モテるorモテない以前の大問題……「飲み会ボッチ」の脱却方法5つ

女性と仲良くなるために、多くの男性にとって必要なもの。
それが“出会うための努力”をすることです。
そして現実的に出会う上で大きなウェイトを占めているのが、合コンなどの男女が参加する飲み会ではないでしょうか。

その飲み会で、イマイチ自分の個性を発揮できず、ガチガチに緊張した挙句、ボッチ状態になってしまう男性をしばしば見かけます。
こういう男性って、不憫に思った同性がトスを出してもなかなか良いリアクションをすることができず、そのまま最後の最後まで冴えない態度を見せ続け、チャンスを逃すことも多いように思います。

もしかしたら人生で一度は、この飲み会のボッチを経験したことのある男性もいるかもしれませんね。
そこで今回は、異性にモテるorモテない以前の問題……飲み会ボッチから脱却するための方法5つをご紹介したいと思います。
この5つのポイントを実践すれば、どんな男性でも流石に飲み会でひとりボッチで悲しい思いをすることもなくなるはずです。

飲み会ボッチの脱却方法①|事前に話のネタを用意しておく

image1

飲み会ボッチを招いてしまう男性によく見られる特徴は、何にせよそもそも会話に参加していないことが挙げられます。
飲み会とは本来、まわりの皆と会話を交わしながらお酒を飲んで楽しむ場…である以上、会話をしないことには、もう何も面白くありません。

しかし、男性の中には誰かと会話をする行為そのものが苦手というタイプもいることでしょう。
そういう会話が苦手な男性も、せめて会話のネタ振りぐらいはできるようにしておくのが吉。

たとえば会話に参加する自信がなければないほど、会話そのもののネタを事前にいくつか用意しておくことは、大事な努力。
いざというときに「そういえば○○って知ってる?」と質問を投げかけられるほうが、飲み会への参加意思のアリ・ナシに影響を及ぼし、あなたの印象を大きく変えてくれます。

ボッチ脱却方法の第一歩として、あらかじめ飲み会で話すネタは、前日までにしっかりと準備していくつか仕込んでおきましょう。

飲み会ボッチの脱却方法②|相手の目を見て会話をする

image2

女性は意外と会話中も男性の目を見ているもの。
ですので飲み会中、一切目も合わそうとしないうつむき加減のボッチ気味な男性には、あまり良い印象を抱かない人がほとんどであると心の中に留めておきましょう。とにかく相手の目を見て会話する。これです。

相手が何かを話をしているときには、恥ずかしくても目を見て聞き、自分が話すときも、しっかりと相手の目を見て会話すること。
この相手の目元を意識して会話するだけで、少なくとも相手の女性から「目も合わさないなんて失礼だな人…」という心象を抱かれる心配もなくなります。

もし、どうしても相手の目を見て会話をすることが苦手…という方は、目元付近の眉間など、ギリギリ目を合わせないで済む場所を見て、まずは慣れることから始めてみましょう。目元付近を集中して見つめるだけでも、案外相手にはバレないものですし傍から見ていても分からないものです。

飲み会ボッチの脱却方法③|スマホをいじらない

image3

飲み会に参加している以上、その場の雰囲気を最大限楽しむことを忘れてはいけません。
逆に言えば、飲み会の雰囲気を損なうようなことをしてはならないということです。
その上で、飲み会ボッチに“スマホ”は最悪の沈黙精製器。

ろくに話に参加できない引っ込み思案な人に限って、飲み会だけに限らず、どんな場面でもすぐにスマホに逃げている姿をよく見かけます。
そしてこのスマホ逃避は、同じく飲み会に参加する他の人たちにとっても、見ていて決して気分が良いものではありません。

「そんなものを触っているから、今日の今日まで飲み会ボッチになるんだ」ぐらい自分に戒めの気持ちを持つことが大事です。
スマホを触らなければ、それだけ周囲に対して目配りする機会が増え、会話に参加するための糸口も掴める可能性も高まりますし、これは飲み会に限らず大勢の人が参加するあらゆるシーンで、周囲からの孤立を防ぐための脱却方法とも言えるでしょう。

飲み会ボッチの脱却方法④|お酒を飲んで、さっさとデキ上がってしまう

image4

多くの人は、お酒を飲むことである程度テンションも高まりますよね。

飲み会ボッチを防ぐためには、お酒の勢いを借りてしまうのも、一つの作戦かもしれません。
全員に該当するとは言えないものの、緊張してしまうことが原因で、異性と会話ができないことを自分自身で認識しているのであれば、さっさと体内にアルコールを入れてしまい、大胆な自分に変身してしまうことが、もっとも手っ取り早い脱却方法という方もいることでしょう。

たとえお酒が回ると泣き上戸になってしまう性質だとしても、黙って下を見ているだけの飲み会ボッチよりはずっとマシですし、むしろキャラ立ちもするので、合コンなどの飲み会では有利に働く可能性も十分にあり得ます。

飲み会ボッチの脱却方法⑤|自分がボッチである事実を、きちんと自覚する

image5

飲み会ボッチになる男性は大抵、一旦黙ると喋らない習性があるんですよね。

元々引っ込み思案だったり、極度に人見知りの性格をした人の場合、「気付くと、平気で数十分静かにしていた」みたいなことも、当たり前のように起こり得ます。
ですので、そもそも自分自身がボッチであることを自覚することって実はとても大事なことなのです。

ボッチを自覚することで、しばらく喋っていない状況を周囲に悟られる前に自分自身で気付くことができ、多少強引にでも何かしらの話題を提示するキッカケを自らのアタマで捻り出す機会が生まれます。
たとえば、「今日意識的に色んな人と会話をしないと、〇〇〇〇を失う…」など、自分の身近にいる大切な人や大事にしているモノを失うという、ある種の強迫観念を抱くことも、飲み会ボッチを脱却する方法としては良い手かもしれません…。

飲み会って、ことあるごとに開催されるものですよね。
交友関係から繋がる飲み会もあれば、会社の上司に誘われる飲み会も当然あります。
そしてそのどちらのケースにおいても、女性が参加する可能性は否めません。

そしてその都度、自分自身の引っ込み思案な性格を露呈してしまうと、せっかく女性と仲良くなるチャンスも棒に振ってしまい、かなり勿体ないことになってしまいます。
飲み会でボッチになることは、傍目に見ていても気の毒に思われますし、悲しい同情を誘うもの。
その上恋愛の絶好の好機も逃すわけですから、決して無視できない大問題なのです。

ボッチの自覚のある方は、是が非でも今回ご紹介した5つの脱却方法を頭に叩き込み、次の飲み会で悔しい思いをすることがないように奮闘してみてください!

恋愛・デート #飲み会 #ボッチ #脱却方法

この記事のライター
松本 ミゾレ
松本 ミゾレ
2013年よりフリーで活動開始。自宅に引きこもり原稿をこなす日々で慢性腰痛に。 趣味は怪獣フィギュア収集。 特技は猫あやしと怪獣フィギュア製作。 座右の銘は“休まず書け”で、野菜ソムリエの資格を持つ野菜嫌い。