マナーに自信ある?結婚式で恥をかかない為に押さえておきたいポイント

人付き合いを重ねていると「結婚式」に参加することも多くなってくるでしょう。
結婚式のようなイベントでは伝統的なマナーが重視されているのですが、細かいマナーには自信がない方が大半なのでは・・・?
重要ポイントをご紹介します。

結婚式マナーのポイント①:招待状はきちんと早めに返送しよう

結婚式は人生で最大と言ってもいいほどの大イベントです。
参加人数は早め早めに決めておかないと、主催側としては非常に計画しづらくなってしまいます。

参加者のマナーとして、できるだけ早く返送することは大切です。
ハガキが届いたらできれば当日中、遅くとも一週間以内には返送しましょう。返信はがきの「ご参加」の「ご」を消して「慶んで」と書き添えるのがマナーです。

結婚式マナーのポイント②:礼服は用意しておこう

冠婚葬祭のときにはいわゆる「礼服」、フォーマルスーツで挑みましょう。
白やシルバーのチーフ、祝儀袋を包む際の袱紗や「縁結び」を意味する紐で結ぶ靴などが必要です。真っ白なシャツを着用します。

礼装用のネクタイは落ち着いた色のものが一般的ですが、純白やシルバーは主賓クラスと同じぐらい目立ってしまうのであえて避けます。
とはいえ、あまりかっちりしすぎない程度で大丈夫ですよ♪

結婚式マナーのポイント③:ご祝儀は慣例に従って渡そう

ご祝儀の額はあえて自分らしさを出す必要はなく、慣例通りに出せば十分です。
第一原則では「割り切れる数字を避ける」ということで、友人や同僚では3万円、自分の部下の結婚式では5-7万円を包む人が多いです。

ご祝儀祝には一回限りがふさわしいもの、いわゆる「結び切り」を使用します。宛名や中包の記入は筆で行うのが原則なので、自分の名前ぐらいは練習しておくといいでしょう。

結婚式マナーのポイント④:受付はスマートに・・・

受付では上司が先に受付を行います。
また、受付の際には「本日は誠におめでとうございます」などお祝いの言葉を伝えましょう。

ご祝儀袋は袱紗から取り出すのが原則ですが、混んでいる場合はさらっと渡せるようにしましょう。
受付の芳名帳も「ご」を消して書き、書き終えたらすぐにその場を離れ、次の人に迷惑がかからないようにします。

色々書きましたが、一番重要なのはマナーを守ろうという心構えです。
加えて、精一杯の笑顔で二人の門出を祝ってあげましょう。
できるだけ細かいマナーを事前に学んでおけば、ゲストとしても喜ばれるでしょう。

Cover画像: pixabay.com

ライフスタイル #結婚式 #マナー #ポイント #お祝い #ゲスト #イベント #門出

この記事のライター
日向ちか
日向ちか
都内在住の子持ちママです。男性に必要とされる女性でありたいと昔から意識しています。 書いた記事にも興味を持っていただけたら嬉しいです。
関連記事

「絶対彼氏いるだろ、あの感じ…」結婚式の二次会では、“連れのいない子”が狙い目かも。

コラム小説

多くの女性陣が“不愉快”と回答! 男性と食事をするときに「食べ方」のマナーで気になること

上田 愛子

新入社員の女性が憧れる職場の上司とは?「理想の上司」を目指すための心得4つ

アリス

社会人として最低限身につけておきたい「社外ミーティング」のマナー4つ

猫女

ダサくならない! メンズの「デニムonデニム」の着こなしコーデを作るポイント

椎名 香澄

とにかく人前で目立つことが苦手…うまく話せない原因と克服するためのポイント4つ

浅田ちひろ

【相性チェック】彼女が本当に自分に合っているかどうかを見極めるためのポイント5つ

藤本 由佳