親父ズボンにグッとくる!「タックパンツ」のお洒落な着こなしコーデ集

最近のトレンドは「原点回帰」。メンズのファッションもクラシックスタイルが見直されている中で、ボトムスもクラシカルなものを今風に着こなすことが流行しています。
今回は「野暮ったい」といわれてしまうタックパンツのコーディネートを紹介します。

タックパンツとは?なにが特徴?

メンズのビジネススーツのスラックスが、いわゆるタックパンツです。パンツのウエスト部に折りたたんだヒダのあるパンツの呼称。このヒダが腰回り、もも周りに余裕をもたせたデザインは昔からあるクラシカルなシルエットのため、今では通称「親父パンツ」とも言われています。
ここ数年、ボトムスのシルエットが“ワイド化”しているので、タックパンツも再び注目を集めています。
タックには、ワンタックパンツ、ツータックパンツがありタックの数で着こなしのスタイルがかわってくるので、早速チェックしてみましょう!

テーパードパンツは上品にみえる

テーパードパンツは、腿の部分が太くて、裾に向かって細くなっているシルエットがエレガント。ゆったり仕様のパンツは腰まわりも楽なので動きやすく快適です。ストライプやチェック柄を選べばトラッド感もありノームコアスタイルにも合わせやすいデザイン。
裾はすっきりとしたテーパードシルエットなのでまとわりつかず、スニーカーやヌメ革の黒い靴を素足とあわせると抜け感がでます。

タックインするブラックパンツがカッコイイ

シャツと合わせてタックインするスタイル。このコーディネートはモノトーンのボトムスを選ぶことです。黒は下半身を引き締め効果があるからタックのパンツでもカッコ良くみえます。
オフスタイルでは個性的なシャツとあわせたり、ビジネスシーンでもジャストウエストでベルトを締めることでモード感を演出。何気ないパンツがトレンド感満載になる着こなしはモノトーンのパンツです。

ワークパンツもタックパンツとしてはきこなす

コレクションにもタックパンツが数多く登場して話題ですが、やはり太めのシルエットパンツが引き続き流行中。そんな中で、ワークパンツをモダナイズしたようなデザインが今シーズンはスタイリッシュなんです!
ダボ感をあえて出して、トップスは個性的なデザインを合わせれば、ボトムスのワイド感もすんなりマッチ。個性が強いデザインシャツにはシックな黒があいます。

このゆるふわ感でもモードになる

明るい温かみのある丸首のカラーニットに合わせて、丸みのあるタックパンツのゆる加減が上下でてリラックス感が出てオシャレになります。特に季節の変わり目を感じさせるなら、全身を淡い色で統一するとバランスがとれたコーディネートとして仕上がります。
ロールアップさせた足元に真っ白なラバーの厚底のスニーカーを合わせれば、ノームコアの中にモード感もでますね♪

ハイウエストの位置でタックイン

ツータックパンツをハイウエストでタックイン。このコーディネートのポイントはベルトを高い位置で締めるて今っぽさを出すこと。さらにロングコートと黒の靴下と黒い革靴の足元で決めることで、白のボトムスが脚長に見えるのが魅力です。
ハイネックセーターとの合わせテクは、こなれ感もあり全体的にスラッとした統一感があります。

ジッパー付きのブルゾンにあわせる

縦に二本入ったタックパンツは、ワイドなテーパードを効かせたスタイル。カジュアルに着こなせるのは、アウターにジッパー付きのライダース風のブルゾンにしているから。定番のブルゾンも少しデザイン性が高いものを選んで。さらにインナーを軽やかなニットにするだけで、ワイルドなカジュアル感を引き出しています。ジャケットを脱ぐとムードが変わるのもGOOD★

カラーパンツで人と差をつける!

春先には、ぜひ鮮やかなネイビーのタックパンツ を選びましょう。秋冬は暗いトーンのボトムスを選びがちでしたが、温かい季節を迎える春にボトムスの色を少し明るくするだけで、四季の訪れを感じさせてくれます。ブルゾンはもちろん、トレンチコートやステンカラーコートなどのアウターはベージュで合わせるとキレイめに仕上げすぎない感じが絶妙で、地味目なパンツもかえってオシャレになります。

着こなし次第ではオヤジくさくなる☆

履きやすいから愛用者も多いタックパンツ。しかし、古くて地味目な印象も与えてまうボトムスともいえます。だから履きこなし方を間違えれば超・オヤジにもなる危うさもあります。
タックインする時もヌケ感を大事にすること。ウエストまわりに自信がない人は、シャツをだしてレイヤードするなどでオシャレ感をだしてましょう。
サルエルパンツっぽくウエストで履きこなすのも大アリ!

タックパンツを選ぶときはここに注意!

タックパンツはクラッシックパンツと考えられています。昔は、腰まわりにゆとりをもたせていたのでウエストがゆるいこともあり、吊りバンドで調整していました。筒型のストレートシルエットではどうしてもダサイ印象になります。だから、タックパンツを選ぶときは裾へ向かって細くなるテーパードシルエットのパンツを選ぶのがポイント。どんなタイプでも今風に見えるのでオススメですよ♪

腰回りに余裕があり楽ちんのタックパンツは、とても気心地が良いものです。クラシカルな良さを今風にアレンジすることで、スタイリッシュスタイルにアレンジできるタックパンツは、オシャレ心に火がつくこと間違いなしです★

ファッション #タックパンツ #着こなし #コーディネート #ズボン

この記事のライター
富 容華
富 容華
香港、アジア各国を渡り歩き、香港、韓国映画をこよなく愛しています。