【既婚女性複数名に聞いた】結婚してから今の旦那に惚れ直した瞬間って…?

愛し合って結婚した夫婦も、時間が経てば徐々に恋人同士の時のようなトキメキは薄くなる。
だが、ふとした瞬間に相手に惚れ直す、ということは結婚後でもあるのではないだろうか?
そこで今回は、既婚女性複数名に「結婚してから今の旦那さんに惚れ直した瞬間」を教えていただいた。

やっぱりお金が大事…?

image1

「給料が上がったときかな」(35歳/専業主婦)

「やっぱり給料日はワクワクする!笑」(28歳/専業主婦)

「ボーナスが良かった時ぐらいです…」(34歳/共働き)

「お小遣いくれたときは惚れ直しますね。笑」(39歳/共働き)



確かに自分の旦那からお金をもらって幻滅…ということはまずない。むしろ「金の切れ目が縁の切れ目」と言われるくらい、お金は夫婦生活を維持し続けていく上でも欠かせないものである。もちろん夫婦関の愛情はお金の価値では計れないものの、お金があって困ることが少ないのも現実だろう。
そういう意味でも、お金はどこか媚薬効果すらあるのかもしれない。

家事や育児を手伝ってくれた時

image2

「今の旦那は、昔から子供が大好きって言ってたけど、結婚して子供が産まれてからもよく面倒見てくれて。昔から変わらない感じが良かったなって思います」(36歳/専業主婦)

「なにも言わずに家事を手伝ってくれた時かな」(33歳/共働き)



男は外で仕事、女は家で育児と家事…という意見は共働きが増えた今、少し古い考えなのかもしれない。
特にイクメン、イケダン等の流行り言葉で、女性がイケてる旦那像を語るぐらい、結婚後に奥さんが自分の旦那を見る目(比較・評価)は、一昔前に比べて格段に厳しくなっている。
たとえ「手伝ってよ」などと声がかからなくても、積極的に家事育児を手伝うと、奥さんのストレスも少しは軽減され、夫婦喧嘩に発展する機会も減るのではないだろうか。

食卓を一緒に囲めることは夫婦の証

image3

「仕事から早めに帰ってきて、一緒に食事してるときですかね」(38歳/専業主婦)

「ご飯を美味しそうに食べてくれる時が嬉しくなります」(32歳/共働き)



夫婦2人また子持ちの家庭であれば、家族で囲む毎日の食卓。
献立にアレコレと悩み、食事を作る妻の立場としては、当然モクモクと無言で食べられるよりも、一言「おいしい」という言葉をもらえたほうが作り甲斐があるというもの。
また、結婚した夫婦にとっては決して特別なことではないが、特に共働きの夫婦にとっては、一緒に食卓を囲めるということだけでも、どこか幸せな気分に浸れて、トキメク瞬間なのかもしれない。

結婚後も「オンナ」でいたいのが女性

image4

「たまに花をプレゼントで買ってきてくれます」(31歳/共働き)

「何でもない日にお土産を買ってきてくれたときですかね」(37歳/専業主婦)

「いつもカワイイって言ってくれるところ。笑」(27歳/専業主婦)

「よく旅行に連れてってくれます」(30歳/共働き)

「外では仏頂面というか無愛想なのに、家でやたら甘えてくるとき」(31歳/共働き)

「外にでかける時に、先にエスカレーターに乗せてくれたり、車道側歩いてくれるところ」(28歳/専業主婦)



女性の立場としては、結婚してからも、どこかカップルのような雰囲気で過ごせる夫婦関係はやっぱり憧れるもの。
お互い夫婦になっても旦那は「男」であり、妻は「女」であることが夫婦円満の秘訣なのかもしれない。

昔のように恋人のままでいたい

image5

「無邪気なところが昔のまんまで好きですね」(35歳/共働き)

「結婚生活7年目ですけど、いまだに腕枕してくれます」(33歳/共働き)

「前に友達から、その子の旦那さん見せられて、昔と比べて太って老けた感じがしたけど、うちの旦那は変わらなくていいなって思いました」(38歳/専業主婦)



自分の旦那が昔と変わらないないことが、嫁の立場としては惚れ直すポイントのようだ。また奥さん的には、たとえ夫婦であっても、どこか恋人同士の頃のままでいてほしいのかもしれない。

オンとオフの差が、トキメキの秘訣

image6

「週末の休日モードから仕事モードに切替わってスーツ着た瞬間が、いつもカッコイイなって思いますね」(29歳/共働き)

「犬とじゃれてるとき可愛いなって思う」(34歳/専業主婦)



真面目な顔、無邪気な顔…など、いつもと違う顔を見たときに惚れ直す、という奥さんも多いのではないだろうか。
一般的に、結婚した夫婦は一生寄り添い共に歩んでいくもの。苦楽も含めてその道のりはやはり長い。そういう意味では、いろいろな顔を使い分けられる旦那は飽きもこなく、常にトキメキを感じていられるのかもしれない。

男女間の“愛”は、結婚後に夫婦関係を結んではじめて真価が問われるもの。
そして、結婚してからも互いに尊敬し、トキメキ合う関係でいたいという意見は、夫も妻もおおかた同じだろう。
もしここ最近、自分の妻に対する愛情が不足しているという男性の方は、今回既婚女性から聞いた意見もぜひ参考にしてみてほしい。

恋愛・デート #結婚 #夫婦 #旦那 #惚れ直す #トキメキ #瞬間

この記事のライター
上田 愛子
上田 愛子
都内在住。フリーの編集者。男性の気になるテーマを掘り下げてまとめていきます
関連記事

【どう付き合えばいい?】子持ちバツありの女性と恋愛・結婚する時に気をつけること6つ

松本 ミゾレ

離婚を繰り返さないために……バツありの男性が再婚を試みる際にやっておくべきこと6つ

松本 ミゾレ

「絶対彼氏いるだろ、あの感じ…」結婚式の二次会では、“連れのいない子”が狙い目かも。

コラム小説

独身を貫くなら覚悟しておくべき! 結婚しない男性を待ち受ける将来の5大リスク

松本 ミゾレ

まわりの男友達が次々に結婚していく……友達関係を壊さないための「付き合い方」の心得6つ

松本 ミゾレ

【既婚女性複数名に聞いた】自分の旦那に期待していることって何?

上田 愛子

苦労は覚悟しておくべき…!? 親離れできていない彼女の特徴と、恋愛・結婚で生じるデメリット

松本 ミゾレ

結婚することが本当に幸せ? 男ひとり独身でいることのメリットは無数にあるのに!

松本 ミゾレ