デニムシャツ1枚で作る! メンズのおしゃれな着回しコーデ10スタイル

メンズのデニムシャツは、毎日の着こなしシーンを1枚で何パターンも着回しができてしまうとても便利なアイテム。
特に面倒くさがりな性格で毎日の洋服選びに割く時間がうっとうしく感じる人、またそもそもファッションへの興味関心が薄くコーディネートが苦手という男性にとっては、悩み解決に大いに役立ってくれるでしょう。

そこで今回は、メンズのデニムシャツ1枚で作る、おしゃれな着回しコーデを10スタイルご紹介!デニムシャツの着回しテクを身につけて、毎日の着こなしコーデを楽ちんに仕上げましょう。

まずはシンプルに、デニムシャツ1枚で着こなす

まずは、いつもの着こなしコーデにデニムシャツを羽織る、いつも使う羽織り物をデニムシャツに変える、というシンプルイズベストな着回しテクニック。

いつものパーカーやネルシャツを、デニムシャツに変えてみましょう。
特にブラック・グレー・ブルー系のデニムシャツを選べば、割とどんなスタイルにもスッと馴染んでくれますので、何も考えずに安心して身につけられます。

デニムシャツをインナーに使ったビジカジスタイル

普段の仕事シーンで身にまとう機会の多い黒ジャケットも着回ししやすいアイテムの一つですが、そこへワイシャツ代わりのインナーとしてデニムシャツを合わせれば、マンネリ解消にも役立つビジカジスタイルが作れます。

さらに大人メンズは、ボトムスに白パンを穿くと爽やかで好印象。休日のジャケットコーデにも使えるぐらいおしゃれにキマります。

足元にスリッポンを履くとカジュアル寄りのコーデに、革靴を履くとフォーマルなビジネス寄りのコーデに。パンツやシューズを工夫するだけで、いろいろなシーンに使えて、印象もガラリと変えられる万能な着回しコーデです。

デニムシャツをインナーに使ったセットアップコーデ

こちらはセットアップのインナーに、デニムシャツを使った着こなしコーデ。
カッチリな印象のジャケパンスタイルに、爽やかな印象のデニムシャツを組み合わせることで、清潔感もあり見た目にも好印象です。

また羽織り物のジャケットは、テーラードタイプ以外にも、たとえば寒い日にはチェスターコートやトレンチコートに変えても問題なく着回せるでしょう。
季節に合わせてジャケットを変えれば、おしゃれな印象も高まります。

デニムシャツをベイカーパンツと合わせた少年風コーデ

これからのワークパンツは、ミリタリー色が強いカーゴパンツよりも「ベイカーパンツ」に注目。
デニムシャツと組み合わせても、全体的にマイルドかつソフトな印象に仕上がります。
わざとデニムシャツをINしてサスペンダーと合わせたコーディネートは、どこか少年っぽさを感じさせる着こなしですね。
このスタイルに羽織り物を変えれば、十分に着回しコーデが作れるでしょう。

またよりカジュアル寄りの印象に仕上げたいときは、足元は革靴ではなくスニーカーや夏場はサンダルを履いてもイイ感じです。

デニムシャツを迷彩カーゴと合わせたチョイ悪風コーデ

少年っぽさが残るヤンチャ感、キレイ目な印象のビジカジ感とも一線を画す、まさに「チョイ悪感」たっぷりな着こなしコーデも作れてしまうデニムシャツは、迷彩柄のカーゴパンツやキャップとも好相性。

平日と休日でファッションタイプが異なる人でも、デニムシャツは安心して着回しに使えます。
またもし迷彩柄のように派手目のアイテムをコーデ取り入れる際は、あえてインナーには色をつけず白シャツを合わせると、抜け感もあって爽やかにきまります。

濃い目のデニムシャツを使った大人のカジュアルコーデ

デニムシャツは、着こなし全体の主役として使い回すことも可能です。
たとえば、全身をホワイト色で統一させた白コーデにデニムシャツを合わせれば、見た目の印象を決めるファッションのアクセント効果として活用できるでしょう。

特に淡い目のデニムシャツは、薄手ファッションに馴染みやすいため1枚持っておくと便利です。

デニムシャツのボタンを閉めたキレイ目コーデ

デニムシャツは、キレイ目なカジュアルコーデとしても着回すことができます。
たとえば、身体にジャストサイズのデニムシャツを胸元まで全部のボタンを閉めて着れば、清潔感ただようオトナの雰囲気に仕上がるでしょう。

ただしデニムシャツは、もともとラフなアイテムですので、キレイ目でシンプルにまとめるときはルーズ感がないように気をつけて。
またメガネやハットなど小物類を合わせてコーディネートすると、よりスマートな印象を作れるでしょう。

デニムシャツとボーダー柄を組み合わせた休日コーデ

無地のデニムシャツであれば、ボーダー柄のアイテムとも好相性に着回せます。
特に大人の男性は、ピッチ幅の細いボーダー柄を選ぶと、着こなしが子供っぽくならないのでおすすめ。

また無地のデニムシャツとボーダー柄のインナーを組み合わせるのであれば、胸元にネックレスなどのワンアイテムをプラスすると、無難なコーディネートにならず済みます。

デニムシャツの上にジレを羽織ったエレガントコーデ

ハリのあるキレイ色のデニムシャツにジレを合わせると、カジュアルな印象もグッと渋いエレガンススタイルに仕上がります。
さらにジレに胸ポケットがついている場合は、その中にチーフを入れたり、ラペルピンを付けてアクセントをプラスすれば、より一層紳士な雰囲気が出せるでしょう。
その日のシチュエーションにあわせて、ハットやジャケットを組み合わせて着回すコーデもおすすです。

またデニムシャツが無地でカジュアルな分、ジレのデザインで遊んでみてもいいでしょう。

デニムシャツとデニムパンツで作るセットアップコーデ

アウターのデニムシャツに、ボトムスをジーンズで組み合わせた「デニムonデニム」のセットアップコーデもおすすめ。
デニムシャツをセットアップで着回す場合は、上下の色柄をオールインワン風に統一して仕上げましょう。

またデニムでトータルコーデする場合は、基本的にインナーか靴でスタイルアップするしかありません。たとえば、足元の靴にちょっとゴツめのワークブーツやカラフルなスニーカーを履いて、コーデ全体のアクセントに役立ててみると良いでしょう。

メンズのデニムシャツは、エレガンス寄りの着こなしからカジュアル寄りの着こなしまで、幅広いシーンで万能に使い回せるファッションアイテムです。
できれば薄い色と濃い色の2枚あると着回しのバリエーションも広がりますが、まずはいつもの着こなしスタイルに着回せそうなデニムシャツを1枚選んでみましょう。

ファッション #デニムシャツ #着こなし #着回し #コーディネート

この記事のライター
椎名 香澄
椎名 香澄
元アパレル系販売員。ジェントル系メンズファッションがお好み。素敵なスタイルをご提案していけるように頑張りマス♡