対策

image2

夏の紫外線から身を守るためには、まず外出時の対策が欠かせません。

最近では朝のTV番組やネットの情報サイトでも、毎日の天気予報にくわえて紫外線予想がデータとして発表されています。ちなみに気象庁のホームページ上ではUV(紫外線)インデックス指標として数字で報告されています。天気だけでなく、紫外線の情報にも目を向けてみてください。

そして紫外線の線量が多い日の外出時は、帽子やサングラス等を身につけてから出かけること。歩く時にも可能な限り日差しのあたらない日陰を選んで歩くように心がけましょう。また紫外線は障害物などで乱反射をする恐れもありますので、けして家の中だからと油断しないこと。思いがけない場所で紫外線の影響がでている可能性も否定できないのです。

さらに平日の日中、仕事などでサングラスや帽子が被れない人は、日焼け止めクリームを活用しましょう。特に紫外線の強い5-8月は毎日塗るぐらいの気持ちでも良いかもしれません。日焼け止めのクリームは、日焼け防止だけでなく紫外線防止にも役立ちます。

紫外線を浴びた日のスキンケア対策

image3

紫外線にはスキンケア対策も忘れてはいけません。
外出で紫外線を浴びた日は、必ずその日の内にお肌のケアを行いましょう。早めのスキンケア対策が紫外線の影響を最小限に留めてくれます。

日光の紫外線を浴びた肌は水分が奪われた状態。この紫外線を浴びた肌のスキンケア方法として、まずは十分に泡立てた洗顔フォームで顔を優しく洗います。そしてぬるま湯で泡を流し終えた後は顔をタオルで拭いてオシマイ…ではなく、必ず化粧水を肌に染みこませること。乾燥肌ではない人でも紫外線を浴びて水分を失った肌には必ず化粧水で栄養を与えてあげるようにしましょう。

さらに化粧水をつけた後は、乳液またはクリームを塗ること。化粧水を含ませた肌に乳液やクリームを塗ることで化粧水の蒸発を防ぐことができます。

つい面倒だからと、顔を洗わずに寝る、化粧水や乳液をつけない…では十分なスキンケア対策ができていないため、その積み重ねによって将来きっと後悔することになりますよ。

紫外線対策に日焼け止めクリームが効果的!

image4

日焼け止めのクリームを塗ることは、直接的に日焼け対策にもなりますが、肌へのダメージも軽減させることに加えてもう一つの効果が期待できます。

それは肌の若返り。
人は年齢を重ねるにつれて、徐々に肌の保水力を失います。肌の保水力を失うということは、肌が乾燥して萎んでしまうこと。乾燥した肌は後にシワやたるみ、シミの原因へと繫がります。そのため紫外線と日焼け防止のために肌に日焼け止めクリームを塗ることは、肌の保水力を守ることにも繫がるのです。

ツヤツヤと若々しい肌を保つためには肌には保水力が必要。海や山などにお出かけするときだけでなく、男性も日頃から日焼け止めクリームで肌ケア対策に取り組みましょう。

確かにスキンケア男子は年々増えています。しかし肌を傷めること、肌をガードする必要性の理解に欠ける部分は否めません。
その代表例がまさに紫外線対策。日光を浴びると肌がやけるだけでなく、紫外線の影響で皮膚にも多大なダメージを与えているのです。外出時の紫外線対策には帽子やサングラス、日焼け止めクリームを塗ること、そして帰宅後は洗顔と化粧水・乳液・クリームを使った保湿対策も忘れずに実践していきましょう。今はよかれど、将来後悔しないために!

健康・メンズ美容 #紫外線 #UV #夏 #日焼け #肌 #皮膚 #スキンケア #対策 #方法

この記事のライター
猫女
猫女
駆け出しのライターです。 幅広くいろんな記事を書きながら、なるほどと思わされることが たくさんある毎日を送っています。