【プロのトレーナーが語る!】寒い時期のトレーニングこそが、実は最もオススメな理由。

涼しい秋から本格的な寒さを感じる冬への移行時期、またはポカポカ陽気の春に移る前でまだ寒さが残る時期など、寒い日というのは、どうしてもカラダを動かすことがいつも以上に億劫になり、ランニングや筋トレなどのトレーニングを中止にしてしまう人も少なくありません。
しかし実はこの寒い時期こそ、トレーニングでカラダを鍛えるためにはうってつけの環境なのです。

今回は、そんな寒い日にあえてトレーニングに打ち込むべき理由と、そのメリット、そして寒い日のトレーニングをモチベーション高く継続していくためのコツについてご紹介したいと思います。

寒い時期こそトレーニングに打ち込むべき理由

image1

寒い日のトレーニングをオススメするのには、きちんと理由があります。
まずは、なぜ寒い時期にトレーニングに打ち込むべきなのかを考えてみましょう。

理由①|人に圧倒的な差をつけられるため

「寒い日はトレーニングする気にならない…」そう思ってしまうのは人間心理として当然のこと。
気温が低いと、外に出ることさえ億劫に感じるものですし、カチコチに固まったカラダのせいで運動もより一層キツく感じてしまうものです。

しかし、そんな誰もがモチベーションの低下を避けられない寒い日だからこそ、トレーニングの結果に差がついてしまうのも事実。日本でいえば一年を通して寒い時期はせいぜい3~4ヶ月。その期間をサボらずしっかりと継続的にトレーニングに打ち込むだけでも、他人との差は明確に広がります。
人間の心は本来とても弱いもの。気温の低い寒い日や雨風の強い日は、どうしてもトレーニングを中止にする言い訳が見つけやすい日でもあるのです。そんな大半の人がトレーニングを中止にしてしまう日だからこそ、他人に差をつける絶好のチャンスと捉え、考え方を改めてみることも大切でしょう。

理由②|夏に向けたトレーニング時期として最適なため

鍛えたカラダを周囲に披露しやすいタイミングはいつか…。そう、それは間違いなく露出機会も増える夏の時期です。
外の気温が暑くなって露出が増えだす頃には、筋肉で引き締まったカラダをアピールしたいと誰もが画策することでしょう。

そんな夏に向けて、きっちりカラダを仕上げたい人は特に寒い冬場のトレーニングを疎かにしてはいけません。なぜなら、鍛え上げたカラダが見た目の変化として現れるには最低3ヶ月、しっかり変えるのであれば6ヶ月は必要となるからです。

仮に7月頃を目途に引き締まったカラダを作るためには、12月~1月頃にはトレーニングを開始しておく必要があります。夏が間近に迫ったポカポカ陽気の春から急ピッチでカラダを鍛えるのでは、遅すぎるのです。

きっちりカラダの変化を作るためには、基本的に半年以上かかること、その上で露出機会の増える夏に向けてトレーニングへ取り組むのであれば、冬をはじめとした寒い時期のトレーニングは必然的に避けられないということを理解しておきましょう。

寒い時期にトレーニングするメリット

image2

寒い時期のトレーニングは、何もツラいことだけではありません。寒い時期だからこそ得られるメリットもあります。

メリット①|エネルギーの消費量が多く、痩せやすい

カラダはどんな環境でも常に一定の体温を保っています。これを「恒常性」と言います。
特に冬など寒い季節は、自然とカラダの体温は下がりやすく、この体温を維持するために代謝が高まりエネルギーの消費量が多くなるのです。

そのため、寒い日は他の時期と比べて体脂肪が燃焼しやすく、トレーニングをすることによって痩せやすいというメリットが得られるのです。

メリット②|摂取カロリーを抑えることができる

冬をはじめとした年末年始などの寒い時期は、何かとイベントや行事が多く重なり、自然と食事の回数や量も増え、どうしても不規則な食生活に陥りがち。

そんな怒涛のイベントラッシュに伴い、摂取カロリーと共に体重も一気に増えてしまいがちですが、それでも普段から定期的にカラダを動かす習慣が身についていれば、ある程度食事の量が増えたとして、トレーニングによって摂取したカロリーをきちんと消費することができ、結果的に太りにくい体型を維持することができます。

加えて、日頃よりカラダを鍛えておけば、連日連夜のイベントに伴い摂取カロリーが増えてしまうことに対する罪悪感から、自然と食事の量をセーブしようという意識が働き、自らの意思で暴飲暴食を防げるというメリットも得られます。

寒い日は「屋外」と「屋内」どちらでトレーニングすべきか?

image3

基本的に寒い時期は、外に出るのも億劫に感じるため屋内でのトレーニングを中心にする人も多いと思います。「屋外」と「屋内」ではトレーニングの効果に違いはあるのでしょうか?

●エネルギーの消費量を増やすなら「屋外」がオススメ

ウォーキングやランニングの場合は、屋内であればトレッドミルというマシンで同じような運動をすることもできますが、エネルギー消費量の観点からみるとやはり屋外でトレーニングした方が効果は高いと言えます。

もし体脂肪を減らし痩せたいという人であれば、よりエネルギーの消費量が期待できる屋外のトレーニングを選択すべきでしょう。

●トレーニングの頻度を上げるなら「屋内」がオススメ

反対に、もともとトレーニングの頻度が少ないという人であれば、エネルギーの消費量という観点では劣りますが、より快適な環境で頻度を上げてトレーニングに打ち込める「屋内」を選択した方が効果的と考えられるでしょう。

非常に悩ましいですが、「屋外」と「屋内」どちらを選択すべきかのポイントは、トレーニングの継続性です。もしさほど寒さが気にならない、もしくはカラダを鍛える意志の固い人であれば「屋外」を選ぶべきですし、できるだけ快適な環境で頻度高くトレーニングに取り組みたい人であれば「屋内」でのトレーニングを選ぶと良いでしょう。

寒い時期でもモチベーション高くカラダを鍛えていくためのコツ3つ

image4

「頑張る気持ちはあるけど、寒いとなかなかモチベーションが高ぶらない…」という人は、様々な工夫でモチベーションを向上させてみましょう。

その①|マラソン大会にエントリーする

寒い時期のトレーニングに対するモチベーションを高める上で効果的な方法の一つが、大会などへ参加するという目標を作ることです。特にこの秋から冬にかけたシーズンは、全国各地で数多くのマラソン大会が開催されており、それに向けて走り込んでいる人も少なくありません。

運動に取り組むキッカケや続けていく目的が見当たらない場合は、やみくもに始めてみるのではなく、まずは何かしら大会にエントリーしてみることから始めてみると良いでしょう。始めにトレーニングを続ける動機を作ってしまい、それに向けて「やらなきゃマズい!」と思えれば成功です。

その②|外出前に自宅で軽く筋トレをする

トレーニングに対するモチベーションが高まらないのであれば、逆に筋トレを通勤・通学前のウォーミングアップにしてみてはいかがでしょうか。

朝、暖かい家から外に出るのはツラいものです。特に朝は体温も低く、カラダが温まっていないため寒さを強く感じますよね。そんな時は家を出る前に軽い筋トレを取り入れてみましょう。

短時間でも筋トレを取り入れればカラダも温まり、外に出ても苦になりません。寒さ対策と同時にカラダも鍛えられて一石二鳥です。

その③|トレーニングの内容とカラダの変化を記録する

ダイエットやボディメイクを目的としたトレーニングであれば、実際のトレーニングの内容やカラダの変化を小まめに記録しておくべきでしょう。それが後に「今日は休みたい」や「もうやめたい」というモチベーションの低下を防ぎ、維持向上に役立ちます。

中でもトレーニングの実施日とカラダの写真撮影は特にオススメ。後になって見返した時に自分の努力と変化を視覚で把握することができるからです。

寒い時期にしっかりと筋肉の量を増やしておき、夏に向けて徐々に体脂肪を落としていくというイメージでカラダ作りを行うと、夏本番にはベストなカラダに仕上がること間違いなしです。
寒さに負けずトレーニングに励みましょう!

健康・メンズ美容 #寒い #冬 #トレーニング #運動 #メリット

この記事のライター
和田 拓巳
和田 拓巳
プロスポーツトレーナー歴16年。 プロアスリートやアーティスト、オリンピック候補選手などのトレーニング指導やコンディショニング管理を担当。治療院での治療サポートの経験もあり、ケガに関する知識も豊富でリハビリ指導も行っている。 医療系・スポーツ系専門学校での講師や、健康・スポーツ・トレーニングに関す...